« ワールドユース3日目 | トップページ | 福岡、藤田先発(日韓戦メンバー) »

ワールドユース4日目(5月2日)

サニックス・ワールドラグビーユース交流大会2013は、5月2日、順位決定トーナメントの1回戦が行われた。前日と打って変わって、きょうは日差しも強く暖かかった。きょうは、すべての試合が、海外対日本となり、トップ8のトーナメントは強豪国(オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、イングランド)に日本の高校がチャレンジする形となった。

201305021

メイングラウンドの第1試合に登場した常翔学園は、セントジョセフスナッジーカレッジ(オーストラリア)と対戦し、3トライを奪ったものの、ナッジーカレッジのSOジェームズ・タトルなど、個人技に優れる選手に防御を破られ、17-54で敗れた。第2試合は、御所実業が優勝候補の一角であるニュージーランド・オークランドのセントケンティガンカレッジに挑戦し、独特の粘りの防御で食い下がり、FB竹山が右に左に大きなステップでタックラーを翻弄してトライするなど見せ場を作ったが、最終的には12-66で敗れた。大敗だが、観ていた人は御所の粘りに感心しただろう。ケンティガンのタイ・ラヴェアヘッドコーチも、「御所はけっして諦めないチームだ」と称えていた。

201305022

第3試合は、南アフリカのダニエルピナールテクニカルハイスクール(DPT.HS)と東海大仰星の対戦。写真は、DPT.HSのプレースキッカー、WTBデヴィッドソンがゴールを狙う直前。チーム名ともなっているタイガーが見つめる(もちろん、ぬいぐるみです)。この試合は互角の攻防が繰り広げられた。DPT.HSがやや体格が小さいこともあるが、仰星がモールでディフェンダーを集めた直後、ショートサイドに複数の選手を走り込ませるなど、工夫した戦い方で大健闘。15-20で敗れはしたが、スタンドを大いに沸かせた。

第4試合は地元の東福岡が、プール戦で爆発的な攻撃力を見せたイングランドのハートプリーカレッジの猛攻を力強いタックルで止め、何度もスタンドの拍手を誘った。しかし、ハートプリーは、U18イングランド代表3名、U18ウエールズ代表1名を含む強力な布陣で、タックルしても簡単に倒れない。パワフルに防御をぶち破る戦い方は、シニアのイングランド代表そのもの。NO8エリス・ジェンジは、まるでジョナ・ロムーみたいにタックラーに自ら当たりに行っては吹っ飛ばしていた。最終スコアは、61-7。「55分はディフェンスでしたね。よくやったほうでしょう」と藤田監督もお手上げの表情だった。写真は試合後に健闘を称えあう両チーム。

201305023

9位~16位決定トーナメントは、國學院久我山がカナダのアールマリオットセカンダリースクールと引き分け、トライ数、ゴール数とも同じため、「最初にトライしたチームが勝利」という大会特別ルールで敗れた。この他は日本勢(茗溪学園、佐賀工業、長崎南山)が勝ち進んだ。

5月3日は大会はお休み。4日に順位決定トーナメントの2日目が行われる。トップ8のほうの準決勝は、ニュージーランド対オーストラリア、イングランド対南アフリカという組み合わせになった。実は、ニュージーランドのセントケンティガンカレッジは、スコットランド系の学校で独自のハカ(ウォークライ)も持っていない。その代りといってはなんだが、南アフリカのDPT.HSが、チームに伝わる伝統のウォークライを披露してくれている。この大会にやってくる南アフリカの高校は、いつも結束力が強く、気合が入っている。ラグビーが教育的なものとしてしっかり根付いていると感じると同時に、南アフリカの人のラグビーへの愛がひしひしと伝わってくる。

4日の日本勢同士の対戦は、常翔学園対御所実業、東海大仰星対東福岡があり、こちらも注目である。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ワールドユース3日目 | トップページ | 福岡、藤田先発(日韓戦メンバー) »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57296033

    この記事へのトラックバック一覧です: ワールドユース4日目(5月2日):

    « ワールドユース3日目 | トップページ | 福岡、藤田先発(日韓戦メンバー) »