« ユニバーシアード大会1日目結果 | トップページ | ユニバーシアード2日目結果 »

ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ

7月15日は、ラグビーワールドカップ(RWC)2019アンバサダーの発表記者会見、ラグビーワールドカップ2019ワークショップが開催された。RWC2019組織委員会から発表された6名の「ラグビーワールドカップ2019アンバサダー」は、以下の通り。

元木由記雄、大畑大介、増保輝則、桜庭吉彦、松田努、田沼広之

201307151

いずれも日本代表キャップ数の上位に入り、複数のワールドカップに出場している。今年の8月からは、全国47都道府県を順次訪れ、RWC 2019の普及・告知活動を実施する「TEAM 2019 全国キャラバン」をスタートする予定で、その他、各地で行われる普及イベントなどにも可能な限り参加する予定だ。

記者会見では、それぞれが抱負を簡潔にコメント。大畑大介さんは、「大畑大介は、2019年ラグビーワールドカップの宣伝部長に就任します。なぜなら、私はラグビー界NO1のメッセンジャーだからです」と、現役時代さならがらの強気発言で会場を盛り上げ、「皆さんは部員に就任してもらいます。信じてついてきてください」と力強く宣言した。

それぞれがワールドカップの経験を踏まえて成し遂げたいことを語り、田沼さんは、「2019年は日本中に桜を咲かせたい」と、日本代表の桜のジャージで日本中をいっぱいにしたいと意気込みを語った。

報道陣との質疑応答のあとは、抽選で選ばれたラグビーファミリーのみなさんとのワークショップ。アンバサダー一人に対して、8名ずつの班に分かれ、ファンができること、アンバサダーにやってほしいことを話し合った。そして、それぞれのアイディアを発表。「ファンが広告塔になる」、「スタジアムを楽しい場所に」、「応援団結成」などの大枠から細部に至るまでさまざまな意見が出た。「草の根大作戦」と題して、えんぴつを落としたら、「ノックオン」、マイクを離さない人は「ノットリリースザボール」など、すべてラグビー用語で突っ込むなど面白い案も。

201307152

最後は懇親会で締めくくられたが、アンバサダーの皆さんも、ファンの皆さんと直接言葉を交わし、前向きなアイディアをもらったことで勇気が出た様子。増保アンバサダーからは、「今度は、二泊三日ぐらいでガチでやりましょう」という超ポジティブなアイディアも。こうしたワークショップを全国的に展開したり、子供達ともやってほしいという要望もあって、2019年の大会成功に向けて、アンバサダー6人も忙しくなりそうだ。

アンバサダーは今後さらに人数を増やす予定で、海外出身の元日本代表選手や他競技の選手なども視野に入っているようだ。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ユニバーシアード大会1日目結果 | トップページ | ユニバーシアード2日目結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    あとはラグビー会のセルジオ越後がでてきてほしい

    投稿: とむお | 2013年7月16日 22:31

    一番は日本代表が強くなること


    そうなれば自然とファンは増える


    だってラグビーはみてて、おもしろい


    先日のライオンズ対オーストラリアなんて最高

    投稿: とむお | 2013年7月16日 22:25

    RWC2019なんとしても成功させたいですね。
    タクシー利用するたびに運転手さんに質問してるんですが、
    日本にワールドカップくること知ってる方にあたったことないです。
    かなり心配です。

    さて、私の提案です。
    1) national anthemは、是非とも生演奏で。
    もちろん軍人さんがベストです。

    2) 花園をはじめ、ワールドカップスタジアムにはオーロラビジョン必須です。

    3) これから建てる予定のワールドカップスタジアムは、必ずグランドレベルの観客席をつくってください。

    以上、3つは、日本がもっとも劣っている点であり、2019までに必ず改善できる点でもあると信じてます。

    投稿: カメ | 2013年7月16日 21:37

    いつも拝見しています。
    アンバサダーの方々に来ていただいていろんなイベントを行うにはどこにお願いすればいいのでしょうか。
    私は札幌で子供たちを指導したり、不惑チームでラグビーをやっています。
    ぜひアンバサダーの方々と一杯やりたいなと思っています。
    宜しくお願いします。

