« 仙台ラグビーシンポジウム | トップページ | ジュニア・ジャパン初戦結果 »

ジュニア・ジャパン&小林訓也

11日は、2年前のことを思いだし、いまこうして生きていられる幸せをかみしめた。ラグビー界では、未来を担う選手達、高校日本代表(13日、対U18イタリア代表)、ジュニア・ジャパン(12日、対ブリスベン・アカデミー)が試合を行う。ジュニア・ジャパンの先発メンバーには、まだ高校生のSO山沢拓也が先発し、WTB藤田慶和(早大1年)も先発。サントリーの佐々木隆道ら経験豊富な選手達と貴重な経験を積んでほしい。

◎ジュニア・ジャパンの対ブリスベンアカデミー戦出場予定メンバー
1北川賢吾(同志社大学2 年)、2太田春樹(近鉄ライナーズ)、3柴田和宏(リコーブラックラムズ)、4三上匠(東海大学4 年)、5北川勇次(パナソニック ワイルドナイツ)、6村田毅◎(NECグリーンロケッツ)、7堀江恭佑(明治大学4 年)、8佐々木隆道(サントリーサンゴリアス)、9小川高廣(日本大学4 年)、10山沢拓也(深谷高校3 年)、11藤田慶和(早稲田大学1 年)、12林泰基(パナソニック ワイルドナイツ)、13村田大志(サントリーサンゴリアス)、14中靍隆彰(早稲田大学4 年)、15笹倉康誉(パナソニック ワイルドナイツ)、16坂手淳史(帝京大学1 年)、17平野翔平(東海大学1 年)、18山本幸輝(近畿大学4 年)、19宇佐美和彦(立命館大学3 年)、20徳永祥尭(関西学院大学2 年)、21重一生(常翔学園高校3 年)、22森田洋介(NECグリーンロケッツ)、23竹中祥(筑波大学2 年)

11日の夜、NTTコミュニケーションズのFL小林訓也選手に会った。トップリーグのジャッカルランキング1位のボールハンターだ。「ラグビーで一番偉い選手」をあえてあげるとするなら、僕は「相手のボールを奪ってくる人」と答える。ボールを奪わなければ攻撃できないラグビーでは、ターンオーバーを連発する選手は高い評価を受ける。

小林選手のボール奪取力は日本屈指。この能力の高い人のことを、海外の記事などでは、「フェッチャー」と呼んでいる。そのまま、ボールを獲ってくる人だ。小林選手は、スーパーラグビーもよく見るようだが、「ブレイクダウンばかり見ています」とのこと。海外のトップ選手がどんな身のこなしでボールを奪っているかばかりが気になるようだ。ちなみに、スクラムを押すときは、「お尻の大きなプロップがいい」と、プロップの好みも教えてくれた。小林選手は、2012年度シーズンのトップリーグの全試合に出場。出血交代の2分だけグラウンドを離れただけだという。タフな男のジャッカルに、来季も注目である。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 仙台ラグビーシンポジウム | トップページ | ジュニア・ジャパン初戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    Jr.JAPANの初戦は大敗(涙)。失点多すぎ(T-T)次は頑張れ〜Jr.JAPAN(^-^)/

    投稿: nick | 2013年3月12日 20:12

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56937078

    この記事へのトラックバック一覧です: ジュニア・ジャパン&小林訓也:

    « 仙台ラグビーシンポジウム | トップページ | ジュニア・ジャパン初戦結果 »