« ノーサイドPJ・勝手に前夜祭 | トップページ | シェーン・ウィリアムズ、ライオンズへ »

ウェールズ第2テストマッチ結果

最終スコア、23-8。1973年のウェールズ遠征で初めて戦って以来40年、ウェールズ代表と13戦目にして、日本代表の初勝利である。

201306155

6月15日の秩父宮ラグビー場は、2万1062人の観客で埋まった。8日の花園ラグビー場の満員の好影響もあっただろう。ラグビーを愛する人たちの熱が、2試合続けて日本代表を後押しした。日本ラグビーが一体となった勝利だった。廣瀬キャプテンは言った。「大観衆の中でプレーできて感激です。花園でも満員の観客の後押しに幸せを感じました。その感謝を勝利で返したいと思っていました」

午後2時のキックオフ以降、互いのディフェンスが安定していたこともあるのだが、両チームはキックで陣地を刻みながら慎重に試合を運んだ。前半14分、日本代表はFB五郎丸のPGで先制。ウェールズSOダン・ビガーにPGを返されたが、34分、再び五郎丸が40m以上のPGを決めて、6-3とする。

セットプレーでのミスや反則などでいくつかボールを奪われることがあったが、おおむね安定。終盤には相手ボールのスクラムでボールを奪うシーンもあった。地域を獲るキックなどのミスもあったが、きょうの日本代表には、そのミスを致命傷にしない我慢強さがあった。後半早々にウェールズのWTBトム・プライディーにトライを奪われたが、ウェールズのミスをついて攻め込み、連続攻撃からCTBクレイグ・ウイングが右コーナーに飛び込んだ。このトライに至る直前、五郎丸の突進でできたラックサイドをWTB廣瀬が突破し、ディフェンダーを下げたことが、このトライを生んだ。素晴らしいプレーだった。

これで13-8とした日本代表は、19分にも、SH田中のロングパスからCTBサウ、FLブロードハーストとパスがわたってトライ。22-8とした。27分には、田中に代わってSH日和佐を投入。真壁、畠山らも次々に出場させてテンポアップし、じっくり攻めることも織り交ぜて上手く時間を使った。36分、WTB福岡の思いきりのいいカウンターアタックにウェールズがハイタックルの反則。五郎丸のPGが決まったところで勝負が決まった。歓喜の秩父宮ラグビー場。あちらこちらで握手し、抱き合い、涙する観客の姿があった。

長らく日本ラグビーを見続け、応援し続けた人々にとっては格別の勝利だった。

ウェールズのマクブライドヘッドコーチは、「何度も22mライン内に入りながらチャンスを逃した。プレーの正確性を欠いていた。日本はよくコーチングされたチーム。時間を追うごとに、どんどん強くなった」とコメント。ウェールズの記者に「これはウェールズラグビーの後退につながるか」と問われ、「それはない。我々はこの経験を次に生かすことが大切。数年後にこのメンバーから何名が代表のレギュラーをつかんでいるか。このまま終わらせるわけにはいかない」と話していた。

エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチは、こうコメントした。
「チームを誇りに思う。キャプテン廣瀬も素晴らしいリードでした。満員の観衆にも感謝しています。ウィニングポイントは、スクラムでしょう。相手に圧力をかけ、ときに奪うこともできた。そして、選手のファイトする気持ち。何度も何度も起き上がってタックルする。チェイスする。シンプルなことを激しく、80分やり続ける。そうしたファイトを80分間できなければ大試合に勝つことはできません。ただし、まだ世界トップ10への道のりは遠い。方向は間違っていないので、ハードワークを続けていきます。我々には日本ラグビーを変えていく使命があるのです。明日も練習して、カナダ戦に備えます。名古屋には勝ちに行きます」

次は、19日、瑞穂ラグビー場でカナダとの対戦となる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ノーサイドPJ・勝手に前夜祭 | トップページ | シェーン・ウィリアムズ、ライオンズへ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    ジワジワと感動がやってきています。ビデオを繰り返し見る試合は、めちゃくちゃ久しぶりです。マスコミの取り上げ方をみて、改めて結果の重要さを思い知らされました。今日も頑張れジャパン!

