« サクラ・フィフティーン発表 | トップページ | ブルソーに会う »

立川理道選手&山口良治さん伝道事業

女子日本代表の記者会見のあと、千葉県船橋市のクボタスピアーズのグラウンドに向かった。クラブハウスで立川理道選手のインタビューをしたのだが、腕が太くなっていて驚いた。この春は、日本代表のSOとして着実に成長していたが、本人は、国際試合のプレッシャーの中で、「間違いのない判断が増えてきた」と手ごたえを感じていた。

Tatekawa

いろんな話を聞くなかで、課題を問いかけると、「タックルです」というコメント。「昔は、タックルは根性でなんとかなると思っていたんですよ(笑)。でも、今はスキルが8割くらいだと思うようになりました。最初から低くなって、頭を下げてタックルする中学生とか高校生がいるでしょう? あれだと危険だし、相手は準備しやすい。低いのか高いのか分からないような体勢で構えて、タックルするときに素早く低くなれば倒しやすい。逆に相手がすごく低ければ、引きずり倒してボールを獲りに行く.。闇雲に行ってもダメ。僕ももっとスキルを磨かなくてはいけないです」。なるほど、立川理道の進化は止まらない。

続いて、ラグビーの展示イベントのお知らせ。

9月7日~23日まで、京都のアクアアリーナ2階特設会場にて、伏見工業高校ラグビー部総監督であり、元日本代表FLの山口良治さんの「RUGBY WORLD『ラグビーと歩んだ55年の軌跡』展」が開催される。

京都スポーツの殿堂入りを果たした山口良治さんの「伝道事業」で、ラグビーを通じてスポーツの魅力と感動を広く発信するのが目的。山口さんが、日本代表時代に交換した代表チームのジャージ、日本代表キャップなど貴重な品々が展示される。ご本人は「未来の子供達のためにやるのです」と話し、世界の広さとラグビーの素晴らしさを知ってもらいたいという願いがある。伏見工業高校ラグビー部OBを軸に構成された「信は力なり」実行委員会が主催。京都市が共催する。

開催期間:平成25年9月7日(土)~23日(月・祝)
※火曜は休館日
開催時間:午前10時~午後6時
入場無料

★京都スポーツの殿堂は、京都にゆかりのトップアスリートの功績を讃えるとともに、その力を市民スポーツの振興をはじめ、子供たちや市民に夢と希望を与えるため、平成22年度に創設された。現在、西京極総合運動公園の市民スポーツ会館内に「京都スポーツの殿堂」ホールを設置し、「殿堂入り」したトップアスリートのゆかりの品を展示しているほか、殿堂入り者による子供たちや市民を対象としたスポーツ教室や講演会などの「伝道事業」を実施している。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « サクラ・フィフティーン発表 | トップページ | ブルソーに会う »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    立川理道選手の一層の進化を、楽しみにしています。
    一度、ナマで会ってみたい。

    「RUGBY WORLD『ラグビーと歩んだ55年の軌跡』展」
    京都まで観に行こうと考えています。
    ラグビーをやっていなかった私ですが、
    「スクールウォーズ」は夢中になって観ていましたし、
    NHK「プロジェクトX」も、何度も繰り返し観ました。 

    山口良治さんともチャンスがあれば、お話ししてみたいです。

    投稿: トーシロ | 2013年8月14日 05:38

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57939616

    この記事へのトラックバック一覧です: 立川理道選手&山口良治さん伝道事業:

    « サクラ・フィフティーン発表 | トップページ | ブルソーに会う »