« パナソニック退団、加入選手ほか&草加市ラグビー展 | トップページ | 男女7人制代表&ジュニア・ジャパン結果 »

日本ラグビー学会

土曜日は、関西大学で日本ラグビー学会の第6回大会に参加してきた。午前中の一般演題では、なぜ選択ルールが生れたのか――最古のフットボール・ルールから考える――や、7人制ラグビーのゲーム分析など、興味深い研究発表が行われた。

午後は、桂充弘弁護士によるスポーツ事故の現状や問題点、辻口信良弁護士による、体罰・ハラスメントの法律問題の講演があった。「懲戒は認められるが、体罰はダメ」。言ってしまえば簡単だが、意外に線引きが難しくて考えさせられた。続いては、「ラグビースクールの未来像」と題するシンポジウム。兵庫県ラグビースクール(RS)代表の澤村春雄さん、京都プログレRFCの平田健一郎さん、吹田RSの山村明さんが、ラグビースクールの現状と課題などについて語った。

僕はコーディネーターを務めたのだが、それぞれ指導者や父兄のモラルには気を配り、いかに子供たちに礼儀正しく、ラグビーを楽しんでもらうかを工夫している様子がうかがえた。質問コーナーで「ラグビースクールこそ、ラグビー文化であるアフターマッチファンクションをするべき」との意見が寄せられると、平田さんから、プログレが主催した大会で、各試合後に両チームが集まり、レフリーの話を聞き、お互いに交流する簡易型のファンクションを行った例などが紹介された。「ファンクションというと、大掛かりなものを考えてしまいますが、お互いに話をするだけでもいいと思うんです。時間もかかりませんし、子供達も喜んでいました」。

その後の懇親会では、ヒーローズカップでは、毎試合、ファンクションがあり、両キャプテンのスピーチもあると教えていただいた。それぞれ、ラグビー文化を残す努力は続けられている。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « パナソニック退団、加入選手ほか&草加市ラグビー展 | トップページ | 男女7人制代表&ジュニア・ジャパン結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    記事と関係なくてすみません。

    レフリーか…。いくらラグビーが好きとはいえ、正直悩んでます(-_-;)

    私は学校の先生でないし、決して強い人間ではない。レフリーは簡単ではないって解っているけど。モチベーションが落ちてる(-_-;)

    ヨシ!今からスーパーラグビーをみて、堀江選手から勇気をもらおう。頑張れ〜堀江選手(^-^)/

    投稿: nick | 2013年3月24日 00:18

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57018690

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本ラグビー学会:

    « パナソニック退団、加入選手ほか&草加市ラグビー展 | トップページ | 男女7人制代表&ジュニア・ジャパン結果 »