« ジョージ・スミス先発ほか | トップページ | 2019RWCワークショップ&大阪トークライブ告知 »

文京ラグビースクール

縁あって東京の文京ラグビースクールの練習を拝見した。2013年4月に正式に開校した新しいラグビースクールである。

201307071

文京区大塚にある筑波大学附属高校の広々としたグラウンドでは、子供達が楽しそうに楕円球を持って走り回っていた。こんな都心に、広々とした青空が広がっていて、なんだか幸せな気分になった。暑かったこともあって、幼児は空調設備のある体育館で駆け回り、外の子供達はホースで水をかけられると叫び声をあげてはしゃいでいる。その笑顔を見て保護者の皆さんも嬉しそう。

201307072_2

スクールの校長は、小石川高校、東京大学、日本IBMでプレーし、東大ラグビー部の監督も務められた齋藤守弘さん。副理事長の名方幸彦さん、コーチ陣の中心となる日本IBMラグビー部OBの嶋宮利明さんにも、お話が聞けた。現在、スクールの生徒は、幼児から中学生まで70名。女の子もいる。区外から電車や車でやってくる人もいるそうだ。

日本ラグビー全体の競技人口は横ばいだが、ラグビースクールは増えている。ラグビー経験者の子供達だけでなく、子供達に逞しく育ってほしいと思う親が増えているということもあるようだ。先日、世田谷ラグビースクールの関係者の方と話したが、500名を超える部員がいる。しかも希望者は増える一方で、夏合宿は二班に分けて行うのだとか。文京ラグビースクールも、体験入学の子供達が次々にやってくるようだ。

文京ラグビースクールが目指すものは、「昨今の厳しい社会環境の中で、次世代を担う子供を、“One for All, All for One”という素晴らしい精神を持つスポーツであるラグビーを通して育成すること」だという。練習は、ここ筑波大学附属高校グラウンドはじめ、辰巳の森海浜公園ラグビー練習場、小石川運動場などが使用されている。

ご興味のある方は、文京ラグビースクールのホームページをのぞいてみてください。
http://bunkyo-rugby.org/index.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ジョージ・スミス先発ほか | トップページ | 2019RWCワークショップ&大阪トークライブ告知 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57742584

    この記事へのトラックバック一覧です: 文京ラグビースクール:

    « ジョージ・スミス先発ほか | トップページ | 2019RWCワークショップ&大阪トークライブ告知 »