« 日本代表、前日練習(瑞穂) | トップページ | ハル&ユウ »

日本代表、カナダ戦結果

6月19日の夜は、雨の降りしきる名古屋の瑞穂ラグビー場にいた。パシフィックネーションズカップ(PNC)のフィジー対アメリカ、日本対カナダが行われ、第1試合ではフィジー代表が快勝。日本の試合は午後7時10分にキックオフされた。この試合は、92カ国に配信されるとあって国際映像での解説だった。野澤武史さんと、ハラハラ、ドキドキの試合を楽しく解説することができた。楽しかったというのは勝ったからこそ言えることなのだけど。

日本代表は、試合当日になってクレイグ・ウィングがコンディション不良で急きょCTBで田村優が先発することに。キックオフでは、いきなりキャッチミス。前半3分、カナダ代表FBプリチャードにPGを決められ、10分には、比較的簡単な位置からのPGを五郎丸が外して、悪い流れを断ち切ることができない。攻撃を仕掛けるのは日本のほうが多いのだが、カナダのボールにヒットしてくるタックルに再三ハンドリングエラーが起き、チャンスを生かし切れなかった。

SH田中によれば、「ウェールズ戦より、選手間のコミュニケーションが少なく、大人しかった」と、低調だった前半は、0-3とリードされたまま終わった。だが、悪いながらもディフェンスで粘ったことが後半に生きる。

後半に入ると、CTB田村がラインブレイクでチャンスを作るなど序盤から日本代表がよくボールを動かし始める。5分、五郎丸のPGで同点とすると、11分にも五郎丸がPGを決めて逆転。カナダの防御も甘くなり始め、このまま日本の流れになるかと思われたキックオフで、日本はまたしてもキャッチミス。そこから一気にカナダにトライを奪われる。手痛い7失点で、6-10と再びリードを許した。

しかし、日本はこのあともアグレッシブに攻め、22分には、相手ボールのラインアウトを奪ってチャンスをつかみ、JSPORTS放送時のカウントでは、18フェイズの連続攻撃でトライを奪った。立川の突破、続いて、マレ・サウの大幅ゲインから最後は五郎丸がサポートするという胸のすくトライだった。雨の中でボールがつながった要因について、廣瀬キャプテンは「無理なパスをせず、強いランニングで前に出ようとした結果です」と冷静に振り返った。この後、カナダにいったん13-13の同点に追いつかれたが、五郎丸のPGで再び突き放し、最後まで粘り強く守り切った。

最後にカナダにチャンスが巡ったとき、そのラックで途中出場の大野均が思いきり押し込んでカウンターラックを成功させたシーンは感動的ですらあった。大野と言えば2007年のワールドカップのカナダ戦で先発したが、このときは終了間際に追いついての引き分け。2011年大会は決着戦と意気込んだが、レギュラーではなく、途中出場で奮闘しながら、最後に同点に追いつかれて勝ちきれなかった。きょうのメンバーで両試合に出ているのは、大野だけだった。「勝ちきれてうれしいです。きょうはとにかく結果を残したかった」と、これまでともに戦った仲間の思いも込めて、会心の笑顔を見せてくれた。

急きょ出場となった田村も堂々たるプレーぶりだったし、ウェールズ戦から代わったPR長江、畠山、LO真壁、アイブスもそれぞれの役割を十分に果たした。とくに、スクラム、ラインアウトの安定は、勝利の大きな要因となった。エディー・ジョーンズヘッドコーチは、「きょうの勝利は、本当に嬉しかった。前半はブレイクダウンで負けていたが、後半はよくボールを動かしてくれた。メンタル面で選手達はよくやってくれたし、廣瀬もチームをまとめてくれた。世界ランキングが上のチームに連勝したが、今度の日曜日のアメリカ戦はさらに大切な試合になる」と、選手を称えながらも気持ちを引き締めた。

SH田中史朗は、「みんなの自信になったと思います。ミスもあったし、コミュニケーションの部分はもっと上げていきたい。でも、勝って反省できるのはいい。みんな、もっとラグビーを学ばなくてはいけないです」と、あくなき向上心を見せた。強気のプレーを見せた田村優は、「ウェールズに勝ったのに、きょう負けたらまたラグビーの人気が下がってしまう。勝ちたかった」とすべての選手の思いを代弁した。

