« 女子日本代表、W杯予選決勝結果 | トップページ | 「ラグビーと歩んだ55年の軌跡」展 »

キヤノン快挙ほか

オリンピック、パラリンピックの東京開催決定。ラグビー側から見ても朗報だろう。7人制ラグビーに対する関心、選手のモチベーションは高まるし、2019年のラグビーワールドカップとの相乗効果も期待できる。

日本代表の岩渕健輔GMは、次のようにコメントした。「これから2020年までのわずか7年の間に、日本のラグビー界は世界最高のイベントを2つも迎えることになりました。この2つの大会は、日本国内のみならず、アジア、そして世界に向けて、ラグビーというスポーツが持つ魅力や価値を強く訴える大きな機会となります。その際は、ホストである日本の代表チームが高いパフォーマンスを発揮して大きな役割を担うことが求められます。東京オリンピックでのメダル獲得に向け、強化体制の更なる充実を図るとともに、競技力を世界レベルに高められるような強化実現のため、強い決意を持って構造的な改革に早期に着手する覚悟です」

さて、トップリーグ第2節は、第1節に続いて僅差勝負が多かったが、キヤノンのパナソニック勝利は最大のトピックだろう。録画で確認したのだが、ラインスピードの速いディフェンス、ブレイクダウンでの的確な仕事は際立っていたし、攻撃の組み立ても、SOトエアバがキックとパスを巧みに使い分けていた。トエアバのランも圧巻だった。解説の野澤さんも言っていたが、最近のトップリーグであれだけ個人技の差を見せつけられることは少ない。まだ、2試合を消化したばかりだが、キヤノンにとっては、優勝候補の一角である東芝、パナソニック相手に勝ち点計「5」をあげたのは上位進出に向けて大きい。試合内容も面白いので、ファンも増えるだろう。プールBは、前評判通りの混戦模様だ。

◆トップリーグ第2節・7日の結果
クボタ○22-17●近鉄ライナーズ(前半13-9)
キヤノン○23-18●パナソニック(前半17-8)
ヤマハ発動機○31-30●リコー(前半15-24)
トヨタ自動車●3-46○サントリー(前半3-27)
コカ・コーラウエスト●0-45○東芝(前半0-33)
九州電力●14-43○神戸製鋼(前半14-10)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子日本代表、W杯予選決勝結果 | トップページ | 「ラグビーと歩んだ55年の軌跡」展 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    現地観戦しました。最後のパナの攻撃は何フェイス重ねたでしょう。早く出せとピーターセンがぴょんぴょん跳び跳ねていました。残念無念ですが、今年のキャノンのは本物ののような気がします。

    投稿: パナファン | 2013年9月 9日 19:12

    トヨタと神戸の試合をTV観戦。
    大きな期待を背負う両チームですが、その期待に応えているとは言えないゲーム内容でした。
    両チームに言えるのは、キックの使い方があまり効果的でないこと。地域を取るわけでもなく、前でつぶしてターンオーバーするわけでもない。改善の余地あり。
    神戸は、代表揃いのFW第一列にもかかわらず、キューデンにスクラムを押される場面があった。何だかなあ。こんなんじゃ、三強プラスキャノンには勝てない。何も変わってない。キャノンはさすが永友、神戸の連覇を止めただけあって、結果を出してくる。一次リーグ突破はほぼ確実。
    サントリーはすべてにスキなし。特に感心したのは、BKに展開したときのデコイランの人数。アタックラインが二本あるみたいで、飛ばしパスを入れると、SOからのパスの相手が2×2で4人いるみたい。普通は10のつぎは12、せいぜい13という感じだけど、全然違う。シーズン前の不調は全く関係なかったなあ、今年もやっぱり最有力。

    投稿: テルキー | 2013年9月 9日 14:30

    まだCa・パナ戦を観てません。結果を知ってるから観るのが怖い(笑)。でも良い試合だったらしいからやっぱり観よう(笑)。

    Canonには元パナ(三洋)の選手がいるし、負けてもあまり悔しくない?っと自分に言い聞かせてます(笑)。

    それにしても11月のNZ戦は本当に楽しみですね。早く生HAKAみたいよ〜(^-^)/

    投稿: nick | 2013年9月 8日 20:09

    キヤノンパナ戦も面白かったですが、6日のNECvsNTTコムはシーソーゲームで本当に白熱しました!
    残念ながらTV中継が無く、秩父宮なのにスクリーンでのリプレイもなく…。現地観戦ができてラッキーでした。
    ラグビーウィークリーで映像が出ることを期待します♪

    ところでJRFUのサイトによると、ABs戦のチケットは「先行販売の予約枚数は完売」となっているので(立ち見・B指定を除く)、
    一般販売も望みはあるようです。
    まだとっていない方、一般販売にかけてみてください!
    個人的には北スタンドの立ち見はおすすめです。
    選手が自分に向かって走ってくるのがたまりません(^_^)

    投稿: ねこぷ~ | 2013年9月 8日 18:24

    キャノンパナ戦は面白かったですね!
    勝利を決定付けるPGがポストに当たったときは思わず「うおおおおお!」って叫んでしまいましたよ。
    トエアバが交代しなければもっと楽に勝ってたでしょうね。

    投稿: 島田 | 2013年9月 8日 14:17

    後半パナソニックも足が止まったので余程厳しいコンディションだったのでしょう。
    久々にアツくなりました(笑)
    10/6盛岡でクボタ戦!
    絶対行こう(笑)


    投稿: けんじ | 2013年9月 8日 13:40

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58150628

    この記事へのトラックバック一覧です: キヤノン快挙ほか:

    » ヤマハ、21点ビハインドを大逆転! 開幕連勝スタート・TL.1st第2節B ヤマハ発動機vsリコー [ワンダーランド・なぎさ亭]
     9月7日、鈴鹿スポーツガーデンでTLファーストステージの第2節プールB、ヤマハ発動機ジュビロvsリコーブラックラムズの1戦がおこなわれた。両チームとも開幕戦は昇格チームとの対戦。といっても相手はもともとTLにいた実力者で、ヤマハはクボタに38×28で勝利、リコーはコーラと27×27のドロー、ともに接戦を経て鈴鹿へ乗り込んできた。混戦と目されるプールBは気の抜けない試合が続く。この1戦も激しいゲームになることが予想された。第1試合、TWの開幕カード、ホンダヒートvs中部電力(42×6でホン...... [続きを読む]

    受信: 2013年9月 9日 23:14

    « 女子日本代表、W杯予選決勝結果 | トップページ | 「ラグビーと歩んだ55年の軌跡」展 »