« ラグマガ9月号&クリニック(スクール指導者必読) | トップページ | 8月1日の網走 »

網走にて取材開始

201307311

31日の早朝、羽田空港から女満別空港へ向かった。複数のラグビー関係者と一緒になった。空港の気温は22度。さっそく、網走は呼人(よびと)のスポーツトレーニングフィールドへ。神戸製鋼の練習が始まるところだった。22度より、少し暑い気がした。午後には快晴となり、素晴らしい仕上がりの芝生が輝いていた。

朝は、平尾誠二GMと言葉をかわしたあと、コカ・コーラウエストの練習を取材。山口智史監督、豊田将万キャプテンらに話を聞く。今回の出張は、JSPORTS、8月24日に放送予定のトップリーグのチーム紹介番組の収録が主な仕事だ。「泥臭いけど、面白い、オリジナルのラグビーをやりたいです」と豊田キャプテン。スリムになった肉体が走り込みを物語っていた。サモア代表のエリオタ・サポルが、日本語で景気づけの声をあげてくれたので、このあたりは番組にて。

午後は、トヨタ自動車対NTTドコモの試合を取材。ドコモは、新戦力のフィジー代表WTBシレリ・ボンボが初出場。異次元のスピードでさっそくトライをあげていた。ドコモがディフェンス面でも健闘したのだが、トヨタの攻撃力が勝って、イエーツのトライなどで40-14の快勝。前後半で大きくメンバーを変えながら、層の厚さも見せていた。写真は、一言インタビューに答える、NTTドコモのボンボ。37歳ながら、5年前から、「酒、タバコや、体に悪いものはすべて断っている」そうで、節制のおかげてスピードは衰えていない。

201307312

隣のグラウンドでは、近鉄がサントリーに、59-21の快勝。近鉄は前後半で大きくメンバーを入れ替えながら、レギュラークラスが多かったのに対して、サントリーは、真壁、佐々木、日和佐、平らの主力組以外は若手が多く、近鉄のリコ・ギア、重光らに次々に抜け出され、一方的に攻められる時間も長かった。長いシーズンを戦い切るために、若手の成長は欠かせないところ。逆に近鉄は接点で当たり勝ち、春から一対一を重視してきた練習の成果が出始めているようだった。

網走を軸にした北海道には、トップリーグの16チーム中15チームが合宿を行っている。練習試合も活発に行われており、シーズンを占うにはいい取材ができてありがたい。

きょうの最後の仕事は、神戸製鋼に加入したトップリーグ史上最長身のアンドリース・ベッカー選手を、トップリーグで最も小さな秦一平選手(NTTドコモ)が訪ねるという企画。どんな画になったかは、8月24日の番組をお楽しみに。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ラグマガ9月号&クリニック(スクール指導者必読) | トップページ | 8月1日の網走 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    近鉄の勝利は楽しい秋シーズンを予感させますね。何年かぶりにJーSPORTSに復帰加入したので、今年はたくさん試合を見れそうっす!

    投稿: テルキー | 2013年8月 2日 18:21

    練習試合とはいえ、近鉄が去年のチャンピオンチームに勝利したと知って素直にうれしいです。ここまで順調に来ているようですね。サモ選手もさっそく豪州から来日してチームに合流したとのことで楽しみです。ゴー、ライナーズ!

    先日大阪で開かれたトークショーでドコモの秦選手のお話も聞けました。JSPORTSの24日の番組にも期待が高まります。

    投稿: 奈良の近鉄ファン | 2013年8月 1日 15:36

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57901279

    この記事へのトラックバック一覧です: 網走にて取材開始:

    « ラグマガ9月号&クリニック(スクール指導者必読) | トップページ | 8月1日の網走 »