« 勝手に前夜祭 | トップページ | 3月17日はファンも選手も表参道へ »

TLオールスター戦

トップリーグのオールスター戦は、3月3日、和歌山県の紀三井寺公演陸上競技場で行われた。その朝、まずは、大野均選手(東芝)と五郎丸歩選手(ヤマハ発動機)の対談の進行をした。これは、3月下旬に発行される日本協会メンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの。この二人、対談するのは初めてだという。和やかな雰囲気で話が進んだので、会員のみなさんはお楽しみに。

その後会場入りすると、ラグビーファンのみなさんが続々と詰めかけていた。トップリーグの試合が初めて開催される和歌山ということで、観客数が心配されていたのだが、昨年を上回る5,290人が集った。大半は和歌山県の人々で、和歌山県、そして和歌山のラグビー関係者あげての努力が実った形だ。

グラウンドでは、さまざまな試合が行われたが、常翔学園対御所実業の高校大会決勝戦の再現は、12-5で御所実業が勝ち、王者に土をつけた。190㎝のSO矢澤蒼が目立ったが、どんな選手に成長してくれるのか楽しみだ。グラウンド外では選手が普段使用しているジャージなどのガレージセール、トークイベントなどが行われた。トークには、霜村誠一(パナソニック)、和田拓(キヤノン)、津田翔太(リコー)、浅野良太(NEC)が登場。浅野選手のネマニ・ナドロのエピソードは爆笑の連続。「ネマニの靴に、首藤甲子郎の靴がすっぽり入るんですよ」、「体重計に乗るとき、全部脱いで1グラムでも軽くしようとするんです。132キロもあるんですけど」。

201303031

オールスター戦は、前半はヤングチームが、CTBシリバ・アヒオ(福岡サニックス)のインターセプトからのトライ、WTB横山伸一(リコー)が俊足を生かしてのトライなどでリードしたが、後半は、シニアチームが巻き返し、NO8菊谷(トヨタ自動車)、PR成(近鉄)らのトライで猛追。最後は、67-62でシニアが昨年のリベンジを果たした。みんな楽しげにフィールドを駆けまわっていた。MVPは、シニアFWの勢いを引き出したタウファ統悦(近鉄)。スポンサーの「スシロー」から、寿司1,000皿分を贈られた。

201303032

パフォーマンスで盛り上げたのは、ヤングのPR滝澤直(NEC)。五郎丸ばりのプレースキック、難しいキックパスをキャッチしてのダイビングトライなどで客席を盛り上げた。「インゴールに入ってからどうしようかと思って、ダイブしてみたら、慣れていなくて顔打っちゃいました!」(滝澤)

試合後は、競技場前でチャリティーオークション。サントリーからジョージ・スミス、フーリー・デュプレア、ジョージ・グレーガンのサイン入りジャージが出品されたほか、全チームからレアグッズが提供された。近鉄からは、近鉄電車のホームに飾られている巨大なバナーも。どこに飾んねん! 最高落札額は5万円で、これは、NTTコミュニケーションズから出品されたサインボール、サイン入りジャージ3点セットだった。そして最後は、選手による餅&お菓子まき。選手とファンが一体になった楽しい一日だった。

201303033

※チャリティーオークションや、ガレージセールの売り上げ、大会収益の一部は、ラグビーファミリー支援金と公益社団法人和歌山県体育協会を通じて、和歌山県の水害被害や東日本大震災の復興支援活動などに役立てられる。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 勝手に前夜祭 | トップページ | 3月17日はファンも選手も表参道へ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    チームをヤングとシニアに分けるのは反対です。昨年も思いましたが、何だかOB戦を見ている様で、選手もニヤニヤしてて、ラグビー界の内輪ネタに見えてしまいます。こんなことやってて、ファンが増えるとは思えません。

    投稿: こばちゃんさん | 2013年3月 5日 21:51

    TLオーターは毎年楽しみにしています!
    昨年は、仙台で遠くて行ませんでしたか、今年は楽しみにして、紀三井寺まで2時間半かけていきました。
    地元和歌山の皆さんのおもてなしにホッコリした1日でした\(^-^)/
    1つ残念だったのは、スタンドメイン席に縄張りされた関係者席!満席になる事無く試合終了~
    リーグ戦なら理解も出来るメインスタンド中央の関係者席!
    チャリティマッチは、ラグビーファンと選手の祭典では無いですか?
    子供や遠方から足を運んだラグビーファンに解放して下さい!

    投稿: RUN | 2013年3月 4日 23:08

    現地で親子一緒に楽しく観戦させていただきました。
    各チームの選手のみなさんが心から楽しんでおられる雰囲気が伝わってきてとてもよかったです。

    地元関係者のみなさんも、イベントを盛り上げようと頑張っておられました。

    ただ、場内アナウンスで先発メンバーも交代メンバーも紹介されず、今どの選手がピッチでプレーしているのかがわかりにくくて残念でした。

    前半については、パンフレットに先発メンバーが掲載されていたのでまだしもだったのですが、後半に入ると同時に大勢の選手交代があったにもかかわらず選手紹介のアナウンスがなく、陸上競技場なので観客席がピッチから遠かったこともあり、「今のあれって誰?」と思うシーンが多くありました。

    電光掲示板の選手名表示も変わっていなかったのでは?(僕の思い過ごしでしたらすいません。)

    すばらしい企画と思いますので、来年以降はぜひその点を改善していただければと思います。

    投稿: 奈良の近鉄ファン | 2013年3月 4日 16:15

    テレビ観戦しました。昨年は川崎から仙台まで駆けつけました。会場ではいろいろ楽しめる企画があって、素晴らしいイベントだと思います。
    あとはゲームをどう捉えるかですね。選手たちは楽しくプレーしていて、見る側も喜べる内容でしたが、ビギナーファンや他のスポーツ好きにどうアピールできたのかな?とも感じます。
    チャリティー、社会貢献が主目的で、普及やファン開拓が狙いではないかもしれないし、怪我人が出るようなハードなプレーは避けたいでしょうが、せめて海外からのビッグネームも参加してくれるようにならないかな?

    投稿: えいじパパ | 2013年3月 3日 21:49

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/56881373

    この記事へのトラックバック一覧です: TLオールスター戦:

    « 勝手に前夜祭 | トップページ | 3月17日はファンも選手も表参道へ »