« 訃報:近鉄ライナーズより | トップページ | トップリーグ2013-2014日程 »

日本代表メンバー35名発表ほか

5月25日(土)に開幕するパシフィック・ネーションズカップ2013、および、ウェールズ代表戦に向けた日本代表メンバー計35選手が発表された。また、長野正和(ヤマハ発動機ジュビロ)が帯同して練習に参加する。

■エディー・ジョーンズ ヘッドコーチ コメント
「HSBC アジア五カ国対抗2013 での素晴らしい成績を踏まえ、IRB パシフィック・ネーションズカップ2013 およびウェールズ代表と対戦するリポビタンD チャレンジ2013 で勝つためのメンバーを選出しました。私たちはまだこれから、ストレングス&コンディショニングやゲームメイクの部分で努力を積み重ねていく必要があります。スーパーラグビー組の堀江、リーチ、田中が途中でチームに合流します。現在負傷している廣瀬らは当面はリハビリテーションに時間を割くことになりますが、なるべく早くチームに戻ってくることを願っています」

◎日本代表メンバー
■FW: 19名/長江有祐、三上正貴、浅原拓真、堀江翔太、 木津武士、青木佑輔、 湯原祐希、山下裕史、畠山健介、 伊藤鐘史、大野均、真壁伸弥、ジャスティン・アイブス、 安井龍太、 マイケル・ブロードハースト、 マイケル・リーチ、ヘンドリック・ツイ、菊谷崇、ホラニ龍コリニアシ
■BK: 16名/日和佐篤、田中史朗、内田啓介、小野晃征、 田村優、 立川理道、クレイグ・ウィング、 中村亮土、マレ・サウ、霜村誠一、 藤田慶和、廣瀬俊朗、 今村雄太、小野澤 宏時、福岡堅樹、五郎丸歩

今後の日本代表のテレビ放映だが、パシフィック・ネーションズカップは、JSPORTSが全試合生中継。加えて、5月25日のトンガ代表戦は、TVKが録画放送をする(18:30~)。6 月8 日(大阪・近鉄花園ラグビー場)と6 月15 日(東京・秩父宮ラグビー場)にの日本代表対ウェールズ代表戦は、J SPORTSが2試合とも生中継、日本テレビが地上波(関東ローカル)で2試合、衛星波(BS)で1試合を録画放送予定。日テレは、6月8日、深夜26:30 ~28:30、6 月15 日は、BS 日テレ (録画) 19:00~20:50、地上波・日本テレビ (関東ローカル・録画) 15:00~16:50となる。

お知らせ◎5月22日、恒例の「みなとスポーツフォーラム」が開催されます。次回は小規模会場で参加者がより深く楽しめる形式での開催。講師にJリーグで観戦調査などを実施している、筑波大学准教授の仲澤眞さんを招きます。6月のウェールズ戦に向けて、「応援」について理解を深め、より一層ウェールズ戦をお楽しみいただくためのフォーラムです。
詳しくは以下より。
http://www.rugby-japan.jp/news/2013/id19281.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 訃報:近鉄ライナーズより | トップページ | トップリーグ2013-2014日程 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    人情でキャップを与えたとして、トライ王は喜びますかね?

    今回のメンバーもエディさんがセレクトしたメンバーです。 監督が考える日本のベストメンバーなんですからファンとしては期待を持ってPNCやウェールズ戦を見届けることが大事ではないかと。
    山田くんもエディさんと面接して、何が足りないのか聞き納得しているようですしこれからの彼の努力に期待したいです。

    ま、個人的には早く桜のジャージを着た山田くんを見たいですけどね。

    投稿: だいゆ | 2013年5月16日 21:41

    〉労をねぎらうことがなぜ「日本代表キャップ取得へ」につながるのか、意味不明。失礼極まりない。

    「失礼極まりない」は選んだエディーでなく、ジャパンに選ばれる側、努力している選手達に対してだと思うけど。それにエディーを見返せとの記載もあり山田を応援していると思うよ。

