« 「心で見る」トーク&サイン会 | トップページ | 大阪北浜でヒーローズがイベント開催(連日トークライブあり) »

ウェールズ第1テスト結果

快晴、気温30度を超える花園ラグビー場は、2万0152人(公式記録)の観衆で埋まった。立見席まで人があふれるスタジアムは久しぶりだった。大学、高校、中学、ラグビースクールなど競技者がたくさん訪れたことにも価値がある(関係者の話では、6,000人以上)。自分達の代表チームのプレーを見て、さまざまなことを感じることに意義がある。そして、熱いラグビーファンの皆さん。きょうの観客の声援はたしかに選手の力になっていた。

「勝てなくて、すごく残念です。チャンスは作れたのに生かせなかった。ウェールズはそれを生かした。テストマッチはチャンスを生かせるかどうかがすべてです。ただ、選手の努力は誇りに思います。日本ラグビーを変えようという気持ちがみなぎっていました。なにより、満員の花園ラグビー場でできたのが素晴らしい。気持ちを切り替え、来週の試合に集中します」(エディー・ジョーンズヘッドコーチ)

「本当に悔しい思いです。たくさん集まってくれた観客の皆さんに勝利をプレゼントしたかったです。満員の花園で戦えたことを誇りに思います。パスとサポートの正確性を高めて、来週は成長した姿を見せたいです」(菊谷崇キャプテン)

午後2時のキックオフから、日本代表は慎重に試合を運んだ。「ウェールズは防御ラインの後ろにスペースがある」(ジョーンズHC)と、SH田中史朗らがキックを織り交ぜ、縦に横にウェールズの防御を揺さぶった。15分、20分とFB五郎丸がPGを決めて、6-0とリード。ウェールズSOビガーに2PGを返されるも、37分、ゴール前のラインアウトからのサインプレーで、FLブロードハーストがトライし、11-6とリードして前半を折り返す。

後半に入ると、ウェールズもFW周辺の縦突進を多用しながら力強く前進を図り、攻撃のテンポを上げていく。日本のタックルもやや後手に回った。2分、11分と訪れたPGチャンスを決められなかったのは痛かったが、大事なところのラインアウトを確保できず、簡単なミス、反則もあった。反省点は多い。ビガーに2PGを決められ、11-12と逆転を許す。

残り20分、本当の勝負の時間帯に入ったが、ここでウェールズは、FBリーアム・ウィリアムズがタックルを受けながらの背面パスを決めて、WTBロビンソンのトライを導く。ここでも、日本は直前のプレーでボールをキープできたはず。もったいない失点だった。これで、11-19と8点差。しかし、日本代表も29分、田村、立川、サウとパスをつないで、WTB藤田が右中間にトライ。五郎丸のゴールも決まって、18-19と再び1点差に迫る。このときの歓声は凄まじかった。

最後は、ウェールズの途中出場パッチェルにPGを決められ、18-22で敗北。歴史的勝利の目撃者になりかけた観客にとっては残念な結末だが、立っているだけで汗ばむ暑さのなかで戦い抜いた両チームに惜しみない拍手が贈られていた。

日本のディフェンスは完全に崩されたのは、トライを獲られた一本だけで安定していた。SH田中史朗の視野の広さ、落ち着いたプレーぶりも目を引いた。スクラムも途中から修正できた。ゲーム運びも改善されていた。それだけに大魚を逃した感がある。逆に言えば、慣れない気候、完全アウェイのなかで、勝負どころを逃がさずスコアしたウェールズは、若手主体とはいえトップのプロ選手から選りすぐられた能力の高さを発揮していた。

勝ったウェールズのマクブライドヘッドコーチは、「この状況下でよくやったが、前半はゲームをコントロールできなかった。ジャパンは思っていた以上に力のあるチームだ」と語った。次戦の6月15日、ウェールズはどんな戦略で日本を倒しにくるのか、日本は再びウェールズを追い込み、歴史的勝利をあげられるのか。秩父宮ラグビー場にも、多くの観客が集うことを期待したい。