    投稿: さるぞう | 2013年6月19日 13:27

    ウェールズ第2テストマッチ結果: ラグビー愛好日記

    投稿: Botanical Slimming | 2013年6月18日 22:10

    喜ぶべきか、悲しむべきか、
    この感動はNZのラグビーファンには得ることのできないものでしょうね。

    ラグビーウィークリー見て皆さんの表情、言葉でまた涙ぐんでしまいました。

    JAPAN FANで良かった-

    (タイガースファンにも通じる気持ちです)

    投稿: ビジネスマン | 2013年6月18日 21:52

    土曜日の秩父宮観戦してきました。
    24年前のスコットランド戦の時は生観戦できなかったのですが、
    今回は歴史を目の前で見ることができて興奮しました。
    選手の皆さん、観客の皆さん、そしてラグビーを愛する人たちのすべての力かもしれませんね。

    ところで、一つだけ気になることがあります。
    それは日本代表なのに外国人が入っている…という報道やコメントがあることです。
    私は、国籍ではなくその国の協会に属しているものも代表になれるのが、
    ノーサイドと同じくらいラグビー文化のスピリットを表している一つだと思っているので、
    そういった声を少し悲しく思っております。

    ラグビーに詳しいマスコミの方が、そのようなラグビーの文化を踏まえた説明をして欲しいと思っています。ワールドカップ開催も控えているわけですし。

    間違ってますかね?

    投稿: tsumo | 2013年6月17日 21:24

    「これで結果を出せなかったら、ボクたちはもう信じてもらえなくなる。」
    前回RWCのトンガ戦を前に確か田中フミが、そんなこと言ってた。結果は完敗。現地観戦した身には相当こたえた。そして土曜日のウェールズ戦、みんな体張ってたよ。もちろん田中フミも。ありがとう、田中選手。また、心からジャパンを応援しようかなって気持ちになったよ。残る2試合も頑張ってください。

    投稿: かも | 2013年6月17日 20:54

    歴史的勝利から2日。
    今もYahoo!スポーツのトップにラグビー関連の記事が出るなど、
    勝つことがもたらす影響力は大きいなと、改めて感じました。
    選手、スタッフ、協会、コアな従来からのファンと、まさにいま興味を持った方々と、
    みんなが一体となって2015年、2019年に向かって行く、そんな大きな一歩となる一勝だったと思います。

    そして、このいい流れを確実なものにするためにも、次のカナダ戦アメリカ戦が非常に重要になってきます。
    村上さんがYahoo!の記事にも書いていた、「ファンをガッカリさせてはいけない」。
    これはトンガ戦を念頭に置いたコメントだと思いますが、
    いまのJAPANは期待に応えてくれる、と常にワクワクするような試合を続けてほしいものです。

    15日は所用で行けませんでしたが、23日は家族で応援に行きます!
    3連勝で春シーズンを締めくくってもらいたいですね(^_^)

    投稿: こうじ | 2013年6月17日 20:24

    両日とも30度を超える猛暑の中、両チームの選手・スタッフ・関係者の方、
    応援に来た方、大変お疲れ様でした。

    幸いにも、8日の花園、15日の秩父宮の両試合を観戦することができました。
    これまでの観戦のなかでも、印象に残る試合となりました。

    シノさんの
    「熱中症に注意を呼び掛けている割には、その対策がお粗末に過ぎたのでは
    ないでしょうか。今後、観客をスタンドに呼び込もうというときに、
    受け入れ態勢がこれでは、せっかく来たお客さんも定着しないのでは。」
    には、私も同様に感じました。

    2試合とも、コンビニでペットボトルを凍らせたものを持参したため
    試合会場で売店に並ぶこともなく、全ての時間帯で試合を観戦できました。

    PNCで、19日、25日も試合がありますので、受け入れ態勢の改善も希望
    しますが、各自用意していきましょう。

    因みに、19日(瑞穂)は残念ながら観戦できません。
    25日は行きますよ!!

    投稿: zkzk | 2013年6月17日 18:13

    ここの所仕事の残業が続いていたのですが、切り上げて開始5分から同僚と観戦しました。黙祷があったのですね。

    ウェールズが2001年にサントリーに負けているのを知っていて、こういう蒸し暑いときはチャンスかなとは思っていましたが、試合内容が素晴らしかったですね。いい展開ながら、後半の後半に失速といういつものパターンがでなかったのが、よかったです。EJがフィジカルを強化してきた成果が少しずつ出てきたのかな。

    ウェールズ代表の15人はライオンズにいたりしますが、この内容での勝利は、水をさすのが野暮ってものでしょう。

    それよりも、実は私は後半のトライを三つとも見逃しました。暑かったので、ハーフタイムにバックスタンドに買い物に並んだのですが、変えたのが後半20分頃。それでも私の後ろに100人ぐらい並んでいました。試合観たきゃ、倒れる覚悟で給水はあきらめろということでしょうか。

    熱中症に注意を呼び掛けている割には、その対策がお粗末に過ぎたのではないでしょうか。今後、観客をスタンドに呼び込もうというときに、受け入れ態勢がこれでは、せっかく来たお客さんも定着しないのでは。

