« 7月21日、22日、大阪のラグビーイベント | トップページ | 近鉄ライナーズ・トークライブ »

ユニバーシアード最終結果

第27回ユニバーシアード競技大会のラグビー競技(7人制)は、17日に大会最終日を迎え、男子日本代表は6位。女子は9位で大会を終えた。男子決勝は、ロシアが29-19でフランスを下し、金メダル。女子もロシアが、イタリアとの決勝を30-10で制して優勝した。

■男子日本代表:試合結果
プレート決勝:日本 10-19 ベルギー(前半5-12)

■淵上宗志ヘッドコーチ
「最後の試合は勝ちたかった。選手は大会を通じて成長した。良い結果を残したかったが、メダルを獲ることはできなかった。この大会でこだわってきた、走って相手を崩すという点は通用したが、フィジカルで負ける局面が多かった。今後このような世界大会でより上を目指すため、さらに強化をしていかなければならない」

■松延泰樹キャプテン
「大会を勝利で終えられなかったことが悔しい。チームは試合を重ねるごとにレベルアップしてきた。このメンバーでメダルを取りたかった。大会後、選手はそれぞれの所属チームに戻るが、再びこのメンバーで日本代表として戦えるよう努力していきたい」

■女子日本代表:試合結果
9/10位決定戦:日本10-5アメリカ(前半0-0)

■浅見敬子ヘッドコーチ
「大会第3日の本日、女子日本代表は残念ながら上位トーナメントに進むことができませんでした。しかし、負傷者も出た中で結束を固めて、7人の選手がフィールドで戦うことができました。日本から応援して下さっている皆様の声援に少しでも応えるために、選手はボールに集中しました。シンビンを出した後に後半2トライをとり、つなぐラグビーをすることができて、最終戦を勝利で飾ることが出来ました。最後まで代表としての責任を全うしようと戦った選手に感謝しています。一方、選手のコンディショニングやフィジカルといった面で反省や課題が出ました。決して下を向かずに、次のステージへ進みたいと思います。最後に、日本からたくさんの応援を頂きました。大変にありがとうございます。心から感謝申し上げます」

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 7月21日、22日、大阪のラグビーイベント | トップページ | 近鉄ライナーズ・トークライブ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    記事と関係なくてすみません。

    リッチー・マコウ選手がSRプレーオフトーナメント1回戦のレッズ戦にベンチ入り。遂にリッチーがルセイダ-ズのニュージャージを着る。私はマコウ選手より先にニュージャージ(レプリカ)デビュー(笑)。

    当然リッチーを応援してるけど、レッズも好きなチーム。

    試合はどっちが勝つかわからないけど、もの凄い「スーパー」な試合を期待してます(^-^)b

    投稿: nick | 2013年7月18日 13:32

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57812977

    この記事へのトラックバック一覧です: ユニバーシアード最終結果:

    « 7月21日、22日、大阪のラグビーイベント | トップページ | 近鉄ライナーズ・トークライブ »