■試合結果
日本代表●18-22○ウェールズ代表(前半11-6)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 「心で見る」トーク&サイン会 | トップページ | 大阪北浜でヒーローズがイベント開催(連日トークライブあり) »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ハイネケンカップなどでよく見るゴールキック時に両手を前に伸ばしユラユラさせる「はいれ~」の祈りのポーズ、あれが日本でも流行ればいいなって思います^^

    投稿: その辺のひと | 2013年6月14日 00:28

    山下専務がfacebookでえいじパパの本名を発見してくれました!さすがラグビーファミリー!!

    まだ参加されていない方はすぐfacebookでラグビーファミリーのページにメンバー登録しよう!ただいま5000名突破、ターゲットは10000名!

    投稿: えいじパパ | 2013年6月13日 19:56

    えいじパパさんの仰る通り コメントでディスカッションってのも如何かと…
    僕は行き過ぎた点や不快に感じられた点の謝罪が出来ればと…
    僕の言うオーガナイズとは組織化とはニュアンスが違います
    あくまで一つになる事が目的です

    また海外の試合でも仰る通り 画一化された応援はあまりなく 国名を連呼!がスタンダードです
    しかしフランスW杯からトップリーグに至るまでファンファーレ等も定着し
    牧歌的なW杯もNZ大会が最後かと…
    そんな中 いみじくも我等がエディーさんがJAPANはラグビー界のiPhoneになるとの発言
    思えば海外のサッカーでも国際試合でまとまりのある応援は日本位のように感じます
    どこも自然発生でスタジアムが一つになる事が出来る国ばかりです
    これには文化的背景も影響してるかと思われます
    翻って日本はリーダーが存在し、多少騒ぎたいだけの若者さえも巻き込んで今日があるように思われます
    日本は JAPANは チームワークがあって当たり前!
    サッカーの本田圭佑がコメントしてましたが
    ラグビーは サポーターはどうでしょうか?
    本音として好きな人が5000人いれば良いんでしょうか?
    まだ関心はない10000人を巻き込んでしまうのは意味がないんでしょうか?
    僕は 個人的な意見で申し訳ないですが
    旧き善き文化にとらわれ過ぎて 気付けば 観客はマニアだけになってしまった
    のが今のJAPANラグビーの問題の一つと思われます
    NZにW杯で大敗した事や協会の取り組みが怠慢だ とか他にも色々言われてますが オープン化されて海外のラグビーを取り巻く環境は選手のみならずサポーターにも様々な影響を及ぼしてます
    観客にはサポーターとオブザーバーが居て然るべきなんで 僕が一つになってほしいと願うのはサポーターのみです
    オブザーバーの方には見苦しい点は多々あると思いますが
    目的地はまずJAPANラグビーの復活
    W杯日本大会の成功です

    その点で 一つになりましょう

    Facebookでは山下洋で登録してますのでそちらで是非色々勉強させて下さい
    宜しくお願い致しますm(__)m

    投稿: ラグビー普及立ち呑み処 大星酒店 | 2013年6月13日 14:36

    ラグビーには他のスポーツには無い、いい文化がたくさんあります。
    レフリーへのリスペクト、試合後にキャプテンを伴ったHCの記者会見、アフターマッチファンクションetc。
    試合会場での応援もその一つで、トップリーグの試合で大雑把ではあるけど、野球のようにチーム毎に座る場所が決まっている事に違和感を感じていました。
    両チームのファンが一緒になって、試合全体を応援する会場の雰囲気は残って欲しい。
    ラグビーが大好きな気持ちは一緒ですから、リーダーが先導する応援を全面否定するつもりはありませんが、やはりラグビーの持っている文化は大事していきたいです。

    投稿: ヒナトモ | 2013年6月13日 08:27

    スタンドでの応援について…この村上さんのブログへのコメントも良いですが、皆さんでより広く意見を交換するためにも、田中フミ選手が立ち上げたfacebookのラグビーファミリーのページへ投稿されてはいかがでしょうか?
    メンバーになっていない方は是非ご登録を!