    スタジアムの対応はさておき、この勝利の余韻に、次の試合まで浸っていたいと思います。

    投稿: okurala | 2013年6月17日 09:34

    広瀬キャプテンが復帰してチームに芯が入ったように感じました。二本目のペナルティを冷静に指示した判断も素晴らしい。歴史的な一日でした。選手全員に感動しました。
    でも、昨日のウェールズの実力はよくみても、A代表です。それでも勝ちは勝ち。重要なことです。
    一番大事なことは、昨日の勝ちを単なる記録にしないこと。
    そのためにも、この試合をここからの一歩、始まりにして、カナダ、アメリカに勝ってほしい。
    勝てば、この勝利を本物、後々に、この勝利をより深いものにできると思います。
    我らの願いをかなえてください。応援してます。

    投稿: シノ | 2013年6月17日 05:25

    サッカーはブラジルに完敗。サッカーの方が人気は高いけど、世界のトップとの差という意味では、ラグビーもサッカーも、まあ、遠いと言わざるを得ない。

    世界との差が最も近いのは野球だが、野球においては、スモールベースボールという日本の特徴が強みとなっている。
    と、すれば、ジャパンウェイという発想は間違ってない。
    まずはカナダ戦に全力を。カナダが北米一位になるとW杯で当たれないので、今回が決着の場になるかもしれないという面もあるので。

    投稿: テルキー | 2013年6月17日 01:30

    ウェールズ戦勝利の翌朝地元に戻り、東京土産を食べながら録画していたJスポをチェック!幸せな日曜の朝でした(笑)。

    あと小野沢選手が負傷で「JAPAN」を離脱。もし追加招集があれば、あの選手を期待しちゃいます(笑)。

    投稿: nick | 2013年6月16日 23:05

    「有難う」「よくやった」「偉い」

     この3つの言葉が私の頭の中に。


      みんな、有難う。
      
       
      そして、おめでとう。


     

    投稿: 曽根崎あかね | 2013年6月16日 22:46

    日本人で良かった!!
    結果は夕方ネットで知ったのですが、路上で一人ガッツポーズ連発しました!(^^)
    満員の秩父宮でウェールズ撃破!夢の様ですね☆死ぬ程、自分も生であの雰囲気を味わいたかった!

    夜録画で試合観ましたが、序盤のあの気迫のこもった"乱闘シーン"。「今日はやってくれる!」とあれ見て確信しました!(シンビン出なくて良かった)。

    まだまだ課題はあるとは思いますが(特に勝負所でのラインアウトミスはなくしてほしい!)、次の2試合も連勝して、せっかくこの盛り上がった空気を継続してほしい!
    そしてスポーツ紙の一面を飾れるくらいメディアの注目も集めてほしい!(今日ちょっぴり期待してたけど)

    この先も日本人としてジャパンを応援し続けるのみです!
    幸せな時間を味わわせてくれてありがとう!!

    投稿: 亮 | 2013年6月16日 22:33

    選手、ファン、スタッフ、観客、関係者、とにかく、「有難う御座居ます」って感じです。幸せな夢・・・と行きたいところですが、実は残り時間ばかり見て、肝心の試合を全然観ていませんでした。再放送で、ご縁があれば、観たいものですが・・・。

      とにもかくにも、皆様、おめでとう!!

      そして、有難う!!

      目の黒い内に勝ってよかった。

    投稿: 曽根崎あかね | 2013年6月16日 22:27

    うれしい! 本当にうれしい!! 今日職場でラグビーを全く知らない人にもウェールズに勝ったね~、って言われました。 やっぱり勝つことが最大のアピールだなって思いました!!

    投稿: その辺のひと | 2013年6月16日 21:20

    2年目のエディージャパンがホームでもついに結果を出してくれました。選手、スタッフ、サポーターに感謝します。廣瀬キャプテンがいると一味違いますね。彼の人間性が素晴らしいのでしょう。ほとんどミスしないもんね。五郎丸選手の50m近いPG選択も正解でした。キックに突進に冴えわたってましたね。あれ程素晴らしい五郎丸選手をはじめて見ました。ジャパンのレベルが上がったターニングポイントとなる試合になったのではないでしょうか。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2013年6月16日 16:14

    大学・トップリーグも大事なことだが、7人制にもっと力を入れないと世界に置いてかれちゃう。15人制と併せて強化努力が求められる。次回オリンピックの種目ですぞ。

    そして、カナダ戦。若いウェールズより強いと思って戦いに臨んで欲しい。協会も集客に努力を。何もしないでは瑞穂(1万5千)も満杯に出来ませんぞ!