    投稿: 安倍真相 | 2013年5月16日 17:40

    こうさん他のみなさま

    >山田選手はジャパン合宿にも呼ばれており、どうみても「チャンス」は与えられていますよね。
    >トライ王が偉大なのは確かに事実。その事実をもって、小野澤、廣瀬、藤田、福岡より「不要」と判断されたのも事実。

    そうなんです、「結果的に選ばれなかったんだから山田選手が実力が劣って負けて駄目な選手で、選抜した人の批判をすることは失礼極まりない」という貴方のような意見はいつも正しく勝つのです。

    でも私は、
    それは本当に正しい理屈か?とも思います。TLのトライ王というのはそれ自体がデータです。代表選考合宿での体力測定やセレクションプレーと同じようなデータです。むしろ実に長い時間をかけて行った真剣勝負の蓄積です。一番重みのあるデータだと思います。それを捨て去っていいとは思えません。

    リードされた後半、攻めを重視したインパクトプレーヤーが必要な時もあると思うのです。最後に託す逆転の切り札、あと一人の交代枠を使いたい。

    そうしたときに「自分の国の代表として最後に送り出す選手」は、納得できる数字を持っている人であるべきです。

    以前のジャパンで廣瀬現主将が外された時も有りました。代表選考は、選ぶ人によってかなり結果が違う。100点の人が選ばれる人数だけいて、あとの人は90点なのではありません。実際は98点の人が10人、97.9点の人が10人、97.8点の人が10人、97.7点の人が10人…というように、極めて僅差のところに選手がひしめいているのです。ちょっとした主観、悪印象などにも影響されるのです。山田選手が明瞭に劣っていたとは、どうしても思えません。

    選考競争に負けた山田選手だから劣っていたんだ。駄目なんだ。文句は言うな。そういう感じのこうさん等の意見には、どうしても同感できません。これからの数試合よりも、この前の数試合の方が、出しやすかったとは思いますが、人情ででもTLトライ王に帽子をあげてほしかったと、私は思うところから、動きません。

    投稿: トンガリキッズ | 2013年5月16日 01:49

    けんじさん!

    私もキングス戦の田中選手を観ました。メチャメチャ、良かったですね!

    確かエディさんが、『田中はボールを持ち出してから、走りこんでくる選手のためのスペースをつくるのが上手い!』、って言っていたような。
    ワールドカップのフランス戦のアレジのトライのアシストもそんなんでしたかね!?

    田中選手は、はやいパスアウトと持ち出してからのパスと、さらに自分で突っかけるのを上手く使い分けていましたね!キングスはディフェンスはしづらかったと思いますし、実際すごく良いテンポで2トライ追加して追い上げましたよね。もう少しはやく田中選手が出ていれば追いついたかも!って思って悔しく観ていました。

    それに自分で持ち出してトライを狙いに行ったシーンは感動しました。
    体格差を考えると、ターンオーバーが怖くてなかなか出来ないプレーですよね。
    でも、その強気のプレーが相手のディフェンスに的を絞らせない秘訣だと思いました。

    心が強すぎ!!!
    メチャメチャ、かっこいいです!!!


    山田選手も大好きで、はやくジャパンで観たいです!
    福岡選手、藤田選手に竹中選手も観たいです。
    南アで頑張っている松嶋選手も、ジャパンでの勇士楽しみですよねぇ。
    楽しみ多くて、これからの試合がワクワクです。
    (でも、スーパーマンな廣瀬選手と小野沢選手も、今後も引き続き観たいです(笑))

    ジャパンに対してワクワクさせてくれる、エディさんに感謝!

