« ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ発表 | トップページ | ワールドユース4日目(5月2日) »

ワールドユース3日目

5月1日の早朝、京都の自宅を出て博多に向かった。新幹線で約2時間40分、博多駅から赤間駅、そして、グローバルアリーナへ。うっ、きょうは風が強くて寒い。冬のコートを着ている人もいるほどで、一日中、冷たい風に苦しむことになった。

201305012

サニックス・ワールドラグビーユース交流大会2013は3日目。参加16チームを4つずつ4組に分けてのプール戦は最終日を迎えた。ここまで、強豪国の高校が圧倒的な実力を示していたが、きょうもその実力をいかんなく発揮した。圧巻はイングランドのU18王者ハートプリーカレッジは、すぐにでもプロで通用しそうな選手が個人技でディフェンスを翻弄し、カナダのアールマリオットセカンダリースクールを、117-0で破った。

201305011

この他、南アフリカのダニエルピナールテクニカルハイスクール(写真右のチーム)、オーストラリアのセントジョセフスナッシーカレッジ(円陣の写真)、ニュージーランド高校王者のセントケンティガンカレッジがそれぞれプール全勝を飾った。きょうだけで見ると、イングランドが一番強そうだった。

201305013

日本の高校同士の試合は、いずれも好カードになったが、御所実業がグラウンドを横幅いっぱいに使って佐賀工業を29-22と退け、常翔学園も長崎南山をスピーディーな展開で26-12と下した。第3試合は、地元東福岡と東京の國學院久我山が対戦したが、力強い突破を何度も見せた東福岡が52-17で快勝。最後は、東海大仰星が茗溪学園との展開ラグビー対決を制して、38-17で勝利した。

201305014

写真は、3月に完成した人工芝グラウンド。昨年まで練習グラウンドで利用されていた2面のグラウンドは両方とも人工芝になり、スタンドもついていた。今大会は、メインの天然芝グラウンドと、この人工芝を並行して使用し、試合をこなすようだ。

明日は、プールマッチ2位通過を決めた日本の4チームが、ぞれぞれ海外強豪チームにチャレンジする。

201305015

ラグビーボールパンは、140円なり。この大化に来ると、いろんなラグビー関係者の皆さんに会えて楽しい。大学の監督もたくさん来ていて、それぞれが情報交換。ファンの皆さんとも言葉をかわして楽しい時間だった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ発表 | トップページ | ワールドユース4日目(5月2日) »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今日は折角、花とハチの写真撮影のところ失礼しました。
    今後は気をつけたいと思います。
    明日もワールドユース楽しみです。

    投稿: ogata | 2013年5月 1日 22:13

    記事と関係なくてすみません。

    神戸山中選手が復帰したみたいですね。失った時間(2年間)は戻りません。過去を振り返らず「前へ」進んで行ってください。個人的には日本の(タックルもできる)クェイドクーパーになってほしい。頑張れ〜山中選手(^-^)/

    投稿: nick | 2013年5月 1日 19:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57287583

    この記事へのトラックバック一覧です: ワールドユース3日目:

    « ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ発表 | トップページ | ワールドユース4日目(5月2日) »