    投稿: えいじパパ | 2013年6月13日 05:25

    正直、応援の組織化は興ざめです。ラグビーとはそういうものではありません。応援するチームの勝利は祈るものの、両チームのよいプレーを願うのがラグビーです。バレーボールやサッカーのように世間に浸透させて一般化するために応援コールを統一するという手法もあると思いますが、もっと大切なことがないがしろにされています。柔道や剣道で同じような応援はありますか?本場の国のラグビーで同じような応援はありますか?一般化するために大事なものを失ってはいけないと思います。自分はラグビーを知らない人を連れて行っても「あのような応援をしないのがラグビーの美点」と説明しています。可能であれば、すぐにでもやめていただきたい、というのが正直な気持ちです。一つ一つのプレーに対する拍手や歓声、試合が終わってからの拍手や歓声、それで十分ではないでしょうか?
    良かれと思って取り組んでいただいていることが、ラグビーの大切な部分を汚しているような気がしてなりません。毎試合、熱心に応援を組織化しようとしている方、ぜひ、ご検討をよろしくお願いします。

    投稿: tw | 2013年6月12日 22:50

    かなり気色ばんでウェールズを応援しましたが楽しみは今週末に取っておきたいです。クームズはやはりセカンドローで出て欲しいです。彼の二列からの仕掛けとワークレートの素晴らしさは群を抜いてます。プロップのミッチェルが出れば捻りあげてくれると思いますし、やはりトム・プライディーの登場はmustと思います。若くしてデビューを果たし、その後何度も消えかかり決して優遇もされずニューポートでラグビーを諦めなかった男です。このテストマッチを熱くさせる存在と信じます。マクブライドも分かってると思います。

    投稿: タフィー | 2013年6月12日 22:17

    ラグビー普及立ち呑み処 大星酒店さん
    いつも盛り上げ役ご苦労様です。私は「ファイト一発!」は興醒めと書きましたが、正直な思いです。
    昨年のPNCサモア戦では、自然にニッポンコールが発生しましたが、スタジアムのその時々の状況で様々に変化する雰囲気が生き物のようで、そのような自然な成り行きを結構楽しんでいます。
    がしかし、ここぞという時盛り上げ役のリーダーは絶対必要と思います。全員に賛同を得られ、一体感を作れるような応援方法を考えるのは容易ならざることと存じます。これからも盛り上げリーダーよろしくお願いします。

    投稿: Do | 2013年6月12日 17:23

    ファンとは言え、毎試合ジャパンの応援に行かれる方はそれなりのご労もおありかと思います。

    私はたまに応援に行く程度ですが、試合の流れで「ココ!」って時あるじゃないですか。敵陣深く入ったMyラインアウトとか、自陣ゴール前スクラムとか。ああいう時におなじみの「ニッポン チャ チャ チャ!」でも起これば便乗できるのに、選手に届くのに、と思って観ています。自分からコールもできない私が悪いのですが。

    確かにラグビー日本代表をジャパンということもありますが、わかりやすさからニッポンでもいいと思います。

    W杯フランス大会で「ジャポン チャ チャ チャ!」が試合の流れで自然に発生していたのがとても印象的でした。

    投稿: のぶ | 2013年6月12日 15:49

    あと一歩さん
    2のファイト一発は2008年から一体感が欲しくて僕が言い出し始めましたが 色んな人に親しまれてると思ってました
    しかしなかなか一体感は得れてないのが実情です
    3は僕本人です
    すんません つい興奮してしまいました

    僕は観客の一体感 さらに闘ってる選手との一体感を常に求めてるんですが
    正直 賛同してくれる人とけむたがられる人との温度差にいつも困惑してます
    目立つと反感をかう
    でもリーダーは必要
    グラウンド内外問わずラグビーとはそういう物だと感じてます
    満員の観客が一過性ではいけない
    観客の盛り上がりも チームの強化と同じで継続性がなければ
    サポーターのオーガナイズは正直多難です
    趣味趣向 好き嫌い 楽しみ方も千差万別です
    JAPANラグビーの戦術もトップから子供まで共有化が必要
    サポーターも同様と感じてるのは僕だけでないと信じてます

