« スーパーラグビー&お知らせ | トップページ | 立川理道選手&山口良治さん伝道事業 »

サクラ・フィフティーン発表

2014年の「女子ラグビー(15人制)ワールドカップ2014(WRWC2014)」(8月1-17日、フランス)のアジア地区予選が、9月4日、7日にカザフスタンで行われる。8月6日、この予選に参加する女子日本代表「サクラフィフティーン」のメンバー26名が発表された。

20190806

写真は、萩本光威ヘッドコーチ、鈴木実沙紀キャプテン(向かって右)、中村知春バイスキャプテン。萩本HCは、「カザフスタンが最大のターゲット」と、過去2大会の出場を阻まれている相手チーム名をあげた。「昨年のアジア4カ国対抗では、トライ数1本対3本で負けた。日本の防御力は上がっているので、攻撃力を磨いて4トライあげて勝利したい」とコメント。予選はノックアウト方式のトーナメントだが、4トライを目標に攻撃力を上げることで、具体的なイメージを描いているようだ。予選に参加するのは、カザフスタン、日本、香港、シンガポールの計4チーム。日本はまず香港と対戦し、勝った場合は、カザフスタンと決勝で当たる可能性が高い。

選考方針について、萩本HCは、タックル力、争奪力、フィットネス、移動スピードの速さなどをあげ、フィジカルの強いカザフスタンに対して、接点に強く、試合終盤になっても運動量、集中力の切れない選手を選んだと説明した。また、「女子はラグビー経験の浅い選手が多く、どうしても経験ある選手に判断を委ねてしまう。経験はなくても主体的に動ける選手も重視した」と話す。

鈴木キャプテンは、「サクラフィフティーンとして最初の試合です。必ず勝利したい」とコメント。春はずっと7人制をプレーしていたことについては、「7人制と15人制のFWの動きは違いますが、私も初代表は15人制。憧れていた先輩たちも、15人制代表の皆さんでした。心も体も切り替えはできています」とキッパリ。中村バイスキャプテンも「15人制は経験豊富な選手が多く、先輩たちから多くを学び、15人制モードで頑張りたいです」と力強かった。

■女子日本代表(サクラフィフティーン)メンバー
【FW14名】
佐々木 時子( 世田谷レディース)、アンジェラ・エルティング(PHOENIX)、乾あゆみ(兵庫県ラグビースクールレディース)、松平 貴子(TKM7)、マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ(PHOENIX)、伊藤 真葵(名古屋レディース)、竹内亜弥(世田谷レディース)、山本さやか(名古屋レディース)、野毛 伸子(大阪ラグビースクールレディース)、林明里(世田谷レディース)、鈴木実沙紀( 関東学院大学ラグビー部)、横尾千里(世田谷レディース)、齋藤聖奈( 阿倍野 HOLLY’s)、末 結希(東京学芸大学/世田谷レディース)
【BK12名】
兼松由香(名古屋レディース)、大島千佳(Rugirl-7)、中村知春(PHOENIX)、鈴木彩香(立正大学ラグビー部)、山口真理恵(Rugirl-7)、神村英理(世田谷レディース)、鈴木美緒(日本体育大学ラグビー部女子)、小磯雅子(日本体育大学ラグビー部女子)、樋口由依(日本体育大学ラグビー部女子)、平塚夢乃(RKUラグビー龍ヶ崎)、山中侑香(兵庫県ラグビースクールレディース)、山田怜(TKM7)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « スーパーラグビー&お知らせ | トップページ | 立川理道選手&山口良治さん伝道事業 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    協会の発表の段階から「TKM7」になっていますが、最近「TKM」に改称したのかなと思います。

    投稿: トンガリキッズ | 2013年8月 6日 23:11

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/57939429

    この記事へのトラックバック一覧です: サクラ・フィフティーン発表:

    « スーパーラグビー&お知らせ | トップページ | 立川理道選手&山口良治さん伝道事業 »