« アジアのラグビー普及が活発化 | トップページ | 北野ラグビー90周年記念式典 »

トップリーグ新人研修会

7月13日の午後、日本ラグビーフットボール協会の会議室でトップリーグの「2013年度新人研修会」が行われた。今回は、91名の新人選手が出席し、「トップアスリートのコミュニケーションについて」、「コンプライアンスについて」の講義を受けた。

201308131

冒頭は、就任したばかりの高島正之チェアマン、トップリーグの南隆雄委員長がトップリーガーとしての心構えを話し、キャプテン会議の竹本隼太郎代表が、キャプテン会議の役割などを説明。「みんなでラグビーの価値を上げて行きましょう」と締めくくった。

報道陣は選手の後ろに座っていたのだが、まあ、みんなの背中の大きいこと。三角筋とか広背筋とか、みんなめちゃくちゃ発達している。

取材が許されたのは、青島健太さんによる「トップアスリートのコミュニケーションについて」の講義だった。元気いっぱいの青島さんは、まずはダジャレで肩慣らし。静まり返った新人たちに「このピッチは滑りやすいですね。気を付けないと」と軽く笑いをとって、リラックスした雰囲気を作っていた。

青島さんの話は実践的。メディア対応では、礼節、感謝、謙虚さをわきまえた上で、個性を出すように具体的な受け答えを例示し、声のトーンで印象が変わることの実演や、インタビューに答えるときに押さえておくべきポイントを説明。実際に選手にインタビューし、それをビデオに撮ってみんなで見たりと、具体的で面白かった。

201307132

写真は、名前が同じだったことで真っ先に指名されたサントリーの塚本健太選手(天理大卒)。無難にこなしたが、「いつも通りのプレーを」と言ったのを、青島さんに、「その、いつものプレーと言うのを、もう少し分かりやすく情報を出したいね」と指摘されていた。この他、東芝の小川高廣選手、パナソニックの阿部浩士選手、神戸製鋼の田中大治郎選手が模擬インタビューに臨んだ。

トップアスリートとしての自覚と責任について、新人選手もさまざまに感じたことだろう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « アジアのラグビー普及が活発化 | トップページ | 北野ラグビー90周年記念式典 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    記事と関係なくてすみません。

    今日、高校の練習試合のレフリーで「クラウチ・バインド・セット」のスクラムをやりました。

    第一印象は近いな〜(笑)。安全とコラプシング防止が目的とはいえ頻繁に変わりすぎ(笑)。

    しばらく悩みそう(-_-;)

    投稿: nick | 2013年7月14日 21:10

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57784598

    この記事へのトラックバック一覧です: トップリーグ新人研修会:

    « アジアのラグビー普及が活発化 | トップページ | 北野ラグビー90周年記念式典 »