« 中井太喜選手、追悼ページ | トップページ | 日本対ウェールズ第1戦メンバー(6月8日) »

ウェールズ代表、花園で練習

201306041

4日は東大阪市の近鉄花園ラグビー場で、ウェールズ代表の練習を取材した。ディフェンスコーチのショーン・エドワーズ、ロックとフランカーの両方をこなすジェームズ・キングにもコメントが聞けた。8日のテストマッチをJSPORTSで解説するので、取材したことはそのときにも話したいが、エドワーズコーチにディフェンスシステムについて聞いてみると、「私の仕事は、ジャパンの攻撃を止めること」と詳しい内容は微笑みに包んだ。

BBCウェールズなど、本国からの記者に日本代表のことを質問され、「トンガは強いチームだ。日本はそのトンガとタイトな試合をしていた。いいコーチ(エディー・ジョーンズ)もいる。フィジー戦はコンディションが悪すぎて、あまり参考にならない。日本は個人というより、チームとして優れている」などと答えていた。キング選手は、オスプリーズ・クラブ所属。2009年のU20世界ラグビー選手権(JWC)のU20ウェールズ代表で来日している。「日本代表はフィットネス面で優れている。フィジー戦もあのコンディションの中でよく走っていた。出場できれば初キャップなので、ベストを尽くしたい」

午後3時からは、近鉄ライナーズとの試合形式の合同練習。近鉄ライナーズ応援くらぶの皆さんもやってきて、ライナーズの選手に声援をおくっていた。今回のウェールズ代表は、オーストラリア遠征のライオンズに15名が参加していて、1990年代生まれの選手が半数近くにのぼる若いチーム。それだけにモチベーションが高く、プロ集団らしく規律もしっかりしている。前日も花園ラグビー場でウエートトレーニングのあと、2時間半、みっちり練習したという。

体格は大きく、BKにも190センチ台の選手が多いので、ライナーズの選手達が小さく見えた。正代表のSOダン・ビガーの上手さは一目瞭然。攻守にラインを前に出す能力が高い。なにより驚かされるのは各選手の「速さ」だ。倒れてから起き上がるスピードも半端ではない。パワーというよりも、リアクションスピードで日本代表が圧倒されてしまうのではないかと危機感を抱いた。

この質の高いプレーは、ぜひとも多くの人に見てもらいたい。もちろん、好試合で日本代表が勝ってくれるのが一番なのだが、多くのラグビー関係者、愛好家が北半球王者チームのプロ選手達のプレーがいかなるものか、そして日本代表の現在地を目撃することが大切なのだと思う。生で見て、刺激を受けて、よく考えてほしいと思うのだ。東大阪市、関西ラグビー界あげての努力もあって、すでにチケットは一万枚以上売れているようだ。満員の花園で好試合を期待しよう。

最後の写真は、関西ラグビー協会会長であり、昨年、世界ラグビー殿堂入りを果たした坂田好弘さんに、ウェールズ代表から記念品が手渡されるところ。これを、BBCウェールズが取材をしていた。

201306042


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 中井太喜選手、追悼ページ | トップページ | 日本対ウェールズ第1戦メンバー(6月8日) »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    ウェールズのファンです。しかしながら暑い中でのラグビー、ご苦労様でしたと言うのが正直な感想です。ウェールズの若い選手には奮起を期すと共にテストマッチを楽しんで欲しいです。またスプラットはもっと若い選手を鼓舞し引っ張って欲しいです。とにかくロビンソン、ホウェルズがトライを量産し最後はプライディー登場で日本を蹴散らして欲しいです。クームズ、ブラッドリー・デービズにはこれまでの苦労をこの代表戦で晴らして欲しいと願います。このままでは終らせられません。

    投稿: タフィー | 2013年6月12日 13:57

    サッカーは盛り上がってますが、イマイチな試合内容で、かつ、W杯の出場を決めただけに過ぎません。

    サッカーのいいところは、強い相手に対しては、守備的という弱者の戦術によって、スコア的に接戦に持ち込める点。
    一方でラグビーは強者に有利なルールなので、弱者は接戦したい場合は、強くならないといけない。この差は大きい。

    ラインアウトに持ち上げを導入したことと、ペナルティーで蹴り出したら、ほぼ100%取れるマイボールラインアウトというルールはなくならないものかな、と日本代表が置かれている位置だけで考えると、そう願いたくなる。

    投稿: テルキー | 2013年6月 5日 21:07

    PNCで連敗し、リーチも負傷。強くなっているに違いないジャパンが対ウェールズでもかなりやるんじゃないかという期待が急にしぼんたような雰囲気です。でもなお、期待しています。田中、堀江が何かを変えてくれるはずです。これまでのメンバーも死に物狂いの奮闘を見せてくれるに違いありません。このチームは僕たち日本ラグビーファンの誇りを取り戻してくれると思っています。Fight!

    投稿: くんた | 2013年6月 5日 17:11

    「ザックJAPAN」に負けるな!頑張れ〜「エディーJAPAN」(^-^)/

    いよいよウェールズ戦。相手は強いが、絶対に勝て(^o^)/

    投稿: nick | 2013年6月 5日 14:15

    チケット売れているようで何よりです(^^)
    サッカーのオーストラリア戦も6万大観衆の最高の雰囲気でしたし、ラグビーの代表戦も常に満員になってほしいものです!

    さて今日「6月4日」は、あの対オールブラックス戦で145失点を喫した日ですね。あれから早18年ですか…(今年本当にオールブラックス来日するの!?)

    投稿: 亮 | 2013年6月 5日 02:10

    今日のサッカー日本代表のW杯世界最速決定の試合の、物凄い盛り上がりを見ていて、あらためてフットボールは0-0とか1-1とか2-1でいいんじゃないかと思いました。(サッカーのゴールとラグビーのトライを同様なものと捉えまして)。それ以上は大味な感じがして、感動が薄まります。ラグビーが日本国内で物凄い人気だった頃も、スコアはロースコアでした。「この視点そのワンポイント」もう少し考えてほしいものです。

    投稿: トンガリキッズ | 2013年6月 4日 23:47

    リーチは熱い。怪我が残念。                          ジャパンには本田圭佑のような選手がいない。                  クーパーにはfor the team が感じられない。                 本田は違う。クーパーを落とした首脳陣に乾杯。 

    投稿: japanway | 2013年6月 4日 23:07

    らいなーず応援くらぶ、ウェールズ戦も、ファンを先導して煽ってくれれば楽しいし、ジャパンのメンバーもリラックスできるのでは?

    投稿: えいじパパ | 2013年6月 4日 20:27

    毎度記事と関係なくm(_ _)m
    レッズのクーパーは今回の代表外れたとの話聞きました。

    こういう人日本に来てかき回してくれないですかね(笑)

    レッズとチーフスはとにかく嫌い(笑)でしたが、
    最近好きになりました。

    ある意味ジャパンに無いものがあると映ります。


    投稿: けんじ | 2013年6月 4日 19:58

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57524578

    この記事へのトラックバック一覧です: ウェールズ代表、花園で練習:

    « 中井太喜選手、追悼ページ | トップページ | 日本対ウェールズ第1戦メンバー(6月8日) »