« 日本代表対UAE戦結果 | トップページ | 訃報:近鉄ライナーズより »

帝京大対筑波大戦

201305121

12日の日曜日は、全国各地でたくさんの注目試合やラグビー祭があったのだが、僕は関東の大学春季大会の帝京大学対筑波大学戦を取材した(帝京大学G)。帝京大学の中村亮土キャプテン、筑波大学の内田啓介キャプテンなど日本代表、U20日本代表組は出場しなかったが、両大学には、この世代の才能ある選手がひしめきあっているのが良く分かる試合だった。

立ち上がりから激しい接点の攻防が続き、スピーディーなパスワークからのランなど、詰めかけたラグビーファンの皆さんをうならせるプレーが続いた。帝京がPR森川のトライで先制すると、筑波もNO8山本がラインアウトのこぼれ球を拾って約50m独走のトライを返す。他のプレーを見ていても、山本浩輝の才能は底知れない気がした。

帝京はWTB磯田が相変わらずの俊足でトライを奪い、筑波もWTB久内、FB山下らがディフェンスを切り裂いた。帝京FB竹田宜純(兄)に、筑波CTB竹田祐将(弟)がタックルする兄弟対決のシーンもあり、高校ラグビーから見ているファンの皆さんには興味深い試合だったろう。

後半に入ると、帝京がスクラムトライを奪いなどFW戦で優位に立ち、筑波のディフェンスを崩してトライを重ねた。最終スコアは、48-17。これに日本代表組が加わったらどこまで強くなるのだと末恐ろしい強さだった。ただ、筑波もタックル後のブレイクダウンをきれいに乗り越えてターンオーバーしたり、前に出るタックルで帝京FLイラウアらパワフルな選手を一発で倒す場面も多く、個々の能力の高さを見せつけていた。

両チームのメンバーの中で唯一の1年生は帝京LO飯野晃司(三好高校)。189センチ、102キロで、「積極的だった」と岩出監督も及第点をつけた。いずれはNO8でプレーしてほしい選手のようだ。試合を総括して、岩出監督は「今やっていることを発揮して、積み上げたいと思っていた。いいところもあったし、いま一つのところもあった」とまずまずといった表情だった。「今は立ってプレーすることに集中しているので、記憶に残るような練習をしていきたい」。

日本代表でUAE戦に出場した中村亮土キャプテンもいたのだが、「久しぶりに会いました」と岩出監督。キャプテンが不在になっていることについては、「リーダーは他にもたくさんいますから。彼がもし、いまここにいたらマネージメントの事で頭がいっぱいだったでしょうし、一選手としてエディーさん(日本代表ヘッドコーチ)が鍛えてくれているのは、ありがたいです」と話していた。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表対UAE戦結果 | トップページ | 訃報:近鉄ライナーズより »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今年も、というか、今年はこれまでよりも一層盤石な雰囲気。
    早くもお手上げ感が漂ってきている……

    投稿: テルキー | 2013年5月13日 08:26

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57369852

    この記事へのトラックバック一覧です: 帝京大対筑波大戦:

    « 日本代表対UAE戦結果 | トップページ | 訃報:近鉄ライナーズより »