    投稿: Do | 2013年6月16日 14:58

    この第二戦の勝因をひとつだけあげるなら、僕は広瀬キャプテンの復帰だと思います。ユーティリティBKとして守備に安定感、攻撃に変化を与えていました。ラグビーにおけるキャプテンシーの重要性を、自分の出場で証明しました。プレイヤーとしての能力、人間性、判断力、コミュニケーション力、総合的に見て歴代最高のキャプテンだと思います。

    投稿: くんた | 2013年6月16日 14:37

    村上さん、いつも素晴らしい情報発信ありがとうございます。

    昨夜、生で見れなかったので夜スカパーの録画を見ました。
    内容は皆さんが書かれている通り、若きレッドドラゴンを攻守
    に上回る内容に、心底喜びを感じました。(結果は先に知って
    いたので涙はその時流しましたsweat02

    ただ次戦、瑞穂でのカナダも越えなければならない長年のライ
    バルの一つです。そして今回のカナダは過去最強でしょう!
    (おそらく情報です)

    サポーター、ファンの皆さん、是非瑞穂に足を運び、満員の大
    観衆で我らがジャパンの応援頑張りましょう!平日ですが私も
    休みを取り5時間かけて田舎から応援に行く予定です。

    昨日の全国の喜びの声を糧に、ジャパン戦士の皆さん、HC、
    関係者の皆さん、是非とも勝利を!!

    ラグビーファミリーの皆さん、瑞穂に集まりましょう!!

    投稿: タックル三昧 | 2013年6月16日 11:49

    昨日の秩父宮、生観戦しました!!

    ラグビーを観始めて4半世紀以上になりますが、昨日の試合ほど会場の一体感を覚えたことはありません。特にジャパンの勝利が現実的となった後は独特の雰囲気で、これがテストマッチの勝利の味なのかと勝手に納得してしまいました。試合終了後も多くの観客が帰らずに留まっていましたが、真剣勝負を制したが故の現象だと捉えると感慨深いものがこみ上げてきました。歴史的瞬間に立ち会うことが出来、選手達には本当に感謝しております。

    試合についてですが、効果的な組織ディフェンスや安定したセットプレーも勝利の要因として挙げられるとは思いますが、1番の勝因は彼我のゴール成功率にあったのではないでしょうか?第1戦では好調だったダン・ビガー選手は最初のPG等を外し、第1戦では勝負所で外してしまった五郎丸選手はゴール成功率100%でした!

    帰宅後、録画放送を見直しましたが、ジャパン・外国人選手のボールへのリアクションの速さが際立っているとの印象を受けました。エディー監督の人選が的確であることが証明されていると感じました。もちろん、日本人選手の攻守に亘る健闘も光っていましたよね。

    会場で女子7人制代表の一団を見かけましたが、男子代表も含めてこの良い循環をワールドカップセブンズに繋げて、強豪相手にアップセットを起こして欲しいですね。

    TV局や冠スポンサーの都合があるのは承知の上ですが、ボール・プレゼンテイターはラグビーに縁のある人を選考して欲しかったです。例えば山下真司さん、館ひろしさん等が登場したら会場は更に盛り上がったことでしょう。来て欲しい人物を協会のHPでファン投票を募る等の企画があっても良い気がします。

    試合前に近鉄の故中井選手への黙祷がありましたが、トップリーガー選手として快挙を知ることの無いまま亡くなられた事実を考えると残念でなりません。

    投稿: 多形日光疹 | 2013年6月16日 10:46

    一晩経ってもまだ興奮おさまらず。
    テレビの前で叫びまくり、そして鳥肌、涙・・・。

    まさに苦節45年。
    ラグビーを愛し、見続けてこんなに嬉しい日はない。

    あんまり大声で叫び拍手するもんだからご近所さんごめんなさい。
    頭おかしいおじさんがひとり号泣してる。
    いいじゃない!
    きょうは一生一度の歓喜の日だから。

    愛する「田中くん」。
    息子よりはるかに若いけど、「フミアキ行け! いいぞ!フミ!」
    田中君大好きだ!
    めっちゃ男らしい!かっこいい男だ!

    きりがないのでやめときますが、先週の花園見にいって十分予感はあった。
    今夜ももう一度ビデオを見て一杯やります!
    嬉しいわ!

