« 3000回目の日記 | トップページ | アジアのラグビー普及が活発化 »

オールブラックス来日公式発表

7月12日、午前11時(日本時間)、日本とニュージーランドの両ラグビー協会から同時に、日本代表とニュージーランド代表オールブラックスのテストマッチの日程が発表された。

2013年11月2日(土)
秩父宮ラグビー場(キックオフ時間未定)

日本協会で行われた記者会見で明らかになったのは、この試合が、IRB(国際ラグビーボード)も承認し、両国協会がキャップ対象試合と認める正式なテストマッチだということ。また、同時に、11月9日のスコットランド代表とのテストマッチのみが発表されていた欧州遠征で、あと2つのテストマッチを組むことも明らかになった。相手はいま交渉中だが、世界ランキング20位以内のチームで調整中だという。

20130712

エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチは次のようにコメント。「オールブラックスは現在世界1位のチームであり、最近の50テストマッチでの勝率は90パーセント以上です。これは日本にとって素晴らしいチャンスです。我々は全力で勝ちに行きます。オールブラックスはフィジカル面でも世界一のチームであり、フィジカルなチャレンジで真っ向勝負したい。勝つためには、オールブラックスを考えさせるように戦わなくてはいけません。選手達は、明日からニュージーランドと戦うためのトレーニングを始めてほしい」

同席した元オールブラックスのジェローム・カイノ選手(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)は、「日本は春のシリーズで素晴らしい成果をあげた。エディー・ジョーンズHCの言う戦い方を実現する能力もあると思います。オールブラックスのフィジカル面の強さをどう攻略するかがポイントでしょう」と語った。

オールブラックスが日本で日本代表と戦うのは、1987年以来のこと。今回は、日本のテストマッチのあと欧州遠征だが、日本と戦うのは若手が軸になる可能性が高い。それでもオールブラックスとの力量差は現時点では大きい。ただ、2015年のワールドカップで南アフリカ、スコットランド、サモア、アメリカから2勝以上をあげるためには(※目標の世界トップ10入りには最低2勝以上が必要という意味で)、現在の強化スピードでは足りない。強豪国と戦うことで強化のスピードアップを図らなくてはいけないのだ。オールブラックス戦は、大きな効果があるはずだし、そうしなければいけない。

ジョーンズHCはこうも言っている。「全力で勝ちに行くが、もし勝てなかったとしても、どうすればいいのかという課題が見つかる。これほどポジティブな試合はない。進化の道のりは止まらないということです」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 3000回目の日記 | トップページ | アジアのラグビー普及が活発化 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    同日、国立でナビスコカップ決勝です…。東京にこだわらず(例えば宮城スタジアムとか)、というファン同士の議論もありましたが、協会からしたら端から秩父宮しか頭になかったんでしょうね。芝のコンディションが気になります。

    投稿: えいじパパ | 2013年7月14日 07:07

    行きた〜い。っていうか絶対行く〜(^-^)/

    問題はチケットだね。取れるかな〜。料金も気になる。秩父宮は好きな会場だけど国立がいいんじゃない(^-^ゞ

    投稿: nick | 2013年7月12日 19:47

    親子4人で観戦することが先ほど決定。
    さて、チケットの価格はどうなるかな?

    本当はもう少し大きなところでやってほしいな!!

    投稿: のんきな監督 | 2013年7月12日 14:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57775133

    この記事へのトラックバック一覧です: オールブラックス来日公式発表:

    « 3000回目の日記 | トップページ | アジアのラグビー普及が活発化 »