« トンガ代表戦結果 | トップページ | ラグビー本・三冊発売 »

ジャパンセブンズ結果

26日は、ウイダージャパンセブンズ2013の行われた秩父宮ラグビー場にいた。大会の模様は、ダイジェストで、6月1日、20:45~22:00、Jsports1で放送される。その解説だった。

出場したのは男子12チーム、女子3チーム。男子は、トーナメント1回戦の勝ち上がりチームがカップトーナメントに進み、負けチームがコンソレーションに進む仕組みで、女子は、3チームの総当たりで順位を決めた。朝9時半、リコーブラックラムズ対NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦で始まった大会は、トップリーグのスピードスターが個人技を披露しあって、駆けつけた熱心なファンを喜ばせた。

女子の優勝は、日本体育大学ラグビー部女子、MVPは小磯雅子選手(横須賀学院高校)が選ばれた。男子のコンソレーションではNTTコムが優勝。カップトーナメントは、リコーと東芝ブレイブルーパスの決勝となったが、その前の準決勝も熱かった。

NECグリーンロケッツ対東芝は互いにボールに激しく絡み合ったが、最後はブレイクダウンでカウンターラックから東芝がトライする「らしさ」を見せて決勝に進出。もうひとつ、サントリーサンゴリアス対リコーの準決勝では、リコーの横山兄弟が大活躍し、サントリーのディフェンス網を翻弄した。印象的だったのは、NECのPR瀧澤直選手の114キロとは思えない運動量とスピード。ディフェンス、突破、スクラムと奮闘した。7人制日本代表入りに向け、猛アピールといったところだ。

決勝戦はリコーと東芝が死闘を繰り広げた。東芝が伊藤真の独走で先制し、夏井のトライで12-0としたが、リコーも反撃して前半終了間際に横山伸一が逆転トライ。結果的にはこれが大きかった。決勝戦だけは10分ハーフだったので、東芝は無理に攻めず、タッチに出して、12-7とリードしたまま折り返したほうが良かった気がした。結局は、反則を犯して、そのPKから走られた。

後半も東芝が伊藤のトライで先制したのだが、最後も横山伸一が約50メートルを独走してトライし、28-26でリコーが競り勝った。MVPは、その横山伸一。「優勝を見ず、一戦一戦、戦おうと言って臨みました。7人制で何をすべきか、シンプルに突き詰めて勝てたと思います。7人制日本代表復帰も目指したい」と、前向きに語った。

表彰式の最後には松田努選手の引退セレモニー。「最後にチームとして、リコーと真剣勝負ができたことは、いい思い出になりました。負けたのは残念ですが、僕自身は今できる範囲の力を出し切ったので、楽しかったです」。最後は、チームメイトに15回胴上げされて秩父宮ラグビー場の芝を後にした。

写真は、チームを代表して準優勝の副将を受け取る松田。
Matsuda

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « トンガ代表戦結果 | トップページ | ラグビー本・三冊発売 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ラグビーウィークリーでちらっとダイジェスト見ましたがスタンドがらがらでしたね…(特にメイン?)

    それにしても松田選手お疲れ様でしたっ!

    投稿: 亮 | 2013年5月28日 23:31

    こういう単発の大会では、強化には繋がらないですよね。
    東日本社会人セブンズを新設。トップリーグ16チームはまず、東日本・関西・全九州セブンズにそれぞれ参加。その上位チームが、ジャパンセブンズに勝ち上がって、日本一を争う大会にして貰いたい。
    また、YC&AC・関東大学リーグ戦1-2部・東日本大学セブンズの優勝チームも加えて、16チーム出場。
    これで各7人制大会が、日本一決定戦への出場をかけた戦いになり、より本気度が増しそう。社会人対大学の対決も楽しめますし。

    投稿: 坂石町分 | 2013年5月28日 12:54

    ラグビー選手の50m走のタイム、実名入りで誰か教えてくださ〜い。興味ないですかね?

    投稿: えいじパパ | 2013年5月27日 21:00

    馬鹿も休み休みに さん

    その野球選手のデータの情報源は何ですか?

    僕の知る限り野球は足の遅い選手でも活躍できるスポーツですよ。
    元巨人の元木さんの鈍足は有名だと思います。

    ちなみに、50m走の日本記録は、朝原宣治さんの5秒75だそうです。
    http://ja.wikipedia.org/wiki/50m%E8%B5%B0

    投稿: XLsize | 2013年5月27日 19:46

    足の遅い日本人ラグビー選手のセブンスに未来はありません。
    例えば野球なら日本人でも50メートル走6秒フラットでもチーム屈指の俊足とは言われません。足で飯を食うと言われる選手は5秒8ぐらい。
    6秒2~3程度でトップレベルでチーム1,2を競うと言われるラグビー選手の足の遅さは彼等にしてみれば冗談にしか思えないそうです。
    そう教えてくれた選手は50メートル走で6秒5、アマチュア全日本のクリーンアップを打っていたが、全日本ではなく所属チームでさえ1,2を争う鈍足だったとか。
    足の速さという一点に絞ってさえ国内アスリートの下層が集まっているのがラグビー選手の現状です(だからといってラグビーが嫌いなわけではないし、選手に対する尊敬心はもちろんあるよ)。
    ましてやスペースを走りきるのが必要なセブンスで、体格、スピードに劣る日本人が通用しないのはJSPORTのセブンス国際大会のダイジェストを見れば判るでしょう。15人制よりもはるかに個々人のスピードとフィットネスが問われるのが7人制。
    セブンスについて論じるなら、思いつきではなくて、かってラグビークリニックに掲載されてセブンスのNZ監督のティッツェンのインタビューを読んでから論じて欲しいね。

    投稿: 馬鹿も休み休みに | 2013年5月27日 14:02

    本当に7人制をもっと利用しないと…オリンピック競技ですよ!?
    最高の表舞台だと思うけどな

    メンバー見ても、ウ~ン(*_*)って感じですよ、はっきりって。。

    DNA位の新しい企業が本腰入れてセブンスに参入してくれないかなぁ~

    あと、村上さんのblog、スマホから出来ないとか今時、ちょっと厳しいです(^-^;

    投稿: ナガサキング | 2013年5月27日 13:41

    協会はセブンスをフットサルのようにに見ているのでしょう。本格的な取り組みがいつまだたってもできません。先日の東京セブンも、まだまだこれから、との報道がありましたが、日本が香港セブンの第一回から参加していること、昔はかなりの活躍をしていたことなど皆さん忘れてしまったのでしょうか。このままでは、オリンピックには出られないでしょうし、セブンスは日本に定着しません。15人制のラグビーの活躍でラグビー人気の復活を目指すのであれば、今度のウェールズに勝てますか。大敗してますます人気が落ちるだけです。セブンスの可能性を信じるものとして憂慮に堪えません。

    投稿: 山本 昭 | 2013年5月27日 10:04

    親子でピッチでのイベントや選手との写真撮影などで丸一日楽しめました。

    …が、PR不足やセブンズの認知度の低さで、客足は例年どおり低調なまま。オリンピック競技として、国内トップが集まるゲームがこれしかないというのは、大問題だと思う。冠スポンサーも、これじゃ定着しませんよ、きっと。

    本気でオリンピックで勝ちたいなら、セブンズを秋冬にも公式戦として実施しないと、話が始まらない気がする。リオにはもう遅いんじゃないか。

    投稿: えいじパパ | 2013年5月26日 22:58

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57463671

    この記事へのトラックバック一覧です: ジャパンセブンズ結果:

    « トンガ代表戦結果 | トップページ | ラグビー本・三冊発売 »