« 東京セブンズ終了 | トップページ | ジュニア・ジャパン、4月2日メンバー »

女子7人制日本代表・中国大会結果

東京セブンズの開催中の3月30日、31日は、女子日本代表もIRB女子セブンズワールドシリーズ第3戦・中国大会に参加していた。1日目は3連敗も2日目は、フィジー、中国に勝ち、ボウルトーナメント優勝を飾った。

■IRB女子セブンズワールドシリーズ第三戦・中国大会大会登録メンバー
1. 中村知春◎、2. 鈴木彩香、3.竹内亜弥、4. 桑井亜乃、5. 冨田真紀子、6. 鈴木実沙紀、
7. 大黒田裕芽、8. 鈴木陽子、9. 井上愛美、10. 山口真理恵、11. 兼松由香、12. 伊藤絵美
※◎はキャプテン

■1日目試合結果
日本●5-26○オーストラリア(前半5-12)
日本●5-52○カナダ(前半0-31)
日本●0-33○アイルランド(前半0-21)
■2日目試合結果
日本○12-5●フィジー(前半7-5)
日本○14-10●中国(前半7-0)

◎女子7人制日本代表・浅見敬子ヘッドコーチ
「ボウル優勝することができました。昨年のワールドカップ・セブンズ2013アジア地区予選で敗れたフィジー、そしてアジアNO1の中国を相手に、接戦ながらも勝利することができた。香港女子セブンズで出た課題であるセットプレー、ボールの継続、肩でハードヒットするディフェンスという三つの項目を14分間やり続けることを再徹底して戦った。フィジー戦、中国戦ともに前に出続け、ターゲットである三つの項目を、選手たちは意識し続けてくれた。今回選ばれたメンバー全員が、今持っている力を試合で出し切ってくれたと思う。今後はアジアではなく世界を相手に戦っていくことが目標。ワールドカップ・セブンズに向けて、残された期間を大切に過ごし、世界一を狙いにいく」

◎女子7人制日本代表・中村知春キャプテン
「大会第1日は自分たちのアタックをさせてもらえず、リズムに乗れなかったが、今日は修正できた。粘り強くアタック、ディフェンスができたと思う。ディフェンスの時間が長かったが、ブレイクされても粘り強くプレーし、運動量で勝ることができた。ワールドカップ・セブンズ2013アジア地区予選で敗れたフィジーと、香港女子セブンズでは敗れた中国に勝つことができたので、これからは胸を張ってもう一つ上の世界と戦うことができる。この遠征で世界のレベルを実感することができた。これからは気持ちも技術も、もう2段階3段階とレベルアップしなければならない。運動量を活かしたディフェンスとテンポの速いアタックを向上させていきたい」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 東京セブンズ終了 | トップページ | ジュニア・ジャパン、4月2日メンバー »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    女子7人制の代表についてのコメントではない、と断ったうえで……

    よく、敗戦の弁の中で、自分たちのペースでやれているうちは通用する部分もあった、というコメントをするキャプテンがいるが、通用してるからこそ、自分たちのペースになってるという、非常に当たり前で意味のない発言をしてる、ということを周囲の人間は伝えてあげるべき。
    悲観的になれ、というのではなく、通用したのは何が良くて通用したのか、ペースがいいから通用したのではなく、例えば2人がかりでタックルしたら強い相手でも前で止められ、ターンオーバーできた、とかフラットなパスは機能した、とか具体的な振返りをさせるようにしないと、いけないと思う。

    繰り返しになりますが、女子に関する話ではありません。女子選手の方が振り返りは上手だと思ってます。

    投稿: テルキー | 2013年4月 2日 13:53

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57077463

    この記事へのトラックバック一覧です: 女子7人制日本代表・中国大会結果:

    « 東京セブンズ終了 | トップページ | ジュニア・ジャパン、4月2日メンバー »