    生憎 秩父宮は行けませんが店テレビでお客さんと一つになって応援したいと思います

    最後に 僕なりにいつも一生懸命応援してきましたが それによって不快に感じてる方の存在も気掛かりでした
    ここにお詫び申しあげます
    今後ともアドバイス ダメ出し 賜りますよう お願いいたします

    追伸
    田中史君にあやかって決戦の朝 気合いで頭丸めましたが 選手に坊主頭…いませんでした(>_<)
    ヘッキャも山下選手のみ…
    完全に空回りでした(笑)

    投稿: ラグビー普及立ち呑み処 大星酒店 | 2013年6月12日 10:29

    「ファイト一発!」は私もやめた方がいいと思う。製薬会社の応援に来てるわけでは無いので。何と言うか、興醒めですよね。

    投稿: Do | 2013年6月12日 08:12

    試合内容は皆さん書かれているので、応援やマナーで残念に感じたことを書きます。
    1.近鉄の中井選手への黙祷の際や国歌斉唱の際に、帽子を取らない人が多数いたのには正直ガッカリしました。
    2.スクラムの時(ヤンボー時)、ウルトラクイズみたいな帽子をかぶった人が、「ファイト一発」と叫んでいた(他のお客さんにも要求していた)が、はっきり言ってスクラムを組むタイミングが乱れるからやめてほしい。アーリーエンゲージ等の原因になりかねない。秩父宮にも行かれるのなら絶対やめてほしい。
    3.ヘッキャをかぶった人がバックスタンドの前の手摺りの上まで登って応援していた。危険だし子供達がたくさんいるので、やめてほしい。
    賛否両論あると思いますのでご意見あればお願いします。

    投稿: あと一歩 | 2013年6月10日 19:09

    ウェールズ第1テスト、ようやく録画見終わりました。フィジー戦はいまだに見れていません…。
    残念ながら結果知ったうえでの録画観戦でしたので、リアルタイムでご覧になった方々とは気持ちの共有にギャップがあると思いますが、『勝ちを逃した』という印象はなかったです。

    満員の花園には驚きでした。関西協会のヤル気が伝わってきます。
    村上さん解説にあったように、『やってる人間がテストマッチを見に来ないのはおかしい』は同感ですね。

    第2テスト、行くつもりなかったのですがチケット買いました。微力ながら雨が降ろうが台風が来ようが、ジャパンの応援頑張ります。
    そして歴史の証人になれることを期待しましょう。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年6月10日 16:29

    試合を現地で観戦した高校生の息子の感想を書かせていただきます。
    体格差は一目でわかったが、ジャパンは気持ち負けすることなく、積極的なプレーに感動したとのことです。
    セットプレーの大切さ、チームメイトでキッカーを務める人は昨日は一生懸命にキックの練習をしていたそうです。
    自分たちと年の近い、大学生のジャパン、間近な目標にかなり刺激になったようです。
    今回、チケット価格も安価で子供たちが生のテストマッチを観戦できる機会はジャパンを強くするためには大切な事だと思います。高校生の前座試合があれば、もっとよかったと思います。

    投稿: if | 2013年6月10日 15:15

    内容についてはいろいろ出ているので割愛…

    以下の点は正式に抗議すべきだと思います。

    ①後半12分、ドロップアウトダイレクトタッチから藤田選手のクイックスローを妨げたデービス主将のプレーは5mライン以内なので明らかに反則(フリーキック)(平林レフリーも目の前で見ていましたよね…)。特にこれは成功すれば大チャンスとなっただけに重大。
    このままだと藤田選手のミスみたいな印象になり彼自身も消極的になりかねない。

