« がれきの街に夢を | トップページ | 男子7人制代表メンバー香港へ »

ジュニア・ジャパン第2戦結果

IRB パシフィックラグビーカップ 2013(PRC)に参加しているジュニア・ジャパンは、3月18日、ブリスベンのバリモアスタジアムで、スーパーラグビー「レッズ」の予備軍であるレッズカレッジXVと対戦し、14-59(前半0-33)で敗れた。後半、交代出場のSH重一生、WTBトニシオ・バイフがトライを返したが、連敗。23日には、シドニーアカデミーと対戦する。

【ジュニア・ジャパン メンバー】
FW=1.北川賢吾、2.太田春樹、3.柴田和宏、4.宇佐美和彦、5.北川勇次、6.村田毅◎、7.徳永祥尭、8.佐々木隆道
BK= 9.小川高廣、10.山沢拓也、11.福岡堅樹、12.野口裕也、13.笹倉康誉、14.竹中祥、15. 藤田慶和
リザーブ=16.坂手淳史、17.平野翔平、18.山本幸輝、19.姫野和樹、20.西内勇人、21.重一生、22.トニシオ・バイフ、23. 森田洋介


■遠藤哲ヘッドコーチ
「初戦からの課題だったセットからのアタックは流れが良くなったが、ブレイクダウンでハイプレッシャーを受けてターンオーバーからトライを重ねられた。これが国際レベルのプレッシャーだということを選手たちは実感してくれたと思う。チームとしてレベルアップしている部分も多いし、ファイティングスピリッツも十分に出してくれているので、前向きにチャンレンジを続けて行きたい」

■村田毅キャプテン
「前回よりディフェンスは粘り強くなったが、自分たちのミスや、ルーズボールを取られたり、ターンオーバーから攻められてしまった。アタックし続けると通用するが、特に今回はブレイクダウンのプレッシャーが激しく、人数をかけさせられた。短期間でフィットネスやスキルなど簡単にレベルを上げられないかもしれないが、ジュニア・ジャパンも徐々によくなってきているので、アタックにこだわり、勝利を目指したい」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « がれきの街に夢を | トップページ | 男子7人制代表メンバー香港へ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    まぁ、チームとして勝てというよりも、個として勝っていければね。
    いやぁ、重と山沢のHB団見てみたいな~♪
    昨日のRWでも映像なかったしな~・・・

    投稿: 島田 | 2013年3月19日 12:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56987506

    この記事へのトラックバック一覧です: ジュニア・ジャパン第2戦結果:

    « がれきの街に夢を | トップページ | 男子7人制代表メンバー香港へ »