« TL第4節金曜の結果 | トップページ | TL第4節土曜の結果 »

ラグマガ11月号と高校生の秩父宮通い

昨夜はひさしぶりにJSPORTSで解説を担当しない秩父宮ラグビー場で旧知の友人、知人に会って楽しい時間を過ごした。そこで、高校生のラグビー部集団を目撃して、どこの学校かな、と思っていたら、知人が教えてくれた。「彼ら、ほとんどいつも来ている。行儀もいいよ」。

その日に手に入れたラグビーマガジン11月号にその高校のレポートを発見した。駒澤大学高校である。記事によれば、彼らは9月になればほぼ毎週末のように秩父宮ラグビー場で開催されるトップリーグや大学の試合を観戦し続けている。

高校からラグビー部を始める選手が多いため、見せるのだそうだ。詳しくはラグマガを読んでいただきたいのだが、初心者に細かいことを口で説明するより、いい試合を何度も見せたほうが効果があるという考え。コーチの葛西さんが言っている。「ただ試合を見るだけじゃなく、そこにあるドラマをストレートに感じてほしい。それは、自分たちのドラマにもつながるんだ、と」。実際に、試合に触発されて大学でもラグビーを続ける選手が多いのだとか。

この考え方、とてもいいと思った。もちろん、秩父宮ラグビー場まで学校が近いということが大きいけれど、それならばもっと近い学校はたくさんあるわけで。費用の問題が気になるところだが、部員はみんなで、ラグビー協会のJRFUメンバーズクラブのユース会員になっている。ユース会員は、入会金の1,000円を払えば、18歳3月までは全試合を無料で観戦できるのだ。

そういえば、その彼らは、昨日、メインスタンドの上段に座っていたのだが、東芝のクーパ・ブーナ選手が、試合前にファンサービスで投げ入れるボールをそこまで投げた。僕は飛んできたボールだけ見たのだが、知人がブーナの投げたボールだと教えてくれた。どんだけ肩強いんだ、ブーナ。

Cover_201311

今月号のラグビーマガジンは大学特集。ファン必携の写真名鑑付き。しかし、本誌の表紙はサントリーを破ったNECの田村優だ。タイミング的には当然ですな。

Cover_1311_daigaku

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第4節金曜の結果 | トップページ | TL第4節土曜の結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    確かに秩父宮が近いって羨ましい。

    私のとこから遠い。本当に遠い(笑)。

    昔は関東に住んでいたのでよく友達や仲間と行きました。

    秩父宮観戦で特に印象深いのは2000年のオールブラックスの試合です。あの試合は大学のラグビー部員皆で見に行きました。当時のラグマガに部員がチラッと写ってます(笑)。

    あれから13年。秩父宮でオールブラックスにまた会える(^o^)/

    投稿: nick | 2013年9月29日 08:40

    26年ちょっと前、高校生の時、部員みんなで神戸製鋼や同志社のラグビーを生で見たら、確かに刺激受けましたね。回数は少なかったですが。駒大高の皆さん、うらやましい。

    投稿: えいじパパ | 2013年9月28日 22:37

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58280588

    この記事へのトラックバック一覧です: ラグマガ11月号と高校生の秩父宮通い:

    « TL第4節金曜の結果 | トップページ | TL第4節土曜の結果 »