    ②(サイドスタンドから見ていたのではっきりと見えたのですが)後半15分のウェールズボールラインアウトは明らかにノット5m。これも一つ間違えれば失点に繋がりかねない。

    ③(これもサイドスタンドから見ていたのではっきりと見えた)ウェールズ2番フィリップス選手はラインアウト投入時、ボールを離す前にタッチラインを踏み越えている。もしくはダブルモーション。これが複数回あった(これについてはジャンパーから見えると思うので確認するよう主将を通して言うべき)。

    テストマッチで許されるジャッジでは無いでしょう。はっきりいってレフリーに舐められていると思います。今までもあったし、何も言わないとこんなジャッジがずっと続きますよ。

    投稿: 通りすがり | 2013年6月10日 00:20

    てっきり、大量得点取られて大敗すると思っていたら・・・。夢を見そうになりました。惜しかったですね。15日、勝つといいな・・・。夢見させてください。

    投稿: 曽根崎あかね | 2013年6月 9日 20:09

    サモアがスコットランドに勝ち、カナダがフィジーとトンガに勝った。ライバル達が結果を出した。「JAPAN」も続け!ウェールズに勝て〜(^-^)/

    投稿: nick | 2013年6月 9日 19:50

     生観戦に行って、試合自体は確かに興奮しましたが、やはり実質ウェールズA代表にも勝てない実態を痛感したと言うか。

     子供の頃からラグビーを楽しんで、草の根レベルでラグビーを語る人が多いであろうウェールズと、中学・高校でやっとラグビーを始める日本の差なのかな~と、

     もう時間はないので、更なるリーグの大改革を急務だと思います。大学生でも地元のトップリーグかその下のチームに参加出来る様にするとか、トップチャレンジをリーグ化したU23をそれに加えるとか、最後の手段で日本代表をトップリーグにブチ込むとか。

    投稿: トリック | 2013年6月 9日 19:00

    満員の花園に感動しました。日本ラグビーの人気が復活しつつあるのでしょうか。村上さんが言われていたように、秩父の宮も満員にして歴史を造って欲しい!
    堀江と田中の自身を持ったプレーが皆に伝染した気がしました。やればできる。最後は気持ちですね。
    PGを2回外して流れを渡したのが痛かった。11分のやつは外す気がしました。ラインアウトからモールを狙った方がよかった。フィジー戦もタッチキックのミスがあったし、もっと練習せんとあかんで。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2013年6月 9日 17:25

    古い話しで恐縮ですが、1978年のイングランド来日の時、初戦花園19-21で惜敗(一旦はヒゲ森のトライで逆転し歴史的勝利目前でした。)し、期待した秩父宮での2戦目は、奮起したイングランドにより前半で勝負を決められたことがありました。ウェールズも2戦目は、前半で勝負を決めに来るでしょう。まず前半、昨日の試合よりも半歩でも一歩でも前にでて死に物狂いで止め、敵の意図を打ち砕いて欲しい。そうすれば勝機が訪れると思います。15日は観戦に行くのでよろしく。

