« ブルソーに会う | トップページ | 安井龍太に会う&お知らせ »

藤田、オールブラックスと対戦か

8月9日、ニュージーランドの首都ウェリントンで、オールブラックスと、ウェリントン・ライオンズ、カンタブリアンズの三つ巴の練習試合が行われるのだが、そのカンタブリアンズのメンバーに、日本代表の藤田慶和の名がある。

この試合は、8月17日に開幕するザ・ラグビーチャンピオンシップ(ニュージーランド、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチン)を控えたオールブラックス、そして、ニュージーランドの国内州代表選手権ITMカップの準備中のウェリントン代表、カンタベリー代表それぞれのウォームアップマッチとして行われるもの。昨年もオールブラックスは、カウンティーズ・マヌカカウ、オークランドと戦い、これが功を奏した。

試合は、40分が3本。今回は、ITMメンバーではなく、トレーニングスコッドでメンバーを編成するので、カンタベリーではなく、カンタブリアンズとして試合する模様。まずは、カンタブリアンズとウェリントンが戦い、次は、カンタブリアンズとオールブラックス、最後にオールブラックスとウェリントンが戦う。

藤田が出場すれば、日本代表より、一足先にオールブラックスと戦うことになる。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ブルソーに会う | トップページ | 安井龍太に会う&お知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    NZ挑戦中の藤田・山田両選手には頑張ってほしい。そしてクルセイダ-ズ対ハイランダ-ズで両選手のトイメン対決を見させてくれ(^-^)/

    投稿: nick | 2013年8月 9日 22:22

    藤田、楽しみですね。
    探してみたカンタベリアンズのメンバー表はポジションが書いてなかったのですが、コリン・スレイドがカンタベリアンズのFBという報道がありますので、藤田はWTBでの出場になりそうですかね。
    いずれにせよ、貴重な経験です。

    日本は大学ラグビーという特殊なカテゴリーが存在し、それが伝統と人気を持つがために、皮肉なことにこの年代から世界から取り残され始めるという現実があります。
    藤田のように大学ラグビー部に籍を置きながら海外で活躍する選手が成功し、これに続く選手が続々と出てくることによって、結果として大学ラグビーのレベルも確実に上がっていくと思います。
    シーズンに向けたチーム作りを考えたら、チームに縛り付けておくのが普通だと思いますが、送り出した早稲田大学の決断も立派です。

    投稿: とぅいがまらー | 2013年8月 9日 06:57

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57953882

    この記事へのトラックバック一覧です: 藤田、オールブラックスと対戦か:

    « ブルソーに会う | トップページ | 安井龍太に会う&お知らせ »