« 北野ラグビー90周年記念式典 | トップページ | ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ »

ユニバーシアード大会1日目結果

7月14日、ロシア・カザンのタルパースタジアム(Tulpar Stadium)で行われた第27回ユニバーシアード競技大会ラグビー競技(7人制)第1日目の男女の結果が入った。

■男子日本代表大会登録メンバー・大会規定番号
1.松延泰樹◎、2.彦坂匡克、3.鶴谷知憲、4.原田季郎、5.染山茂範、6.小原政佑、7.羽野一志、8.山内俊輝、9.吉澤太一、10.吉野健生、11.七戸勇気 ※◎はキャプテン、12番は欠番

第1戦 日本 28-15 ラトビア(前半14-5)
第2戦 日本 38-7 ナミビア(前半26-0)

■淵上宗志ヘッドコーチ
「初戦は硬さが見られたが、国際試合の経験がある選手たちがゲームを作ってくれて、ディフェンスも良かった。一方、ボールキープでは修正すべき点があった。2戦目は意図したプレーをアタック、ディフェンス共に出すことができた。この日のプール2勝で、ユニバーシアード大会さらに世界レベルでの総合大会で、日本として初のベスト8入りできたことは、選手たちが良く頑張ってくれたからである。ただし、目標はあくまでメダル獲得なので、2日目の試合に向けて準備を行っていきたい」

■松延泰樹キャプテン
「初戦に勝てたことが良かった。また、ラトビア戦で出た修正点をチーム全員で共有し、ナミビア戦で改善することができた。試合を重ねてチームの雰囲気も良くなってきている。プール1位通過を目指して、2日目の南アフリカ戦にチーム一丸となって臨みたい」

■女子日本代表大会登録メンバー・大会規定番号
1.冨田真紀子、2.三樹加奈、4.谷口令子、5.大黒田裕芽、6.鈴木彩香◎、7.鈴木陽子、8.鈴木実沙紀、9.横尾千里、10.桑井亜乃、11.井上愛美、12.加藤慶子※◎はキャプテン、3番の片嶋佑果選手は負傷離脱

第1戦 日本 0-22 フランス(前半0-7)
第2戦 日本 10-27 カナダ(前半5-15)

■浅見敬子ヘッドコーチ
「初戦のフランス、第2戦のカナダは、ともに個々のフィジカルが強くスピードのある選手が多くいるチームだった。日本は今大会、ポジショニングを速くし、コンタクトは低く激しく、そして、キックオフの精度を上げることをフォーカスポイントとしている。両試合ともにポジショニングの速さは非常に良く、攻撃に転じてからはボールが良く動いていた。しかし、初戦はサポートの遅さからターンオーバーされたり、ブレイクダウンの球出しが悪かったりで、良い攻撃をしても最後はミスで終わってしまう場面が多かった。2戦目はサポートの速さは改善し、日本の運動量がものをいう後半に得点を取ることができたが、勝利には至らなかった。2日目は前を向い
て2戦2勝したい。日本から応援してくださっている皆さん、引き続きご声援をお願いします」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 北野ラグビー90周年記念式典 | トップページ | ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57794770

    この記事へのトラックバック一覧です: ユニバーシアード大会1日目結果:

    « 北野ラグビー90周年記念式典 | トップページ | ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ »