« スーパーラグビー&シックスネーションズ | トップページ | がれきの街に夢を »

高校ジャパン連勝(追記)&松田努引退

イタリア・フランス遠征を行っている2012年度高校日本代表は、遠征第2戦で、U18イタリア代表に24-12(前半10‐5)で勝利。連勝した。第3戦は20日(水)、U18ポール・エスポワール選抜と対戦する。試合は、両者合意のうえ、12名のリザーブで行われている。

■横田典之監督
「雪の中の試合だったが、フォワードがラインアウトなどのセットプレー、ポイントサイドの攻守で健闘して、バックスはキックをうまく使って陣地を取り、良い時間帯に得点をあげることができ、理想の試合運びをすることができた。イタリア相手に2連勝となったが、今回の遠征の4戦全勝が我々の目標なので、最後までがんばりたい」

■湯本睦キャプテン
「雪でグラウンドが滑る中、ボールを継続することが難しかったが、フォワードが前に出て、バックスもハイパントを上げるなど前に押し上げることができ、相手陣でしっかりプレーができた。最初は自分たちのプレーを求めて、悪天候の中でパスにこだわりミスも多くなってしまったが、試合の中で修正することができた。
今回の遠征の目標である4戦全勝に向けて、次の3試合目で気を抜くのではなく、チャレンジ精神を持って挑みたい。チームはまとまってきているし、試合に出ない選手も出場を目指して向上心を持ってやっている。そして選手27人だけではなくスタッフも含めた全員でまとまって、全勝に向かっていきたい」

▽高校日本代表メンバー
FW=1.堀越康介、2.日高将吾、3.具智元、4.牧野内翔馬、5.田中真一、6.末永健雄、7.テビタ・タタフ、8.桶谷宗汰
BK=9.湯本睦◎、10.浜岸峻輝、11.尾崎晟也、12.鈴木啓太、13.中西映都、14.松井千士、15.成田秀平
リザーブ=16.竹井勇二、17.堀切厚輝、18. 桑野詠真、19.宮川智海、20. 小山大輝、21.和田源太、22.森田慎也、23.鳥原貴智、
24.鈴木達哉、25.三笠琳央、26.野口竜司、27.渡邉隆之※◎キャプテン

▽得点者
前半10分(10.浜岸PG)、15分(6.末永T、10.浜岸G)
後半3分(1.堀越T、10.浜岸G)、17分(14.松井T、10.浜岸G)

トップリーグの東芝ブレイブルーパスから、2012年度勇退選手・スタッフの発表があった。そこには、松田努選手の名前も。1993年から東芝で20年にわたってプレーした名FBの引退である。本日、記者会見が行われる予定。また、東芝は、5月12日に、引退選手を送り出すセレモニーとしてのOB戦を予定している。詳細は、追って発表される。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « スーパーラグビー&シックスネーションズ | トップページ | がれきの街に夢を »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    レジェンド松田務の引退。
    涙が出ますね。本当にお疲れ様でした。

    関東学院時代の、長髪をなびかせて膝を高く上げる衝撃的な走り。
    東芝では、全盛期の大畑(神鋼)や小野沢(サントリー)といった、名だたるランナー達を、タッチラインを上手く使いながら、かつ決して外にかぶり過ぎずに、内側から追い詰めて見事に仕留めるディフェンス。
    名シーンがいくつも思い浮かんできます。

    なにより凄いのは、東芝でレギュラーでなくなってから7~8年は経つにもかかわらず、この42歳のベテラン選手がレギュラーに返り咲くべく、1選手として若手に混じり、ついこの間までレギュラー獲りに燃えていたことです。
    レギュラーでなくなったら引退する人が多い中、本当に頭が下がります。

    東芝OB戦以外にも、有志選手達で引退試合開催!とかあったら嬉しいです。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年3月18日 12:33

    松田さんの退団びっくりしました。現在釜石の伊藤剛臣さんと共に数少ない40代の選手で、大学ラグビーが華やかだった頃の関東学院の時からスターでしたから。今後どうされるのでしょうか?

    投稿: ふくやん | 2013年3月18日 12:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56980827

    この記事へのトラックバック一覧です: 高校ジャパン連勝(追記)&松田努引退:

    « スーパーラグビー&シックスネーションズ | トップページ | がれきの街に夢を »