    投稿: ハミルトン | 2013年6月 9日 14:52

    トンガ戦の雰囲気が一変した締まった好いゲームでした。

    攻撃的で低いタックルが見られ、選手の気持ちを感じました。


    今回はボールの球出しが速く、左右に散らせたと思います。

    ゲーム内容は良かったと思います(ミスなどの課題は多いですが)。


    ボールを左右に散らすことで相手を翻弄できるケースでは、

    やはり、縦への突破が前提にあるからだと思います。


    本来、突破役は外国人に期待されているわけですが、

    昨日のツイは不合格点です。


    現在のジャパンで突破役を期待できるのは、
    フォワードで、ブロードハースト、リーチ、ツイです。

    本来、エイトのコリが突破するのですが、
    菊谷では、世界の強豪に対する突破に無理があると思う。


    その分、ツイには強力に縦へ突破して欲しいのですが、
    昨日は、お嬢さんラグビーしてましたね。


    フォワードで、2度3度、縦をつき、
    バックスに散らすことで、相手の守備にほころびが出るのが基本中の基本ですが、

    現在のジャパンには、突破役がブロードハーストだけです。

    あと2人、フォワードに、強力なぺネトレータが必要です。


    スクラムは、苦しみましたが、よくできたと思います。

    昨日は後半のハタケが意地を見せましたが、プロップの山下も強いです。

    山下については、前回のフィジー戦もそうですが、強烈な好いタックルしますね。


    一方、バックスは機能してました。

    ハーフの田中、立川のスタンドオフ、現時点では最高です。

    スタンドオフは、処分があけた神戸の山中と争ってほしいと思います。

    ただ、山中は、フィジカルの強い相手に対してビビる癖を克服しないと無理ですが。


    両ウイングも好かった。

    福岡のリカバリーの速さとディフェンス力は、世界に通じます。

    福岡は、強靭さとセンスが抜群です。南アのウイングみたいでした。
    経験を積めば、間違いなく、世界の強豪に通じるプレーヤーです。


    藤田も無難でした。


    課題点は、相手がハイパントをして競ってきたときです。

    競う相手のウイングは、190-195センチ、100キロオーバーです。

    勝負できますか?

    対策ありますか??

    相手のハイパント処理でミスをすれば、そのままトライされてしまいます。

    課題点は多いですが、

    昨日の頑張りには、選手に心から拍手を贈りたい。


    次戦も期待して観戦します。

    投稿: ラグビーファン | 2013年6月 9日 12:19

    前半、不用意な反則が多かったですね。
    特に、密集で倒れてたプレイヤが、起き上がってそのままタックルに行ってたのは「?」でした(確か複数回あった!!)。
    あんなもの、オフサイド取られない方がおかしいやろ、と。

    倒れてすぐ起き上がる意識づけの影響で、気合が空回りした場面でしょうか。
    入れ込み過ぎるぐらいの気迫自体は買いですが、あんな初歩的ミスは・・。


    チームとして日の浅い状態ですら、縦突破はJAPANに有効だったわけですから、より組織化された次戦は、より縦突破が有効に活用されてくるはず。
    次戦は苦しいですが、我慢と工夫で何とか勝利を手にしてほしいです。

    頑張れ!!JAPAN!!

    投稿: かもめのJONA | 2013年6月 9日 10:42

    今日の収穫は、後半15分くらいに、目に見えて動きが鈍った以降に大きく崩れなかった点かなと。
    日テレの録画で見ましたが、なかなかカッコいい作りでした。
    継続してほしいのと、放送を増やしてほしいかなと。

    投稿: テルキー | 2013年6月 9日 09:46

    15日は秩父宮へ行くことに決めました。そして歴史の変わる現場に居た事を宝にしたい。

    投稿: 腐乱架腐乱架 | 2013年6月 9日 09:27

    花園で観戦しました。若手主体とはいえ格上の相手に、勝負所であれだけのミスをしては、勝利はおぼつかないと思います。選手も個々に悔しい思いはあるのでしょうが、それも伝わってこないような印象もありました。試合後にウェールズの控えの選手が、グラウンドに残り長時間トレーニングをしていたのも印象的でした。一方で、田中選手のたくましさには驚きました。厳しい経験を継続していかないと、先はないのかと思います。

    投稿: さるぞう | 2013年6月 9日 08:29

    選手の気持ちの入ったNiceゲームだったと思います。低いタックル、ポイントへの寄りの速さ…選手を尊敬します。また、ラグビーに関わる人達を動員された、関西協会さんのファインプレーですね。また、気温・湿度・前評判など、勝つ雰囲気でした。
    それでも勝てないジャパンなんですね。 今春〜夏のハードスケジュールの先には強いジャパン・勝つジャパンがあると信じて応援続けます!!

