« 第34回みなとスポーツフォーラム | トップページ | ラグマガ9月号&クリニック(スクール指導者必読) »

スーパーラグビー準決勝・結果

27日の土曜日は、スーパーラグビー2013年の準決勝だった。まずは、ディフェンディング・チャンピオンのチーフスと、過去7度優勝のクルセイダーズが対戦。前半はハンドリングエラーの多かったチーフスが、チャンスを生かせず、クルセーダーズがSOダン・カーターのPGでリードしたが、後半はチーフスの激しく前に出るディフェンスが機能し、SOアーロン・クルーデンがインターセプトからトライ。20-9と突き放した。

その直後の、クルセイダーズのFBイズラエル・ダグの個人技からのトライは、実況が谷口さんだったら「スーパー!」と叫ぶもの。最終的には、チーフスが、20-19で逃げ切ったのだが、最後まで目の離せない好試合だった。結果を知ってからでも見る価値十分。これで、総合1位でレギュラーシーズンを終えたチーフスは、ホームでの決勝戦が決まった。

もう一つの準決勝は、南アフリカのプレトリアで、ブルズがブランビーズを迎え撃った。前半は、ブランビーズがPRアレグサンダーを軸にスクラムで圧力をかけ、FBジェシー・モグのトライなどでリードしたが、後半に入ると、ブルズがパワフルな縦突破を軸に盛り返し逆転、ところが、その後、3度訪れたPGチャンスを狙わずに、タッチからトライを狙うという疑問の判断が続き、トライを奪えず終い。4度目のPGは狙ったが、正確無比なプレースキッカーであるSOモルネ・ステインを擁しながら、理解できない試合運びだった。

そして試合終了間際、ブランビーズのCTBテヴィタ・クリンドラニが逆転のトライ。アウェイで劇的勝利をものにした。ブランビーズのFLジョージ・スミスの働きは目を見張るものがあった。後半の立ち上がりにトライを防いだタックルは、インゴールに入った相手のボールを両手を膝を巧みに使いながらブロックする名人芸。そのほかも、ブレイクダウンで相手ボールを奪う動きを何度も見せた。これらのプレーは必見。

決勝戦は、8月3日、ニュージーランド・ハミルトンで行われる。


|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 第34回みなとスポーツフォーラム | トップページ | ラグマガ9月号&クリニック(スクール指導者必読) »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    65分のステインのキックの後のプレーだと思いますが、
    現地の放送を見るとDeliberate infringementと表示されていたので
    故意の反則ということですが、
    完全にボールがラインの外だったので若干タフコールでしたね。
    確かにクイックスローの邪魔にはなりました。
    まぁ試合の流れ的にはその後のラインアウトで取り返して、
    ボックスキックからタマニのオフサイドにつながったので
    影響はなかったので本人もほっとしたでしょう。

    それにしてもブルズのバッソンが残念でしたね。
    最後のトライも内側のフォワードを確認すれば
    飛び出す必要がなかったんですが。。。

    投稿: たま | 2013年7月31日 02:25

    ダグのトライは凄かったです。
    ただ、ここ何試合か本来の動きではなかったように映りました。
    チャンピオンシップでの肝の試合の先発FBはやっぱりベンスミスなのかなぁ(笑)

    しかしジョージスミスは素晴らしい。
    今回は日本に戻るんですよね?

    …何とも複雑(笑)

    投稿: けんじ | 2013年7月28日 17:33

    ブルズvsブランビーズ戦の後半、モルネのフリーキックをブルズのリザーブ選手がブランビーズの選手のタッチライン外のキャッチを妨害した行為に対してのペナルティ。
    あれってチームに対するペナルティなんですか?初めて見ました。ルール上、どんな反則になるんでしょうか?もちろん、ジュベールさんの結論は妥当なものだと思います。

    投稿: デンタルフロス | 2013年7月28日 14:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57879181

    この記事へのトラックバック一覧です: スーパーラグビー準決勝・結果:

    « 第34回みなとスポーツフォーラム | トップページ | ラグマガ9月号&クリニック(スクール指導者必読) »