    投稿: メタボなロック | 2013年5月15日 21:43

    こうさん、同感です。
    エディーは日本代表合宿に招集しチャンスを与えています。
    合宿で様々な体力測定をし、様々なフィットネストレーニングをし、様々な実戦トレーニングをしていく中で、代表候補選手は‘試合だけでは表面化しにくい欠点’まで丸裸にされたうえで代表選考は行われるわけです。WTBというポジションはプレー参加機会が少なく、欠点が表面化しにくいですからね。

    我々ファンが試合だけ見て(それも国内リーグの)、ああだこうだと評価するのとは比較にならない評価項目をもって選考されているのです。

    トップリーグのトライ王。
    凄いことです。
    真似するのは容易ではありません。
    しかし、それイコール代表当確、という尺度が正しいとは思えません。
    日本代表はトップリーグのチームと対戦するわけではありませんから、トライ王というのはあくまで評価項目のうちの一つです。それも参考程度でしょうか。どんなに凄いWTBでも弱いチームでは取れないでしょうからね。

    エディーは選考に漏れた選手に対して個人面談まで行い、課題を伝えています。
    伝えられた本人は、課題克服に向けて前に走り出しています。負傷者が出れば追加招集もあるかもしれません。
    セレクション批判を続けるよりも、前を向いて走り出した選手を応援しましょう。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年5月15日 12:58

    山田選手についてのコメントが多いですが、労をねぎらうことがなぜ「日本代表キャップ取得へ」につながるのか、意味不明。失礼極まりない。
    キャップは「頑張ったから与えられる」ものでない。
    山田選手はジャパン合宿にも呼ばれており、どうみても「チャンス」は与えられていますよね。
    トライ王が偉大なのは確かに事実。その事実をもって、小野澤、廣瀬、藤田、福岡より「不要」と判断されたのも事実。

    山田選手については是非、更に武器を増やしてエディさんを見返してほしいです!


    投稿: こう | 2013年5月14日 23:56

    田中がキングス戦に途中出場しましたが、もの凄くいい と感じました。

    玉が速いんですかね あとスローのコース微妙なフェイント

    背中で名だたるプレイヤーを確実に動かしてますね。
    田中が玉を散らした時、緊張感ありますもん(笑)

    ウイップーに近い感じかと観てましたが違いますね。
    田中のが上(笑)

    藤島さんもひいき目ナシに田中はいいと解説されてましたが、
    ボクも全く同感! と思いました。


    投稿: けんじ | 2013年5月14日 23:39

    山田選手が「JAPAN」に選ばれない理由が幾つかあったり、アンチ山田がいるのもわかります。

    それでも「JAPANの山田」をみたい。肉体改造やアメフト挑戦、そしてトライ王!これだけでも「JAPAN」に値しませんか?また山田選手の「華」も日本ラグビーに必要だと思います。

    エディーさん。お願い。「JAPAN」に山田選手を〜m(__)m

    投稿: nick | 2013年5月14日 19:25

    ジャパンに、チャンスはともかく、労をねぎらうという発想は無いだろう。

    投稿: 安倍真相 | 2013年5月14日 18:51

    トンガリキッズ様の言うとおりだと思います・・・
    が、しかし、何か足りないか、それとも多すぎるのか・・・
    確かにトライ王は獲得しましたが、ソニービルのサポート効果が大きかった気がするのは自分だけでしょうか?
    派手にトライを取りに行こうとする気持ちだけが空回りしているのかなぁ。
    エディさんの思惑に任せるしか無いでしょう。

    投稿: あつし | 2013年5月14日 15:57

    ラグビーウェールズ代表来阪記念イベント!

    日本ウェールズ協会の関西支部『関西ウェールズ会』では
    6月8日・15日の日本ーウェールズ戦を記念し、
    ウェールズラグビーを紹介するイベントを
    6月1日(土)午後に大阪市内で、入場無料で行います。

    詳細は日本ウェールズ協会のウェブサイトで「関西のイベント」を
    ご覧ください。

    お申込をお待ちしています!

    投稿: 関西ウェールズ会 | 2013年5月14日 15:49

    山田章仁選手にキャップあげてくださいよ。と単純に思いますけどね。
    昨年のトップリーグのトライ王なんですから。
    チャンスをあげてほしい。労をねぎらうという発想は無いのか。
    そう思いますね。

    投稿: トンガリキッズ | 2013年5月14日 03:00

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57378655

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表メンバー35名発表ほか:

    « 訃報:近鉄ライナーズより | トップページ | トップリーグ2013-2014日程 »