« 2013年度トップリーグ開幕! | トップページ | TL開幕節9月1日結果 »

TL開幕節・31日の結果

31日は、神戸総合運動公園に行っていた。JSPORTSで神戸製鋼対NECの解説をした。試合序盤は強い風が吹き、途中でスコールのような大粒の雨が落ちる難しいコンディションになったが、最後まで勝敗の行方の分からない面白い展開になった。

神戸製鋼の苑田ヘッドコーチは、「ナドロをSO周辺に走り込ませてくるのは分かっていたし、接戦になると思っていたので、ディフェンスが良く、プレースキックの正確な山本大介をSOに起用しました。ナドロを前に出さなかったし、最後のコンバージョンキックを決めてくれたことが勝利につながりました」と、SO山本の起用を説明。山本はハーフウェイラインからのPGも成功させるなど勝利の立役者となり、マン・オブ・ザ・マッチに選出された。

この日の神戸製鋼は序盤からパスミスを連発し、目指す「ムービングラグビー」が不発のまま時が過ぎた。NECは迷いなく接点で前に出てボールに絡み、SOウェブの防御背後へのパントキックなどでチャンスを作った。12分、CTB釜池が10-3と突き放すトライをあげる。神戸製鋼FL安井のトライで追いつかれ、PGで逆転されたが、38分には、CTB田村のパスを受けて再び釜池がトライし、17-13とリードした。

その後は、神戸製鋼のCTBフーリーのトライ、ウェブと山本のPG合戦で、後半24分、26-21とNECリード。NECはなおも激しく前に出たが、27分、途中出場の神戸製鋼WTBフレイザー・アンダーソンが山本のキックパスをキャッチ、28-26とするトライをあげ、辛くも勝利した。トップリーグデビューとなった、LOアンドリース・ベッカーは、208㎝の長身でラインアウト、キックオフで非凡なところを見せたが、ハンドリングエラーやミスタックルもあって、ほろ苦いデビューだった気がする。

神戸製鋼の伊藤鐘史ゲームキャプテンは、こうコメント。「序盤は、NECのディフェンスが鋭く、ブレイクダウンで焦ってボールを出していた。効果的なキックができず、パスミスなどが起きた原因はそこだったと思います。しかし、パニックにならずに戦えたことが勝利につながりました」。

NECのグレッグ・クーパーヘッドコーチは、「難しいコンディションのなかで、それに合う戦い方もできたし、ディフェンスも良かった。ただ、相手がPGを決められる場所で反則を犯してしまった」とコメント。浅野良太キャプテンは、「3月から約6カ月間、勝つために準備してきました。スローガンの『ノーリミット』を体現してくれました」と話したところで、涙声になった。続けて、「足を運んでくれるファンの皆さんに、次こそ勝つところを見せたい」と声を振り絞った。NECにとっては、悔やんでも悔やみきれない惜敗だった。

他会場も含めて、8月31日の結果は以下の通り。東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗選手が、トップリーグ100試合出場を達成している。トップリーグ19人目。

■TL開幕節・8月31日の結果
神戸製鋼○28-26●NEC(前半13-17)
ヤマハ発動機○38-28●クボタ(前半20-21)
近鉄●0-46○パナソニック(前半0-18)
リコー△27-27△コカ・コーラウエスト(前半17-5)
東芝○10-8●キヤノン(前半10-3)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 2013年度トップリーグ開幕! | トップページ | TL開幕節9月1日結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    キャノンが去年から面白いです。

    永友監督が「前へ」イズムを継承しているのか?と東芝戦を観て感じました。

    外国人選手も生き生きして見えます。
    他に比べて(笑)


    投稿: けんじ | 2013年9月 5日 02:03

    神戸戦に続いて、トヨタ戦も解説ということでお疲れさまです。

    神戸は勝てたのが不思議な戦いぶり。能力を出すのが下手なのか、そもそも能力なんてないのか、今年もヤキモキさせられそうです。不思議と初戦勝てないNECが相手で良かった。

    トップリーグも楽しみですが。今年は関西大学ラグビーもおもしろそうです。

    投稿: テルキー | 2013年9月 1日 19:38

    初めまして。神戸製鋼とチーフスのファンの学生です。
    テレビで村上さんの解説をいつも楽しみにしています。
    今回も選手個々の特徴をいろいろと聞けたのでより楽しく観戦出来ました。
    試合は前半は大雨もありハラハラしましたが、フーリー選手のトライはさすがだなと思いました。
    昨シーズンの神戸対東芝戦でもやっていた、SO山本選手からアンダーソン選手へのキックパストライは感動しました!

    投稿: kent | 2013年9月 1日 14:40

    廣瀬選手。トップリーグ出場100試合おめでと〜(^-^)b

    これからもトップリーグを「JAPAN」を引っ張っていってください(^-^)/

    投稿: nick | 2013年9月 1日 11:33

    深夜放送で近鉄パナ戦をみました。眠い(笑)。

    BKの派手なトライを支える相馬選手・谷選手・西原選手等FWが良かった(^-^)b


    咋シーズンは「SBW + 山田 = ∞」(^-^)b

    今シーズンは「JP + アキ = 最強」だ〜(^-^)/

    投稿: nick | 2013年9月 1日 06:32

    村上さん

    いつも分かりやすくて説得力のある解説及び記事、ありがとうございます。

    ところで、神戸製鋼のノットロールアウェイの連発の件ですが(村上さんは、こういうテーマは余り好まれないかもしれませんが、どうしても気になるので)、
    ボールキャリアーがタックルされた倒れた後、タックラーを掴んでロールアウェイさせない行為が、あそこで起きているんだろうと僕は推測しています。
    というのは、僕も7、8年前にやられた経験があるためです。

    あれってのは、寝ているプレイヤーがプレイしてるってことだと思うんです。寝ているキャリアーがタックラーのロールアウェイを妨げる行為は、ルール上は反則になるんでしょうか?

    投稿: かもめのJONA | 2013年8月31日 23:16

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58102038

    この記事へのトラックバック一覧です: TL開幕節・31日の結果:

    « 2013年度トップリーグ開幕! | トップページ | TL開幕節9月1日結果 »