« 香港戦ジャパン&大阪トークライブ | トップページ | グリーンロケッツ副将トリオ »

みなとスポーツフォーラム(ウエールズ編)

木曜日の夜は、「みなとスポーツフォーラム」だった。ラグビー博士の小林深緑郎さん、サントリーサンゴリアスの大久保直弥監督と一緒にウエールズ代表と日本代表の戦の歴史、サントリーサンゴリアスの歴史的勝利(2001年)のこと、来日見込みの選手などについて語り合った。

1973年の英仏遠征から話を始めたのだが、このときの伊藤忠幸さんの2トライ、1975年のウエールズ代表の来日話が、深緑郎さんも一番力が入っていたかも。「当時のウエールズはほんとうの黄金時代です。メンバーは……、1973年の遠征の伊藤選手のトライは、のちにBBCが作った世界の101トライの中にも収録されているほどで、当時世界最高のFBだったJPRウィリアムズの上を乗り越えてトライしたんです……」

このときの日本代表のメンバーがすごい。PRがプロレスラーに転向した原進、HOは現在、Jリーグのチェアマンの大東和美、SHは亡くなってしまったが、元日本代表の宿沢広朗さんなどなど。1983年、日比野弘監督率いる日本代表が、ウエールズを追い詰めた試合は、映像も出てきて、平尾誠二さんから谷藤尚之さんにパスがわたったトライなど紹介。1999年のワールドカップで、ウエールズ代表からトライを奪った大畑大介さんの快走が紹介されると、みんな大畑大介のスピードの凄さを再確認。懐かしい選手の活躍に見入った。

大久保監督はサントリーのキャプテンとして2001年にウエールズに勝利しているのだが、同日の朝、天気が良くて「ガッツポーズ」したという。高温多湿の気候の中、ひたすらボールを動かし、点の取り合いに持ち込んでの逆転勝ちだった。

さて、今回のウエールズ代表だが、同時期にブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ(イングランド、ウエールズ、アイルランド、スコットランド代表)のオーストラリア遠征があるため、来日メンバーが注目されているのだが、小林深緑郎さんによれば、「シックスネーションズのウエールズの先発メンバーの14人は選ばれるのではないか」という予想。しかし、負傷などでシックスネーションズに出場しなかったSOプリーストランド、FLリディエイト、フランスのクラブでプレーするFBリー・バーンらワールドカップメンバーは来日するのではないかと話していた。

今回、ウエールズ代表を率いてくるのは、ロビン・マクブライド氏。本来のヘッドコーチである、ウォーレン・ガットランドがライオンズのヘッドコーチを務めるためだが、このマクブライド氏、実はサントリーのスポットコーチとして何度も来日している。つまり、日本の高温多湿な気候も日本選手の特徴もよく知っており、大久保監督によれば、「暑いところで練習してくる」と話しているという。今回は、過去の来日チームのような油断もしてくれそうにないというわけだ。

ウエールズ来日シリーズは、6月8日(花園ラグビー場)、6月15日(秩父宮ラグビー場)にテストマッチが行われるが、JSPORTSが放送するほか、地上波では日本テレビが放送する予定。また、2001年、単独チームが国代表を破るという歴史的快挙になったサントリー対ウエールズ戦を、JSPORTSが、6月1日、4日、8日に放送することも明らかになった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 香港戦ジャパン&大阪トークライブ | トップページ | グリーンロケッツ副将トリオ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    1983年日比野監督が掲げたテーマ「餓狼(がろう)精神」を
    松尾雄治が読めなかったエピソードには明治OBですが大笑いしました。
    「おおメイジ」ならぬ「ああメイジ」。

    6月のウェールズ戦、指定席はほぼ完売との事でしたね。
    大勢のファンが見守る中でのジャパンの健闘を期待しています。

    投稿: トーシロ | 2013年4月27日 19:14

    サントリー対ウェールズの再放送はとても楽しみ。再放送を見て気分を高めて6月のJAPAN対ウェールズを見に行きたいです(^-^)/

    私は今日も高校の練習試合のレフリーをしてきました。相変わらず課題は多いけど、楽しかったです。明日が仕事じゃなかったらな。

    あとSRゲニア選手のトライセービング。まさに「スーパー」でした(^-^)b

    投稿: nick | 2013年4月27日 18:40

    サントリー対ウェールズは、ずっと見たいと思っていたので、嬉しいですねぇ。秋にはスコットランドとの対戦が決まった事ですし、是非11月にでも宿沢監督でスコットランドに勝った試合も放送して欲しいです。
    さて、今年はティア1と3試合出来る事になりましたが、来年以降も毎年3試合以上戦い続けて行きたいところ。来年の6月はシックスネーションズの来日予定が無いですが、アルゼンチン・旧トライネーションズのA代表、NZマオリ・バーバリアンズ辺りと2試合組めれば理想的。出来ればワールドカップを見据えて、南アフリカと一度戦っておきたいですねぇ。

    投稿: 坂石町分 | 2013年4月27日 10:57

    サントリーvsウェールズの再放送、楽しみです。あの日は私自身がキズーチで自分の試合があり、ライブで観られませんでした。ホントに暑い日だったことを思い出します。

    投稿: らぐじ~ | 2013年4月27日 09:06

    仕事の関係で少し遅れての到着となりましたが、楽しく聞かせて頂きました。

    サントリーがウェールズに勝った試合の放送があるとのこと、早速妻に話をしたら大変喜んでいました。
    今回はしっかり録画もしておきたいと・・・。

    さて、6月の2試合、ウェールズが本気で来てくれることも大いに期待したい。そしてそこでJAPANが勝つ事。
    但し、PGのブーイングはしないようにしましよね。

    投稿: のん | 2013年4月27日 06:49

    2001年サントリーvsウェールズ戦放送ですか!この試合見てないんですよね~。嬉しい限りです。6月が待ち遠しいです。

    2001年ウェールズ来日では、サントリー戦の他にテストマッチの間の平日ナイターでもう1試合、在日外国人中心チームがウェールズと味スタで対戦した試合を見に行きました。テストマッチのためにメンバー温存したウェールズが良いところなく負けた記憶があります。まだ日本代表に選ばれていなかった(辞退していた?)箕内選手(当時NEC)が出ていましたね。
    今回もああいう試合組んで欲しかったです。シェーン・ウィリアムスが日本でウェールズ代表と対戦!とか見たかった。

    1991W杯ウェールズ戦の大畑大介さんのトライは、まさに彼のスピードなくしてはトライにならなかったであろう(バショップの絶妙なパスも!)、『針の穴を通すような』精度のトライで、世界中で評価されるものだと思います。
    今のジャパンでああいうトライが取れる選手、それは福岡選手しかいないと思います。ぜひともテストマッチで見たい!

    投稿: とぅいがまらー | 2013年4月26日 19:23

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57251507

    この記事へのトラックバック一覧です: みなとスポーツフォーラム(ウエールズ編):

    « 香港戦ジャパン&大阪トークライブ | トップページ | グリーンロケッツ副将トリオ »