    投稿: ひっちん | 2013年6月16日 08:25

    ほんとうにおめでとうございます。なかなか結果が出なくてここまで来たけどレベルはともかく世界上位国に勝つ、という本当に欲しかったピースを手に入れることができましたね。このままでいいんでしょうきっと。信じて進んでください。いつかこの日が最初のターニングポイントだったと振り返る日が来ることを信じています。

    投稿: スカーラ | 2013年6月16日 08:22

    秩父宮での勝利の瞬間最高でした。昨日の選手達には素直にありがとうと言いたい。ウエールズは実質A代表と言えますが、彼らも非常に気迫のこもった戦いをしていました。その相手に日本も気迫で負けず、しかもお互いが良くわかっている第2戦で勝った意味は、非常に大きいと思います。さて、次は今期好調のカナダ。ワールドカップでの引き分けの決着とU20敗戦の借りを返して欲しい。気迫を保てるか?セットプレーは?特にラインアウトでの修正を図れるか?五郎丸がキックの好調さを維持出来るか?等興味は尽きません。何とか瑞穂観戦を実行したいと思います。最後にもう少し、昨日の廣瀬は、タックル、ここぞと言うときのボールを持ってのゲインが素晴らしかった。藤田には、ウイングとして華々しいプレー以外のプレーでも廣瀬を超えるように頑張って欲しい。また、立川、ウイング、マレサウのフロントスリーは、攻守に素晴らしかった。それでも山沢には、立川を第一センターに押しやってスタンドオフのポジションを獲得出来るようになって欲しい。松島選手も来年スーパーラグビーで活躍し一挙に五郎丸のポジションを脅かして欲しい。福岡選手も含めて、若いワクワクさせてくれるバックス選手が成長し、トップテンを実現してください。応援しています。

    投稿: ハミルトン | 2013年6月16日 07:06

    久々に興奮したし感動したウェールズ戦でした。
    エディーさんありがとうございます!!ただ、みなさんも書かれてますが、ウェールズはベストメンバーからは程遠いメンバー・・・。実際にはまだまだウェールズなどのランキング上位国とは差があるように思います。
    今回の勝因としてはやはり外国人JAPAN選手達の活躍が大きいですね。
    特に両センターが安定したことと、両フランカーの活躍、特にブロードハーストが大きいですね。タックルの激しさやブレイクダウンの絡みなど力強さが増した気がしてます。あと、JAPANにほしいのはゲームコントロールができるスタンドオフくらいですかね~~(笑)こればかりは難しいか・・。
    日本はややヨーロッパの相手には相性がいいようですが、これからはフィジー、サモア、トンガなどのアイランダーとも数多く試合をし経験を積むことが必要ですね。
    W杯でもリーグで勝たなければいけないのはそういうチームですし・・・。
    ザッケローニではありませんが、勝ち癖をつけるのも大事なので、今回は本当に日本ラグビーにとってよかったと思います!!

    投稿: DAI797 | 2013年6月16日 04:48

    140年以上の歴史を誇る世界最古のRaeburn Shieldレイバーンシールドをたった一回の防衛戦で失うわけにはいきません。
    必ずカナダ戦、アメリカ戦には勝ってシールドを保持したまま秋の遠征でマレーフィールドに乗り込んでほしい。

    投稿: タロ | 2013年6月16日 01:15

    五郎丸のタッチキックが冴えまくってましたね。

    後、ディフェンスの戻り
    ラックの寄り

    スゴく良くてビックリする時ありました。
    結局課題はプレーの精度だけで…

    ヤメときます。

    クソ嬉しいです(笑)


    投稿: けんじ | 2013年6月16日 00:36

    確かに、日テレの放送のスポンサーには感謝。

    投稿: テルキー | 2013年6月16日 00:00

    おめでとうございます!!
    そして、ありがとう!!


    確かに素晴らしいジャパン・ラグビーを見せてくれました。
    確かに、素晴らしい歴史的勝利です。

    ただ、一点、
    今回のウェールズ代表は、天候条件の影響を差し引かずに言えば、トンガ、サモア、フィジーに劣るチームだったと思います。
    それはもしかしたら、相性的なものなのかも知れないし、アイランダー国が日本との戦い方を熟知しているという差なのかもしれません。

    従って、今回の勝利は、「チーム力」ということに関しては、大したインパクトはないと思っています。


    特に当事者が、この勝利に、ある種の達成感を抱いてしまわないことが大事だと思います。
    勝利への渇望、あくなき努力、さらに高めていってほしいです。

    投稿: かもめのJONA | 2013年6月15日 23:44

    歴史の証人になりたい宣言してましたが、まさか現実になるとは…。
    久しぶりに感動しました。

    1989年スコットランド戦勝利を思い出しました。あの時と様々な共通点。
    ライオンズの遠征、蒸し暑い天候。
    まさに『いつ勝つの?』『今でしょ!』のシチュエーション。
    しかも1トライ同点(当時トライ4点)で、最後追い上げられて苦しんだスコットランド戦とは違い、勝負どころのラインアウトを再三ミスなどありながら余裕のある点差での勝利。内容的にも完勝と言えます。

