« 日本代表、アメリカ代表戦結果 | トップページ | 日本のランキングは14位 »

三上、ツイ、立川選手を取材

アメリカ戦勝利から一夜明けての月曜日、日本代表はいったん解散。選手達は各チームに戻った。ただ、すぐにチームのフィットネス合宿がある選手もいたりして、トッププレーヤーに休みはないと痛感。

きょうは、日本代表PR三上正貴選手、SO立川理道選手、FLヘンドリック・ツイ選手のインタビューをした。これは、7月下旬に発行される日本協会のメンバーズクラブ会報誌に掲載されるもの。

Mikami

三上選手は青森県出身で子供の頃は、小学校4年生の相撲大会で優勝したこともあるなど、立派な体格を誇っていた。あの太い大腿部は、なんと、78センチもある。「これ、生まれつきです。僕、走ると、ふとももだけ太くなるんです」。言葉数は少ないタイプだったのだが、ラグビー以外の時間は何をしているのか尋ねてみると、「熱帯魚飼っています」と、その魚の名前をすらすらと言い始めた。「部屋でじっと見ています。癒されます」。日本代表のスクラムの成長については、「8人で組む意識が高まったからだと思います」、アメリカ戦のスクラムは「いい姿勢をとっているだけで押せました」と、8人の力だったとこを教えてくれた。

Tuiharu

立川選手とツイ選手は対談だった。FLとSOということで連係プレーも多く、仲が良さそう。ツイ選手は、「ハルは、インターナショナル選手に必要なものをすべて持っている」と称賛。立川選手も「ヘンディ(ツイ選手の愛称)は、苦しいときにゲインしてくれるので頼もしいです」と称えた。2人とも、ウェールズ戦の観客には感動したらしく、「花園があんなに入っているのは見たことがないし、応援されていることを実感しました」(立川)、ツイ選手はウェールズ戦勝利のあと世界中の友人から祝福のメールが届いたそうだ。「フランスでプレーしている友人から、日本代表のラグビーは面白い。感銘を受けた。とメールが着ました。あの勝利はこれまでのラグビー人生でも最高の瞬間でした」。

日本代表でともにプレーした2人は、戦いの舞台をトップリーグに移す。ツイ選手はサントリーサンゴリアス、立川選手がクボタスピアーズなので、前期は当たらないが、戦績如何で後期は戦うことになる。日本代表選手達の対戦も、トップリーグの楽しみの一つになる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表、アメリカ代表戦結果 | トップページ | 日本のランキングは14位 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いいねえ。あなたの日記は。実にいい。
    観戦は、ある意味、表面的な薄いものですが、村上さんの日記を読んでいると裏面が見え、厚みも増します。
    それが次の観戦をおもしろく楽しくしてくれます。
    選手のあのプレーは、なるほどと思うことがしばしばあります。 
    対アメリカ戦のスクラム選択しかり。選手視点での同僚評価しかり。
    エデイさんの指導ぶりや裏方コーチの働きは、テレビでは、見えません。
    テレビインタビューもカメラを意識し、本音が見えません。
    次のワールドカップが終了するまで日記を突き続けてください。
    そのころ西方浄土に旅行する予定ですから。
           ラグビー観戦例56年

    投稿: ラグビー観戦歴56年 | 2013年6月27日 00:07

    立川選手のコメントが嬉しい。負けたけど花園まで応援に行った甲斐がありました。秩父宮での勝利に繋がったんですね。エディさん、林敏之さんのすぐ横で応援してました。勿論村上さんとスリムクラブ等のイベントも面白い企画でした。

    投稿: 中野康治 | 2013年6月25日 07:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57657134

    この記事へのトラックバック一覧です: 三上、ツイ、立川選手を取材:

    « 日本代表、アメリカ代表戦結果 | トップページ | 日本のランキングは14位 »