« テストマッチ前日 | トップページ | ウェールズ第1テスト結果 »

「心で見る」トーク&サイン会

6月7日は、日本代表、ウェールズ代表のキャプテンズラン取材のあと、京都に戻り、午後6時半から京都駅南の大垣書店で開催された、坂田好弘さんの著書「心で見る」(ベースボール・マガジン社刊)のトーク&サイン会に向かった。

20130607a

僕は編集にも関わったのでトークショーの司会もしたのだが、100名以上のお客さんが集う大盛況だった。坂田さんの母校・洛北高校のラグビー部員も参加して、Q&Aコーナーでは率先して質問するなど、場を盛り上げてくれた。トークのほうは、指導者としての哲学などが話されたが、ウェールズとのテストマッチで日本代表のキャプテンを務める菊谷崇選手の大体大時代のエピソードなど、面白い話も。

20130607b

選手にやらせたいことをどう指導するか、という質問には、「指導者には年齢に応じた教え方があると思います。体が動くならやってみせてやるのが一番です」と答え、著書の中にも出てくる言葉を紹介した。「言葉だけでは忘れてしまう。見せてもらえば記憶に残る。一緒にやらせてもらうと理解する」。体が動くうちは一緒にやってやるのが一番の指導だということだろう。

坂田さんは、1973年、日本代表が初めてウェールズ代表と対戦したときのWTBである。エディー・ジョーンズヘッドコーチの考え方に、「我々の頃と共通するものを感じる」と共感を示しつつ、「個人の技を高めてほしい」と話した。ウェールズ戦については、大いに期待しているようだった。

「心で見る」は、全国の書店で発売中。ウェールズ戦の花園ラグビー場でも販売される。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « テストマッチ前日 | トップページ | ウェールズ第1テスト結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57545018

    この記事へのトラックバック一覧です: 「心で見る」トーク&サイン会:

    « テストマッチ前日 | トップページ | ウェールズ第1テスト結果 »