    スコットランド戦勝利の後は、夏のジャパン合宿に参加した候補選手のモチベーションが半端なかったと聞きました。
    ぜひともこれを機に、候補選手の熾烈な争いが更に激しくなることを望みます。

    今日の試合を見る限り、フロントスリーは今日の3名以外の組み合わせでは戦力がかなり落ちると思われますが、それでは困るので、中村亮土!帝京大学のことは同期に任せるくらいの覚悟で世界に視線を向けて欲しい。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年6月15日 23:31

    ジャパン圧勝、ウェールズ惨敗で茫然「地球市民」涙目か

    投稿: 土佐守 | 2013年6月15日 23:03

    村上さん、お疲れ様です。
    久方振りにコメントさせていただきます。

    大学からラグビーを始めて、その頃から日本代表の試合を見続けて
    30年、途中スコットランド戦の勝利はありましたが、なかなか
    勝てない日本代表に何度落胆してきた事でしょう。 

    ですから今回のウエールズ戦勝利は、本当に、本当にうれしい。 

    ノーサイドの瞬間、じわっーと涙が浮かんできました。

    選手の皆様、ジョーンズHCはじめ日本代表のコーチング&サポート
    スタッフの皆様、本当にありがとうございます。

    満員の観客の皆様もありがとうございました。

    廣瀬キャプテン、本当にナイスディフェンス&アタックです。
    そして、すばらしいキャプテンシーを見せてもらいました。
    感動しました。

    1戦目の負けは、ゲームメイクと、ここぞというポイントにおいて
    積極的でなかった、勝負していかなかった事が敗因で、チームとしての
    力では全く負けていなかったと感じていたので、逆に2戦目、相手も
    ジャパンに対応してきて、お互い手の内がわかっている中での真価が
    問われるゲームで勝利した事、本当に価値のある勝利です。

    これまでテストマッチで何度見てきたことでしょう、後半20分からの
    相手のトライラッシュで突き放された事、苦し紛れのチョコパントから
    の逆襲、ゴール前ディフェンスであっさりトライを許す場面、そういった
    状況が今日のゲームでは殆ど予感されなかった。持てる力を出し切った
    すばらしいゲームだったと思います。

    ジョーンズHC、本当にありがとう。ジョーンズHCを見ていると、情熱と
    意思の力をあらためて感じます。我々ラグビーファミリーも成長させて
    もらいながら、またこれからもよろしくお願いいたします。

    投稿: 48歳現役ラガー | 2013年6月15日 22:23

    80分間走りきれる事を証明した素晴らしい試合でした。

    これまで温存するような自信なさげな闘いぶりにイライラしたが。

    ハードな練習の成果が見れて良かった。

    現役の頃は残り10分の為に10キロのインターバルに20キロ走。学校の行き帰りも走った。

    20年以上たって、そこを越えてくれた選手達を敬服します。

    本当にありがとうございます。

    投稿: 池田亜樹 | 2013年6月15日 21:44

    今日の勝利は本当に嬉しいし感動したけど、カナダ戦・アメリカ戦に負けたら元に戻ってしまうと思います。
    選手の皆さんはきついでしょうが後2戦、頑張ってください。

    投稿: タマモクロス | 2013年6月15日 21:39

    ウェールズ、国際マッチの経験不足が出た印象でしたが、素直にジャパンの勝利を喜ぶところですね。花園と秩父宮の二試合は、PNCでアイランダーと戦う時にいつも感じるストレスが無く、楽しめた試合でした。さすがに、たまにはこういう事がないと。

    投稿: pen | 2013年6月15日 21:28

    負けたときによく指摘される「気合が足りない」とか「勝とうという気持ちが見られない」という意見に対して、私は否定的でした。

    肉体的精神的なタフネスが要求されるラグビーという競技で、代表にまでなっている選手に対して、的外れな指摘をしているなあと。

    でも、今日の試合でその認識を改めました。
    前半の初め、田中選手がクイックスタートしようとして、ウェールズ選手と小競り合いをした時、思わず「そうだ!その気持ちだ!」と叫んでいました。

    普段の代表戦なら「まあまあ」とその場を収めるような振る舞いが多い日本選手が、みんな闘志剥き出しで向かっていった。
    決してラフプレーや乱闘を肯定しているわけではないですが、あれを見たとき「今日は違う」と直感的に思いました。「絶対勝つ!」という気持ちが伝わってきました。

