« 6月15日の日本代表メンバー | トップページ | ナショナル・アンセム »

Red!Red!Red!大阪トークライブ(13日)

昨夜は、大阪・北浜のリンクスギャラリースペース大阪で、僕が進行する三夜連続トークイベントの3日目だった。これは、林敏之さんが会長を務めるNPO法人ヒーローズの「ウェールズ代表来日盛り上げイベント」の一企画。イベントはまだ続く。今夜は、林敏之さんとラグビー殿堂入りした坂田好弘さんという、レジェンド対談が行われる。本イベントの最後の夜なので、皆さんぜひご来場を。※北浜駅30番出口至近。

201306141

昨夜のゲスト東田哲也さんは、大阪工大高、同志社大学、ワールドで活躍し、現在は六甲クラブのGMを務める。1962年生まれだが、まだ現役登録をしている。この日は、なんと1983年の日本代表のウェールズ遠征のブレザーとセーターを持参し、写真のようにはおってくれたのだが、30年前のブレザーを完璧に着られるところがすごい。体型はほとんど変わっていないようだ。そして、セーターのほうは、トークライブの最後に参加者の皆さんとジャンケンをしてプレゼント。群馬から東田さんに会いにやってきたファンの方がゲットした。

東田さんと言えば、同志社大学の同期、平尾誠二さんと人気を二分し、土田雅人さんや、一学年上の大八木淳史さん、さらに上の林敏之さんらと同志社大学黄金時代を引っ張った人だ。ただし、膝の怪我もあって、日本代表キャップはウェールズ戦のみ。「大学のコーチには絶対に行くな、と言われましたが、僕はどうしてもウェールズに行きたかった。そのあと、膝が悪くなって思うように走れなくなりましたが、行って大正解だったと思っています」。ウェールズでは、普段はめちゃくちゃ面白い松尾雄治さんが、テストマッチの前に涙したエピソードなど語ってくれた。「あの涙で十分でした。奮い立ちました」。

東田さんは社会人になって膝を手術し、39歳までワールドでプレーした。高校時代は、伝説の名勝負「伏見工業対大阪工大高」に大阪工大高のCTBとして出場した。栗林選手の決勝トライに、わずかに手が届かなかったのが東田さんだ。「あのとき、もし僕が止めて勝っていたら、スクールウォーズもなかったし、ラグビー人気の爆発もなかった。ある意味、僕らが歴史を作ったようなもんで」と、面白おかしく伝説の試合を語った。

「僕はラグビーをしている人間が大好きなんです」と、これからもラグビーに関わり続け、普及活動に尽力する意気込みで、最後を締めてくれた。懇親会もほとんどの人が参加して、東田さんとたっぷりラグビー談義を楽しんでいた。東田さん、ありがとうございました。

トークの最後は恒例の林会長の謝辞。いつも、うるうるっときます。

201306142


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 6月15日の日本代表メンバー | トップページ | ナショナル・アンセム »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57589489

    この記事へのトラックバック一覧です: Red!Red!Red!大阪トークライブ(13日):

    « 6月15日の日本代表メンバー | トップページ | ナショナル・アンセム »