« 高校ジャパン連勝(追記)&松田努引退 | トップページ | ジュニア・ジャパン第2戦結果 »

がれきの街に夢を

JSPORTSで放送されているドキュメンタリー「がれきの街に夢を ~ラグビーに愛された街・釜石~」を見て、何度も泣いた。3月いっぱいは、何度かリピート放送があるので、視聴可能の方はぜひご覧ください。

東日本大震災での岩手県釜石市の被災状況、その中で釜石シーウェイブスが果たした役割が紹介され、昨年このチームにやってきた伊藤剛臣選手のインタビューもふんだんにある。被災した人々の声がさまざまなことに気づかせてくれる。

そして、2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップを、甚大な被害を受けた鵜住居地区で開催すべく、招致へ名乗りを上げ、奮闘する人々。反対意見もある。でも、なぜワールドカップが必要なのか。切実なる声に心が揺さぶられた。

http://www.jsports.co.jp/program_guide/46381.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 高校ジャパン連勝(追記)&松田努引退 | トップページ | ジュニア・ジャパン第2戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    『がれきの街に夢を』、泣けました。

    ラグビー寄り、釜石開催寄りの立場であるのはJ Sportsだから当然とはいえ、反対する意見もちゃんと紹介していてバランスも良かったかなと。

    東京オリンピックを誘致する掛け声に比べて、どれほど切実か……。

    投稿: さわさき | 2013年3月26日 17:46

    何とか釜石でW杯開催して欲しいですね。NZ大会でも1万5千人ぐらいのキャパの会場があったと思うのですが、それぐらいのスタジアム建設も厳しいんでしょうかねぇ…。やはりラグビーに関心のない方もいらっしゃるでしょうし、もっと生活に近いことの復興からという意見も多いでしょうから、開催反対の声も上がるとは思いますが、きっと釜石のためになるような気がします。
    もし実現したら、ウェールズの試合をやるのがいいんじゃないでしょうか。何となく文化的に似ていますよね。この春の来日の際に、釜石に立ち寄ってもらうわけにはいきませんかねぇ。

    投稿: らぐじ~ | 2013年3月18日 23:05

    記事とは全く関係なく申し訳ありませんがPRCには日本代表が参戦すべきです。もちろんジュニア世代の強化は必要ですが、2チーム出れないんですかね?
    スーパーラグビー予備軍にホスト国正代表が負けてはならないと日本協会もIRBも思うかもしれませんが…。
    ティア1とのたった2試合よりもよっぽど強化に繋がるのではと考えてしまいます。ラグビー強国の若手プロ選手のアピールの場となれば相手の気迫はテストマッチに匹敵すると思ってしまいます。
    一番いいのは国内シーズンをスーパーラグビー開幕までに切り上げて日本代表がスーパーラグビー参戦するのがいいのでしょうが…さすがに無理ありますかね。

    投稿: タツヤキ | 2013年3月18日 20:51

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56982726

    この記事へのトラックバック一覧です: がれきの街に夢を:

    » [ラグビー][想い]2019年ラグビーワールドカップを成功させたいすべてのひとびとへ [おいしい毎日]
    がれきの街に夢を〜ラグビーに愛された街・釜石〜を観る釜石のひとたちの切なる願い、2019ラグビーワールドカップを釜石で開催することもちろんみんながみんなそうというわけでなくもっとすべきことがあるのでは、楽しいことだけ考えていても・・という声もあるにはあったし... [続きを読む]

    受信: 2013年3月19日 00:36

    « 高校ジャパン連勝(追記)&松田努引退 | トップページ | ジュニア・ジャパン第2戦結果 »