« 9月29日、京都宝ヶ池で観戦企画 | トップページ | 日本代表欧州遠征キックオフ時間ほか »

関西大学A記者会見、新制度の導入

9月24日は、関西大学Aリーグのプレスカンファレンスがあった。各大学の代表者と、キャプテンが今季の戦力、抱負など述べ、その後は、ホワイティうめだの地下街に設置されている開幕告知ボードの前で記念撮影。懇親会では各チームが報道陣からの個別の質問に応じた。

20130925

写真は、地下街での撮影風景。東大阪市のゆるキャラ、トライくんもやってきて撮影に花を添えた。通りすがりの大阪のおばちゃん達が、「なに、あれ! ラグビーやて~」と寄ってきて写真撮ったりしていたのは微笑ましかった。地下街に突如現れた筋肉質のラグビー選手に視線が集まっていた。

今季の関西大学ラグビーは、4連覇を狙う天理大学が大幅に若返り、関西学院大、大阪体育大学、同志社大学が新監督を迎え、京都産業大学にも元日本代表、神戸製鋼の元木由記雄氏がBKコーチに就任するなど、チーム力がどう変化するか楽しみなチームが多い。それぞれに身体づくりに注力するチームが多く、さらなるレベルアップが期待されている。

9月29日の開幕戦では、京都・宝ヶ池で、優勝候補の一角である立命館大学と同志社大学が激突する。立命の中林監督は「ディフェンスがチームの幹。同志社はアタックが優れたチームだが、しびれるようなディフェンスをして勝ちたい」と宣言。同志社大学の山神監督は「立命のディフェンスの強さは知っている。それを破るアタックを仕掛けたい」と応じた。同日の第一試合では、関西学院大学と京都産業大学が対戦するのだが、関学のマコーミックヘッドコーチと、京産大の元木BKコーチは、日本代表のCTBコンビだった間柄。この2人がコーチとして対決するのも面白い。

記者会見では、今季からの新しい取り組みも紹介された。9月29日、10月20日の宝ヶ池では、関西女子学生「フィオーレリーグ」が開催される。近い将来の女子ラグビー大学生大会創設をめざし、大学、専門学校の女子選手の7人制エキシビションマッチを関西大学Aリーグに合わせて実施するもの。フィオーレはイタリア語で「花」の意味。

検証申請制度」の導入は特に報道陣の関心を集めた。対象は、関西大学Aリーグ、トップウェストAリーグの公式戦。試合の判定などに疑義のある場合、当該チームは関西協会に映像と質問文書を送り、協会も正式に回答するというもの。これまでも各チームが疑義を申し出ることはあったが、協会側が確実に回答を出すという制度を作るのは初めてのことになる。目的は、ゲーム後のチームとレフリーがコミュニケーションをとり、ともに成長していくこと。

この制度の軸になって映像などを検証する原田隆司レフリーは、「クレームの受付という制度にはせず、お互いにポジティブになるような回答をしていきたい」と話し、ルールの適用について互いに理解を深め合う制度にしていきたいと抱負を語った。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 9月29日、京都宝ヶ池で観戦企画 | トップページ | 日本代表欧州遠征キックオフ時間ほか »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    あろうことか、ヘラクレス軍団だけ触れてませんでした。

    もちろん、タイダイが盛り上げることも大歓迎。上原に続いて、タイダイ旋風を!

    個人的な見立てでは、立命、同志社、天理が三強。続いて関学。続いて、近大、タイダイ、京産。で、関大。というイメージですが、どうなるか。
    ひと昔前は、同志社1強、タイダイか京産が二着、あとは知りません、という感じだったことを考えると、リーグとしての魅力が大幅に高まっていると思います。

    投稿: テルキー | 2013年9月25日 20:34

    いよいよ開幕です。正直、今期は楽しみです。立命対同志社は必見。関西全体のレベルが上がっていると実感できるゲームを期待。

    天理の新しい留学生の力にも注目。

    関学や京産の躍進もあっていい。もちろん、近大、関大も。

    今年は何とか対抗戦の一角崩しに成功してほしい!

    投稿: テルキー | 2013年9月25日 13:09

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58261922

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学A記者会見、新制度の導入:

    « 9月29日、京都宝ヶ池で観戦企画 | トップページ | 日本代表欧州遠征キックオフ時間ほか »