« 日本対ウェールズ第1戦メンバー(6月8日) | トップページ | 「心で見る」トーク&サイン会 »

テストマッチ前日

201306072

7日午前中は、日本代表とウェールズ代表がキャプテンズラン(試合前日練習)を行った。会場となる東大阪市の近鉄花園ラグビー場の芝生のコンディションは上々で、強い日差しに光り輝いていた。

201306071

明日は、1万5千人以上の観客が見込まれている。高校以下のラグビー選手たちも5,000人以上来るという。未来を担う彼らにぜひともいい試合を。

201306074

11時からはスタンド前の広場でさまざまなイベントも行われる。こんなポスターも見かけた。スタジアム前の広場はお祭りのようになるみたいだ。噴水広場前のステージでもさまざまなイベントがある。僕も12時20分からのステージで司会をする。大畑大介さん、スリムクラブらと、試合を楽しむためのポイントを話していくことになる。分かりやすいルール解説もあって、初心者大歓迎の企画だ。広場では子供達が楕円球で遊べるアトラクションもある。

さて、前日練習は両チームとも最初の10分だけの公開だった。ウェールズは、元代表CTBで、アシスタントコーチのマーク・ジョーンズ氏がメディアの質問に答えた。「芝生も施設もファンタスティック。私見ですが、日本代表BKのスキルレベルは向上しており、セットピースからの攻撃に重点を置いているように見えます。セットプレーで圧力をかけないと、我々には危険な試合になるでしょう」

日本代表のほうは、エディー・ジョーンズHCと、バイスキャプテンの五郎丸歩選手が質問に答えた。「ランニングゲームにはいい天候です。ウェールズと戦えるのは光栄なこと。選手には最初から自分達のプレーに集中してほしい。すべての瞬間に全力を尽くさなくてはいけません。勝てば日本ラグビーの流れが変わるでしょう」(ジョーンズHC)。

201306075

五郎丸選手はこうコメント。「(トンガ、フィジーの連敗は)選手が自らゲームをコントロールしないといけないのに、エディーさんの声を待っているようなところがあった、積極的に選手同士で声を掛け合おうと、話しています。結果が出ていませんが、自信はあります。この試合で成長とか、そんなことではなく、勝つしかないと思っています」。この春のターゲットだった試合を迎え、どの選手の表情も引き締まっているように見えた。

こちらは、ウェールズ代表がメディア用に配布しているガイドブック。海外のラグビー関係者から見ると、富士山は、キックティーに見えるんだな。

201306073


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 日本対ウェールズ第1戦メンバー(6月8日) | トップページ | 「心で見る」トーク&サイン会 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    どう考えてもウェールズは日本をなめてると思う。それはそれで仕方ないが、その隙を突くしか勝ち目はない。
    その方法として、インゴールへのハイパントを提案したい。相手陣22mライン近辺でアドバンテージが発生したら迷わず行ってほしい。格好悪いかどうかよりも、相手にとって嫌がらせになってるかどうかが大事。
    日本のホームなんで、蹴った瞬間にアドバンテージオーバーとは言わないでしょ(言ったらブーイングってことで)

    投稿: テルキー | 2013年6月 7日 20:33

    「ALL-OUT ATTACK」(^-^)/

    投稿: nick | 2013年6月 7日 20:20

    U-20は、トンガには勝ったけど、その前のカナダに敗れてたんですね。残念

    投稿: コドロニュー | 2013年6月 7日 19:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57542118

    この記事へのトラックバック一覧です: テストマッチ前日:

    « 日本対ウェールズ第1戦メンバー(6月8日) | トップページ | 「心で見る」トーク&サイン会 »