    田中選手はプレーと行動で日本代表に渇を入れてくれたと思います。本当にありがとう。

    一方心配なのが堀江選手。ラインアウトが二試合とも安定ていなかったように思えます。
    最後までタイミングがあっていなかったような・・・

    勝って兜の緒を締めよではないですが、修正しなければいけない点があると思うので、パシフィックネーションに備えて欲しいと思います。

    最後に、私は地上波で今回の試合を観戦しました。(j-スポーツ様すみません・・・)

    コマーシャルの多さと長さに辟易しましたが(笑)、スポンサーの皆様のおかげで久しぶりに地上波で代表戦を観戦することが出来ました。
    本当にありがとうございました

    投稿: ぶっちゃー | 2013年6月15日 21:16

    大観衆の声援が選手を後押しし、歓喜を分かち合うことなできることを共通認識することができたベストゲーム!

    投稿: えいじパパ | 2013年6月15日 21:00

    日テレの中継の時間帯がいい時間帯だったので、CMがたくさん入っちゃった以外に何の文句もない、素晴らしい試合でした。
    五郎丸はめちゃくちゃキックの練習したんでしょうね。タッチキックも含めて素晴らしいデキ。
    ディフェンスは花園の時よりも良かったけど、ウィング、マレサウのコンビは歴代でも最高かも。あとは、密集でのこぼれ球への反応等に集中力の高さを感じた。ミスも少なかった。

    ただ、ウェールズは年間の最高気温が20℃ちょっとという国なんで、日本の6月という最も不慣れな気候が味方したこともあるし、そもそも一軍じゃないから、過大評価は禁物ということなんだろうけど、そういうことはさておいてもいいかもなと。

    投稿: テルキー | 2013年6月15日 20:54

    歴史的勝利ですね。
    選手達はすばらしかったと思います。

    2~3軍とはいえ、テストマッチですからね。

    素人目ですけど、先週と今週は練習の7~80%程度を発揮したのかなという印象。
    決して実力以上の力を発揮しての勝利というわけではなくって、
    実力どおりの力で接戦、勝利したというふうに見えました。

    それだけジャパンの力があがっているということだと思うんですけど、

    だからこそ、トンガ戦、フィジー戦がなんだったのかが気になります。

    なにがだめだったからあのような戦いになったのか。

    A5NからPNCへのレベルの違いに戸惑ったというようなことがいわれますし
    実際そうなんだろうと思います。毎年のことですから。
    毎年同じことの繰り返しなら、対策をたてるべきじゃないんでしょうか。
    間にAUSやNZのクラブチームとの練習試合をはさむとか。

    今回の満員の花園は関西協会の主導があったとおっしゃってましたね。
    広瀬キャプテンの 選手が心地良くプレーできるようにしたい
    というコメントありましたが、
    選手、チームが実力どおりの力を発揮できるような下準備をするのが
    協会などのお仕事なんではないのかと思います。
    それをないがしろにして、というか常に単発で継続性のないプランで
    やっておいて、敗戦の責任を監督、選手だけにおしつけているような感じが
    どうにも好きではないです。
    選手のプレーは見えやすいですから批判は簡単ですけど、
    マネージメントする人たちのお仕事をもっと透明にして批判にさらしてほしいですね。今後のために。

    投稿: okapi | 2013年6月15日 20:29

    NZまで見に行ったW杯のカナダ戦も、ノーサイド寸前でドロー。今回は目の前で、1989年以来のIRBオリジナル8国のウェールズに勝ち最高です。

    投稿: 闘球亭 | 2013年6月15日 20:19

    北スタンドまでぎっしりの大観衆と、雨予報を覆す太陽、ムッとくる暑さ、大声援。
    後半、ウェールズは完全に慌ててましたね。
    これに一喜一憂せず、カナダ戦・アメリカ戦と勝利で締めくくってもらいたい。
    日本が世界の強豪と呼ばれるまで。

    長い戦いは続く・・・

    投稿: Do | 2013年6月15日 19:55

    満員の秩父宮はいつ以来ですか?
    今日ライブで観戦できたお客さんは幸せでしたね-(^^)!
    歴史的な快挙に一人乾杯してます!!

