« ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ | トップページ | 7月21日、22日、大阪のラグビーイベント »

ユニバーシアード2日目結果

7月15日、ロシア・カザンのタルパースタジアム(Tulpar Stadium)で行われた第27回ユニバーシアード競技大会ラグビー競技(7 人制)第2日の結果、男子日本代表はプールCを2勝1敗で終え、16日、メダル/プレート準々決勝でイギリスと対戦。女子日本代表は、アメリカとの9・10位決定戦に臨む。

■男子日本代表結果
第3戦:日本14-28南アフリカ(前半7-14)

◎淵上宗志ヘッドコーチ
「日本らしい戦い方はできた。取り組んできたアタックとディフェンスをすることができ、この試合に向けて準備してきたことも出せたと思う。ただ、アタックでもディフェンスでも詰めのプレーが甘く、その差が点差につながった。試合後、選手たちが本気で悔しがっていたので、明日もいいパフォーマンスを見せてくれると思う。これからトーナメントで勝つための準備をしていく」

◎松延泰樹キャプテン
「1位通過できなかったのはとても残念。しかし、ベスト8に入ることができたので気持ちを切り替え、16日からのトーナメントで一つでも上に行けるよう準備をしていきたい」

■女子日本代表結果
第3戦:日本0-19ウクライナ(前半0-7)
第4戦:日本5-19ロシア(前半5-14)

◎浅見敬子ヘッドコーチ
「ウクライナ戦は前日に続いてアタックは良いパフォーマンスを見せたが、試合中に負傷者が多く出たため、テンポをつかめな かった。自信を持ってアタックできているが、トライを取り切ることが課題。ロシア戦は負傷者が多数出たため、特別に5 対 5 の試合になった。コンタクトプレーやボールの継続がうまくでき、特別な状況ではあったが、ここまでのベストの試合と言えるかもしれない。しかし、この試合もトライが取れそうで取れないという課題は同じだった。最終日の試合は実施できるかわからないが、試合をすることができるのであれば、日本代表としてこの場に来ているので最後までしっかり戦いたい」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ | トップページ | 7月21日、22日、大阪のラグビーイベント »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57806460

    この記事へのトラックバック一覧です: ユニバーシアード2日目結果:

    « ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ | トップページ | 7月21日、22日、大阪のラグビーイベント »