    投稿: 頑張れ!別府RS! | 2013年6月 9日 08:26

    いやぁ悔しい!そして惜しい!
    今録画放送見ましたが放心状態です…(^^;)

    やはり肝心な所でのミスが痛い…これらがなければ勝てた試合だと思うのでホント悔しい!
    ただ過去のウェールズ戦の大敗の日々を思うと、このスコアはよくやったとも思うのですが甘いですかね?

    そして今日何より嬉しかったのが花園が超満員になったこと!やっぱり代表戦はこうでなくちゃ!秩父宮も超満員にしてその中で今度こそ勝ちましょう!!(といいながら自分は行けません…上司のバカヤロー笑)

    投稿: 亮 | 2013年6月 9日 01:38

    テレビ観戦。
    花園で観戦されていた方。本当に悔しかったと思います。
    私ももう一歩、あと少し・・・。

    今日の敗戦。
    負けて評価するのもどうしたものか?と思いますが・・・。
    PNCの2戦と比較すると、選手一人一人が「勝ちたい」「勝つんだ」と言う感じがした試合だったと思います。

    来週は秩父宮でJAPANを応援します。
    今日の戦いでウェールズも一段と対策をしてくるでしょう。
    気温も今日ほど上がらず、雨かも知れません。

    勝つ確率は今日より低くなるかも知れません。
    でも、是非勝ってほしい。
    がんばれJAPAN。

    投稿: のん | 2013年6月 8日 23:29

    今日のジャパンのメンバーの中で、京都出身の選手が4人、そのうち中学時代からプレーしていた選手が3名。そのうち伏見工業出身が2名。京都のラグビーがいかに素晴らしいかを物語っている。次週に期待。

    投稿: tk | 2013年6月 8日 22:57

    今日の花園の満員の観衆は、間違いなくJAPAN惜敗の立役者だ。91年WC予選の平日、ネクタイ姿のサラリーマンが秩父宮のゴール裏で両手を突き上げた、あのトンガ戦を思い出した。

    投稿: 1st.fe | 2013年6月 8日 22:23

    満員の競技場でラグビーを観たのは初めて。
    もちろん、ウエーブが一周したのを観たのも初めて。
    だからこそ、初めてウェールズに勝つところを観れるはず。

    と、ラスト10分は歴史の目撃者になれると信じてたのですが、
    惜しい!じゃダメなのはわかってるけど、けど、けど、

    惜しかったよ~!!

    投稿: 六太 | 2013年6月 8日 20:52

    惜しかった。でも負けは負け。秩父宮に行くので、次は勝ってくれ〜。頑張れ〜「エディーJAPAN」(^-^)/

    花園の観客の一体感は最高でした(^-^)b

    投稿: nick | 2013年6月 8日 20:28

    後半途中からテレビ観戦。トライ数では2ー1だが、やはり勝ち方を心得てると感じた。ウェールズも来週は危機感を持って準備してくるだろうから、JAPANとしては用心したい。百も承知だろうけど。

    試合内容からすれば勝つべき試合だったと思う。フィジー戦は大雨だったけど、今日は真夏日。選手達本当にお疲れさま。

    投稿: Do | 2013年6月 8日 20:26

    只今、花園より帰還。
    大量差で負けるという予想は見事に外れ、勝てると何度も思った。
    結果は残念であったが、久しぶりに花園が沸いたし観客の声援も熱い
    ものがあった。

    力では負けていなかった。五郎丸のキックがちゃんと入って入ればが惜しまれる。
    けど負けは負け。勝味を知らない日本が早くこの域を脱してほしい。

    個人的には田中君のプレーが際立って光っていた。
    全身に負けん気のオーラが溢れていて素晴らしい。

    ウェールズに圧倒的な強さを感じなかった。
    だから次戦こそ勝て。勝つのだ!

    投稿: ヒロシ | 2013年6月 8日 20:13

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57550133

    この記事へのトラックバック一覧です: ウェールズ第1テスト結果:

    « 「心で見る」トーク&サイン会 | トップページ | 大阪北浜でヒーローズがイベント開催(連日トークライブあり) »