« 藤田、長江・日本代表合流、東芝新加入選手ほか | トップページ | 香港戦ジャパン&大阪トークライブ »

7人制代表情報&大西将太郎、シャトルズへ

201304231

23日の朝は、男女7人制の今後の活動スケジュールなどの記者会見があった。当面の目標は、6月下旬のワールドカップ・セブンズ2013になるが、その前に国内で合宿を繰り返し、男子は、フィジー遠征(5月23日~30日)、女子はオーストラリア遠征(5月16日~27日)で実戦経験を積む。

また、日本代表の岩渕健輔GMは、東京セブンズでの2勝に一定の評価をしつつ、「さらなる継続強化を必要がある」と話し、7人制の適性ある選手を各チームと調整しながら、これまで以上に7人制ラグビーに取り組む時間を増やし、年間を通して鍛えていく意向を説明した。
「2015年は15人制のワールドカップと、2016年のオリンピックの予選が行われるため、15人制の選手と7人制の選手を分けて考えなくてはいけない。少し重なる選手も出て来る可能性はありますが、基本的には分けて考えます。オリンピックの選手出場規定がまだ定まっていないこと、ワールドカップもあり、どちらにも対応できるよう(外国人選手も含めて)、強化を続けます」

オリンピックの予選方式はまだ決まっておらず、現代表としては地力を上げる強化を続けるほかはない。男子7人制代表の瀬川ヘッドコーチは、「国内シーズン中も短い合宿を繰り返すなどして、セブンズのスペシャリストを多くしたい」と話していた。

トップリーグに再昇格した豊田自動織機シャトルズが新加入選手を発表。ジョニー・ファアマトゥアイヌ(LO/FL、200㎝、115㎏、デラセラ高、前コカ・コーラウエスト)、大西 将太郎(SO/CTB、180㎝、85㎏、同志社大、前近鉄)、大居広樹(CTB/WTB、180㎝、82㎏、前キヤノン)、の3選手である。

近鉄ライナーズからの退部が決まって以降、早くから現役続行宣言をしていた大西将太郎選手の行き先がようやく発表になったのだが、大西選手に以前話を聞いたとき、SOとしてのプレーに魅力を感じているようだったので、そこを評価してくれる豊田自動織機にプレーする機会与えられたことは、本人もやりやすいはず。プレーメイカーとして期待がかかる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 藤田、長江・日本代表合流、東芝新加入選手ほか | トップページ | 香港戦ジャパン&大阪トークライブ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    セブンズもU20も、とにかく世界のトップレベルで戦う機会を勝ち取らねば。
    ワールドカップセブンズで結果を出せと言うのは酷かもしれないが、東京セブンズ以上のステップアップを果たしてほしい。JWRTは今年こそ優勝を!

    投稿: えいじパパ | 2013年4月23日 20:29

    大西選手良かったです、ラグビー博士なので、司令塔(SO)としてのゲームメイキング期待したいです。

    投稿: しお | 2013年4月23日 20:12

    大西選手は司令塔、リーダーというイメージなので、10番は似合うのでは。

    7人制と15人制とが競合するのは日本に限った話じゃないので、いっそのこと、7人制を優先して強化してはどうか。各国とも15人制を優先してるはずなんで。

    二兎追うもの一兎も得ずになるよりはマシではないか?

    15人制は国内での競い合いを楽しむもの、7人制は世界と競うのを楽しむもの、と割り切ってしまったらいいのでは。
    15人制ではとても勝てないチームにも勝てるかもしれない。

    投稿: テルキー | 2013年4月23日 19:05

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57232352

    この記事へのトラックバック一覧です: 7人制代表情報&大西将太郎、シャトルズへ:

    « 藤田、長江・日本代表合流、東芝新加入選手ほか | トップページ | 香港戦ジャパン&大阪トークライブ »