    投稿: 永山雅昭 | 2013年7月16日 20:14

    ラグビーらしい手作り感があって素晴らしい試みですね。47都道府県を順に廻るというのも、私のような地方在住者には楽しみです。
    と書いたところで逆のことを言うようですが・・
    ラグビー界はお金儲けをもうすこし率直に考えるべきなのではないかと最近思います。ラグビーにまだ興味がない人が見に行きたくなるようにするには?地上波TV中継を増やすには? そういうことを考えると、やっぱりビジネス感覚が必要なんじゃないかなあ、と。
    こう思ったのは先日、本当に10年以上ぶりにJリーグを見にいったからです。
    一連の実体験を書くと長くなるので割愛しますが、サッカー界の仕組みに感心してしまいました。集客戦略ありサッカー以外に楽しませる工夫あり、行った後のアフターフォローあり、全部ビジネス活動ですよね。プロリーグだからあたりまえですが、営業活動やサービス向上を現場レベルで泥臭くやっている。スポンサーを集める、お客を増やす、グッズなんかでも金を儲ける、競技レベルを向上させる、それを全部をリンクさせて発展する。そういうことを考えつづける仕掛けがJ-リーグから代表チームにまでつながっているのではないか、と。
    ファンの拡大策といっても、ボランティアの延長線みたいなことだけではやっぱり限界があるんじゃないのか?ラグビー界では無私=貴、は良いとして、ビジネス=卑のような感覚がまだありはしないか?あるいは不得手なだけかな?グッズの売り方にしても、何処となく商売っ気がないというか・・
    それがラグビーらしくっていいんだ、というファンもたくさんいらっしゃるでしょうが、もっと(選手のプロ化以外にも)“ビジネスとしてのラグビー”を考えなきゃいけないんじゃないか。
    そんなことを感じた次第です。

    投稿: くんた | 2013年7月16日 19:56

    島田さんの面白い書き込みに、ひとり笑ってます。そののりだと、救急車両もサイレン鳴らしながら「ロールアウェイ!」ですか?(笑)
    私は、自分の子どもと外を歩く時も、ノックオンのシグナルで「こっちだよ〜」とやってます。

    日本代表の外国人については、私もいいのか悪いのか、よく分かりません。IRB規定なので、そもそも議論しても仕方ないことでは?と感じます。日本ラグビーのスタイル確立やコーチング、セレクション、全て日本人で物事を進めるのは現実的ではないのだろうけど、いつの日か日本人だけで、ラグビー強豪国となるその日までの過渡的段階と捉えては?とも思うし、いやいや、人種主義ではないからこそラグビーなんだ、とも思うし。複雑な感情を抱いているのは私だけではないと思います。

    投稿: Do | 2013年7月16日 19:21

    アンバサダーさん達の仕事に要望なのですが、2019年日本開催を成功させるためにはどう考えても日本代表を応援してくれる一般人を増やさねばなりません。

    そこで壁となる問題が。
    ラグビーファンの間でも論争になるテーマ、『外国人の日本代表選手』の問題です。
    ウェールズ撃破翌日の某TVで、サッカー元日本代表のラモス氏が、『ラグビーは応援してるけど日本代表は応援出来ない。外国人が多すぎるしどこの国の代表だか分からない』との理由で‘喝!’判定。
    恐らくラグビーを知らない一般人の方は、普通に同意見であると推測いたします。

    ラグビーファンの間でも賛否両論ありますが、ラグビーファンの間の論争は『外国人は何人までOKか』でしょう。
    一般人の感覚では『外国人が入る時点で違和感』かもしれません。

    であれば、その現実を受け止め、受け身ではなく積極的に情報発信をし、母国以外でも代表選手になれるラグビー文化の素晴らしさを宣伝していく必要があると思います。このプロセスを飛ばしてしまって、会場に足を運んでくれる多くの新たなファンを獲得出来るイメージが沸きません。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年7月16日 10:58

    お疲れ様でした。

    実に楽しいワークショップになりました。
    今までの協会を考えると、想像できない今回の企画。

    引き続き多くの人たちとこのような機会を作り、2019年のラグビーワールドカップ(RWC)が成功するように協会・アンバサダーの皆さん。そして私たちラグビーファミリーが力をあわせていきましょう。

    まずは、ピンバッチを付けましょう。

    投稿: のんきな監督 | 2013年7月16日 09:16

    では、麻雀やってるときは、「マイケルリーチ!」と宣言する、
    ちっさい子供を立たせるときは、「立っち!ホールド…エンゲイッ!!」と言う(ひとつ前のコールですが)、
    仕事で何か選択を迫られたときは、それが相手陣なら迷わず「狙います」と言う、
    は?と言われたら「これはテストマッチなんだぞ!勝つことが最優先なんだ!」と言う、
    カラオケでは必ず「エディ・マイラブ・ソスイー♪」と歌う、
    自分が予想したことが的中したときには、「ホラニ、言ったでしょ?」という。
    ランチで並ぶときはシェイプを意識する、横から入ってきたらオフサイドをアピールする、
    仕事で肩がこったときには、「ダン・カーターがコーリー・ジェーンでさぁ」と、さりげなく秋のABs線をアピールする、
    何か物を奪うときは、必ず後ろ側から入って膝をつかずに取る、

    離婚した友人に向かって「アーリーエンゲージだね」と言う(どっちが先に落としたかは当事者しか分からないという解説も加えてあげる)

    これが我々ラグビーファンにできる普及活動ではないでしょうか。

    投稿: 島田 | 2013年7月15日 23:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57798750

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグビーワールドカップ2019アンバサダー発表&ワークショップ:

    « ユニバーシアード大会1日目結果 | トップページ | ユニバーシアード2日目結果 »