    投稿: Jun | 2013年6月15日 19:33

     第2試合はウェールズの修正能力が勝ると予想する人が多かったし、私もその一人ですが、トンガ戦、フィジー戦のうやむやを一蹴する歴史的勝利でしたわ~。

     後半のジャパンの選手たちはいわゆるゾーンに入った選手が多かったのではないでしょうか。

     カナダ、アメリカ戦が残ってますが、秋のスコットランド戦に向けての更なるステップアップをしてもらいましょう。

    投稿: トリック | 2013年6月15日 19:15

    「エディーJAPAN」ウェールズ戦勝利おめでと〜!頑張った選手の皆さんおめでと〜!会場やTVで応援したファンの皆さんおめでと〜!ウェールズのサポーターの皆さんもありがと〜!雨予報に負けず頑張った太陽さんにもありがと〜!今日は本当に最高でした(^-^)b

    試合後に「東芝大好きです。」っと言った私に「三洋のジャージ着てるじゃないですか(笑)。」っと突っ込みながらもサインを書いてくれた廣瀬主将、ありがとうございました(^-^)/

    投稿: nick | 2013年6月15日 18:57

    日本チーム素晴らしいラグビーをしました。私はウェールズを応援してましたから周りが「歴史的瞬間」を連呼してる中、多少腹立たしさを覚えてました。また友人には先週、「そんなにウェールズ三軍に勝つ事が嬉しいのか?ライアン・ジョーンズやジェームス・フックも居なくて何がウェールズだよ?」といちゃもんを付けてました。勝ちは勝ちです。素晴らしい試合をしました。恐らくウェールズのロビンソン、プライディーやビガーはこの苦い経験を活かすと思いますしカーディフでは日本が遠征した際には対し相当厳しい戦いを挑む気がします。

    投稿: タフィー | 2013年6月15日 18:52

    秩父宮での勝利!本当にうれしいです。
    ありがとう御座います!
    秩父宮の雰囲気もすごく良かったです。
    また、必ず応援に行きます。

    投稿: Shrekom | 2013年6月15日 18:46

    素晴らしい試合でした。

    序盤から気迫で相手を圧倒できた。

    気迫が優ると、タックルも踏み込めるし、攻撃にも勢いがつく。

    勝敗はともかく、日本にはこのような気迫で勝るプレーをして欲しかった。

    トンガ戦やフィジー戦での受けの気持ちを一掃できたゲームだ。

    今日は全員が良かった。

    特に、2人目の寄りの速さが抜群でした。

    次のゲームもこのような気持ちをもてば、負けるはずがない。

    次も期待して応援します。

    投稿: ラグビーファン | 2013年6月15日 18:14

    やりましたgood
    感動しました。 村上さん・小林さんの解説で矢野さんの実況だったら、深緑郎さん泣いてるんじゃないですか?
    選手たちスタッフを含め尊敬します。
    水曜日、無様な試合出来ませんね。

    バンザーイ\(^o^)/

    投稿: 頑張れ別府RS | 2013年6月15日 17:52

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57597552

    この記事へのトラックバック一覧です: ウェールズ第2テストマッチ結果:

    » [rugby]消せないブックマーク [枯れた芝生の匂い]
    NHKの7時のニュース、一般紙の一面。幸福な時間はいまだに続いている。そして、ラグビー関係の友達が多いfacebookはたいへんなことになっいる(笑)写真は、歴史的勝利の瞬間に立ち会った大学の後輩のページからシェア。・・・「奇跡ではなく実力」前半、PKからのクイック... [続きを読む]

    受信: 2013年6月16日 16:13

    » [ラグビー]大きくて大切な始まりの一歩 [おいしい毎日]
    ラグビーテストマッチジャパンがついにウェールズに勝利した記念すべき日から一日昨日は午前中からなんとなくそわそわしてフェイスブックでは「秩父宮に着きました」なんて記事が続々続くし会場も予定を30分繰り上げる人出ということだし私は単にテレビの前で応援するだけだ... [続きを読む]

    受信: 2013年6月17日 01:28

    » 日本代表、ウェールズに勝利! [ココロミ]
     リポビタンDチャレンジ2013 対ウェールズ代表 第2戦(東京・秩父宮)レビュー - ラグビー日本代表公式サイト 日本代表がレッド・ドラゴンをブンブン振り回したー!昨日の日本代表対ウェールズ代表は、23-8で日本代表が勝ちました。 世界ランク5位、今年のシックスネーションズの優勝チームを倒しちゃったよ(と言ってもその時の代表メンバーじゃないんだけどね)。よくやったー! おめでとう(~o~) この日の選手たちは、とてもとても頼もしく感じられました。前半は、両チームともに得点はPGのみ。6-3で日本代... [続きを読む]

    受信: 2013年6月18日 13:42

    « ノーサイドPJ・勝手に前夜祭 | トップページ | シェーン・ウィリアムズ、ライオンズへ »