« ラグマガ5月号 | トップページ | サントリー他新加入選手 »

アジアンスクラムプロジェクト

日本ラグビー協会が、「アジアスクラムプロジェクト」で、ラオスとスリランカに新たにコーチを派遣する。同プロジェクトは、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ2019の成功に向け、アジアラグビー界の普及・強化やアジアの国同士の協力体制構築に取り組む活動。

今年はすでに、3月21日から5月20日までの期間で、内山達二さん(流通経済大学ラグビー部監督、日本ラグビーフットボール協会リソースコーチ)と、中川雄太さん(早稲田大学ラグビー部コーチ、日本ラグビーフットボール協会リソースコーチ)の2人がインドネシアに派遣され、現地の指導者養成や選手育成、ラグビー普及を行っている。

今回は、独立行政法人国際協力機構(JICA、田中明彦理事長)の協力のもと、JICAのボランティア事業を通じ、指導者3名を派遣。地域レベルでの青少年を対象にした普及活動、クラブチーム及びナショナルチーム等の競技能力向上に向けた技術指導、指導者育成を目的に活動を行う。JICAの「短期ボランティア(青年海外協力隊)」としての派遣。

【ラオス派遣】
高濱丈輔さん(35歳)、京都府出身、所属:日本ラグビーフットボール協会。派遣先:ラオス・ビエンチャン市シサタナック郡(予定)、派遣期間:2013年3月27日~6月26日

高濱丈輔さん
「このような機会を得られたことを喜んでいます。参加の拡大から国際競技力の向上まで、ラオスのラグビーの発展に尽力したいと思います。併せて、このアジアスクラムプロジェクトが、アジアで初めて開催されるラグビーワールドカップ2019に向けて意義あるものになるよう努めます」

【スリランカ派遣】
古川新一さん(32歳)、大阪府出身、所属:ヤマハ発動機株式会社、派遣先:スリランカ・クルネーガラ県クルネーガラ(予定)、派遣期間:2013年3月26日(火)~6月23日(日)
白馬悠さん(29歳)、茨城県出身、所属:日本ラグビーフットボール協会、派遣先:スリランカ・バドゥッラ県バドゥッラ(予定)、派遣期間:2013年3月26日~6月23日

古川新一さん
「JICAボランティア事業を通じ、スリランカのラグビーの発展に携われる事を、大変嬉しく感じています。スリランカではラグビーが盛んで、クリケットに次ぐ人気のスポーツです。スリランカのラグビーの発展に貢献し、両国の友好関係が深まるようベストを尽くします」

白馬悠さん
「昨年のニュージーランドへのコーチング留学に続き、このような機会を得られたことを嬉しく思っています。2019年の日本でのワールドカップ開催に向けて、アジアのラグビーの発展に貢献してきます。日本の指導者の代表として日の丸を背負い、スリランカのラグビーの普及、強化に貢献出来るよう、精一杯頑張ります」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ5月号 | トップページ | サントリー他新加入選手 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    4月25日、みなとスポーツフォーラム出席とのこと。ウェールズの話しとのことで、楽しみにしています。

    投稿: ピアノ | 2013年3月27日 08:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57037752

    この記事へのトラックバック一覧です: アジアンスクラムプロジェクト:

    « ラグマガ5月号 | トップページ | サントリー他新加入選手 »