キックオフのキャッチミスや、ボールキャリア―のハンドリングミスなど、改善すべき点は多いが、苦しい展開のなかで選手自身がプレーを修正して勝ったことは自信になるだろう。LO真壁、WTB福岡と負傷者が出てしまったのは残念だが、次戦は、6月23日、対アメリカ代表戦。着実に前進する日本代表の姿を多くのファンの前で披露してほしい。

◎PNC(6月19日)結果
フィジー代表○35-10●アメリカ代表(前半17-10)
日本代表○16-13●カナダ代表(前半0-3)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本代表、前日練習(瑞穂) | トップページ | ハル&ユウ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    勝ちましたか。しかし、日本でやってる試合であることを踏まえたら、やっぱりカナダは、今最も日本と力差のない国といえるのかもしれません。今後もいいライバルになりそうですね。

    やっぱりW杯で決着つけてほしいなあ。そのためにはアメリカがカナダに勝つ必要がある。ちょっとキツいかな。

    投稿: テルキー | 2013年6月20日 21:09

    後半のトライは,感動的でした。なかなか取り切れず,しかし,いつかは取れるのではないか,という雰囲気がありましたが,本当にやってくれました。ウェールズ戦が自信になっているのでしょうね(過信になっていないようなところがよいと思います)。勝って反省,という試合を続けてもらえればと思います。アメリカ戦は,ウィングが走りきるようなトライを期待します!

    投稿: さるぞう | 2013年6月20日 20:08

    大雨の中応援してくれたサポータ-に感謝します。悪いコンディションの中よく勝ってくれました。フェイズを重ねた逆転トライ最高でした。マレ・サウのブレイクが素晴らしかった。ターボエンジンをつけている様なワールドクラスの走りでしたね。ホーンを確認してタッチを指示した廣瀬キャプテン、落ち着いてましたね。そう言えば数年前のトヨタ対東芝(瑞穂)で、アイイがロスタイムのPGを外して、東芝がインゴールから5分間カウンターアタックした試合がありましたね。
    余談ですが、ゴリの解説はプレーに対して長々と喋り過ぎやね。視聴者が知らないことを落ち着いた口調で教えてくれる藤島さんの解説が僕は大好きです。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2013年6月20日 13:50

    ウェールズ戦に続く、ジャパンの勝利おめでとうございます。!!
    東京在住で、瑞穂に応援に行けませんでしたが、TV観戦で興奮しました。
    23日は秩父宮に応援に行きます。頑張れ!!

    23日は第1試合のフィジーVSトンガも見逃せません。
    特に、試合開始前の両チームのウォークライ(シンビ、シビタウ)が
    楽しみです。

    投稿: zkzk | 2013年6月20日 12:00

    村上さん、いつも分かりやすい解説ありがとうございます。月曜のラグビーウィークリー、こっちも少しウルッとしてしまいました。
    カナダ戦ですが、田村選手や真壁選手などが活躍し、エディジャパン全体の底上げ、一体感を感じました。スクラムの安定も大きかった。逆転されてもなぜか安定して見ていました。高いキックの対応やラインアウトなどは引き続き課題だと思いますが、ファンとしては、ジャパンがやろうとしていること、今の進度がよくわかるし、この体制で続けていけばまだまだ伸びると感じられることがうれしい。

    投稿: くんた | 2013年6月20日 11:01

    所用あったため、情報遮断して帰宅してから録画で観戦。いや~良かった。あとは準セットプレーとも言えるキックオフ処理を何とかすれば……。

    リードされてから粘れるのは廣瀬キャプテンの持ち味かなぁと思っています。あと、この春、ツイが大きく成長したというのは我が家だけの感想かなぁ。フィジー戦でのリーチの怪我で何か感じるものがあったのか、吹っ切れたような印象があります。

    投稿: さわさき | 2013年6月20日 10:10

    日本、カナダ共にワールドカップを見据えたタフなコンディションでの試合。

    こういう機会は、そうないので嬉々として試合に入って欲しいと願った。

    「きつい時ほど出し切れ。そうすれば明日は楽になるし、昨日できたので今日はそれ以上の事が出来るという自分のハードルを上げ続ける事ができる」そう信じてやってきた。

    見事に日本代表、乗り越えてカナダ代表に勝利。

    素晴らしいです。

    次のアメリカ戦もタフな闘い、カナダ代表戦を乗り越えた強さみたいです。

    しかし、ここでの勝利は途中経過。カナダももっとレベル上げるだろうし。

    ワールドカップの舞台で勝利するその時まで、走り続けて下さい。

    投稿: 池田亜樹 | 2013年6月20日 07:47

    強くなったと感じました。
    雨の中の試合とは思えませんでした。

    後半開始前の円陣のオーラがハンパなかったですね(笑)

    課題がクリアされていけば大変な事になるのでは?(笑)


    投稿: けんじ | 2013年6月20日 07:37

    ジャパンおめでとう。仕事帰りの電車で得点経過だけ見ながらハラハラしてました。好調かつ因縁のカナダに勝って終わって本当によかった。
    残り一試合、勝って終わることでトンが、フィジーに勝てなかった悔しさを晴らして欲しい。

    投稿: シノ | 2013年6月20日 06:18

    TV観戦でした。田村選手良かったですね。気合い入ってた。真壁選手も良かった。
    ここって時のミスを減らすことができれば、もっとも〜っと強くなれるぞ。

    あと「JAPAN」を応援してくれたフィジーの選手の皆さん。ありがと〜(^-^)/ナドロ選手よろこんでましたね(笑)。

    投稿: nick | 2013年6月20日 05:34

    ジャパン勝利嬉しすぎ!!
    テレビの前で大声出しながら一喜一憂してました(^^)
    苦しみながらも勝利できたのは、地力が付いてきた証拠でしょうか。
    ただ相変わらず大事な所でのミスが多いですね!本気で応援してるからこそ本気でイライラします(苦笑)
    でも勝って反省できるのは良いこと。アメリカ戦も絶対勝って、いい形で春シーズン終えてもらいたい!

    それにしても、 スタンド上部や別室でゲームを見守るコーチが多い中、Yシャツずぶ濡れになりながら最前列で大声張り上げるエディさんの姿、とても好感がもてます!風邪ひかないでね(^^)

    投稿: 亮 | 2013年6月20日 02:18

    最近ではめっきり少なくなった明治出身の田村選手の活躍に感激しました。
    フィジー選手がJAPAN選手以上に喜んでいたのが面白かったです。
    次のJAPAN・アメリカ戦ももちろんですが、フィジー・トンガ戦も目が離せないですね。

    投稿: ねこぷ~ | 2013年6月20日 01:10

    初勝利、おめでとう。
    テレビ観戦しておりましたが、
    コンディションが悪いながらも競り勝てたのは地力がついた証拠。
    評価できると思います。

    ただ、前半は、選手の動きが重く、ダメなジャパンの雰囲気に戻っていた。
    しっかりタックルに入らず、上半身だけで受け止めようとする怠慢な選手が多く、がっかりした。
    攻撃的なタックルを80分継続しないとゲームが締まらない。
    世界のトップ10が相手であれば、前半だけで30点以上とられ、ゲームが終わっていた内容だ。

    一方、後半の動きは良かった。
    リアクションやサポートを意識できていたし、身体も動いていた。
    前半と後半では、2ランクくらい違う別のチームのようだった。

    同じメンバーであれば、前半も動けたはず。
    後半できたことを、なぜ前半からしかけないのか???

    カナダが相手だから辛うじて勝てたが、
    フランス、イングランド、南アが相手であれば、50点以上とられていた試合の入り。

    前半からトップギアで、80分間、継続してほしい。

    あと気になったのは、攻めているときの味方同志の間隔と深さが浅いことと、
    一人がラインブレイクしたときの、フォローのコースどりが悪いこと。
    これらは、コミュニケーション不足からくることなので、言葉をかけ合おう。

    次の米国戦では、30点以上、スコアで上回れるゲームを期待します。

    投稿: ラグビーファン | 2013年6月20日 00:50

    仕事が長引いて後半からの試合を観戦いたしました。
    カッパを着ていても衣服にしみこんでくる雨でしたが、そんなことも気にならなくなるくらい、ジャパンの気迫がビンビン伝わってくる試合でした。
    勝ってとてもとても嬉しいです。ノーサイド後、グラウンドに降りるエディー監督もびしょ濡れでした。
    お疲れ様でした!そしておめでとうございます!!

    投稿: つくし | 2013年6月19日 23:28

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57626286

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表、カナダ戦結果:

    « 日本代表、前日練習(瑞穂) | トップページ | ハル&ユウ »