« インド・セブンズ2日目結果 | トップページ | 日本代表、NZ戦・欧州遠征メンバー発表 »

RWC2019ワークショップin仙台

14日は宮城県の仙台市体育館に行っていた。ラグビーワールドカップ2019アンバサダー「TEAM2019」全国キャラバン in宮城である。今回はアンバサダーの大畑大介さん、松田努さん、桜庭吉彦さんが参加、事前の申し込みで募った24名のラグビーファンのみなさんと、「RWC2019の成功に向けて、ラグビーファミリーにできること」というテーマで話し合った。

このワークショップは、4回目になるのだが、今回は、2部構成で、1部で話し合ったアイディアを、2部のパネルディスカッションで発表し、アンバサダーの話しを聞きながら、さらに多くのファンの皆さんと一緒に深めていくという方式がとられた。僕は進行役をさせてもらったのだが、1部のワークショップでは、それぞれのアンバサダーに意見、要望、アイディアが次々にぶつけられていた。

仙台の事情として、ラグビーの情報が身近で得にくいこと、大きな試合は東京であり、仙台にトップリーグのチームもない、その中で何ができるかということが大きな課題になっていた。ただ、仙台には野球の東北楽天ゴールデンイーグルスや、サッカーのベガルタ仙台など、プロスポームチームを熱く応援する人が多く、スポーツを観る人口は多い。他競技と連携してファンを拡大する案もあった。あるいは、人の集まるところでラグビーをする、市民レベルの支援組織の発足、1000人ランパスなどギネス記録に挑戦などのアイディアが出されていた。地域性を出すという意味では、津軽の雪上ラグビー大会を例にとって、各地域ならではのラグビー大会を作っては?なども案も。

面白いところでは、ラグビーボールを持って通勤するとか、松田アンバサダーが「僕の地元は人形の町なので、ひな人形にヘッドキャップをかぶらせるとか」など爆笑アイディアも。でも、ラグビージャージ姿のひな人形はあってもいかもしれないなぁ。

フォーラムの終了後は、アンバサダーと一緒に写真に収まったり、サインをしてもらったり、皆さん楽しそうだった。僕がいいなって思ったのは、初対面のラグビーファンの方々が名刺交換して友達になっていたことだ。フォーラムでは、僕が以前、参加したことのある「名古屋ラグビー大好きの会」(NRD)のことを紹介したのだが、さっそく「仙台ラグビー大好きの会」(SRD)も発足しそう。ただ集まって食事して、ラグビー談義をするだけでいい。そのほうが気楽で、ラグビーを知らない人も入ってきやすい。全国各地に、その町の名を冠した「ラグビー大好きの会」が広がればいいなと思う。

201310151_6

今回のワークショップ、フォーラムの実現には、宮城県ラグビー協会の皆さんの尽力があったのだが、フォーラムには、宮城県ラグビー協会のマスコット「みやびー」君も登場。県鳥のガンをモチーフにしているのだが、県のラグビー協会のマスコットというのは他に聞いたことがない。関係者との懇親会では、このマスコットにどう特徴をつけるかという話しで大いに盛り上がった。

お知らせ◎10月26日(土)午後4時より、熊谷市の「Rugby Bar No side」で第3回のトークショーが開催されます。 今回のゲストには、埼玉県出身で日本体育大学女子ラグビー部所属で女子日本代表スコッドの田坂藍選手、同じく日本体育大学女子ラグビー部所属、釜石出身で高校時代まで釜石シーウェイブスに所属していた平野恵理子選手。司会は埼玉県出身のスポーツライターで元日本代表選手を夫にもつ島田佳代子さん。女子会トークとなります。

申し込み方法など、詳細は以下のURLより。
http://www.rugby-saitama.jp/archives/2013/10/post_27.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « インド・セブンズ2日目結果 | トップページ | 日本代表、NZ戦・欧州遠征メンバー発表 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今回参加させていただきました。

    大畑さんの班でしたが、なかなか議論がまとまらなかったのですが、なんとか形にすることができました。

    私ができることは、まずは会場に足を運ぶこと、知っている人に周知していくことだと思っていたのですが、会場で名刺交換をしたこともあり、飲み会などを通じて何かできることを考えていければと思っています。
    当日、村上さんにもお話をさせていただきましたが、たまたまラグビー好きな人が居酒屋をやっているので、その店でそんな会ができればいいなぁと思っています。

    今回は、本当にありがとうございました。
    どこかでお会いしたときには、遠慮なく声をかけさせていただきたいと思います。

    投稿: きゅうた♪ | 2013年10月16日 18:36

    参加させていただきました。

    ほのぼのとした雰囲気の中にもアツい時間を過ごさせていただきました。
    「自分たちができること」ということで、とりあえずボールを車に乗せ、
    職場で「東京オリンピックの前年、2019年にラグビーのワールドカップが日本で開催されるよ」と伝えてみました。
    (やはり、知っていた人は誰もいませんでした。笑)

    個人・市民レベルの取り組みを主催者側がうまく取り込んでくれることを願っています。

    今回、アンバサダーの方々にお会いできてうれしかったのですが、村上さんとお話ができたことに一番感動しました。
    また、お目にかかる機会があることを楽しみにしています。
    このたびはありがとうございました。

    投稿: ワイルドモス | 2013年10月16日 07:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58389464

    この記事へのトラックバック一覧です: RWC2019ワークショップin仙台:

    « インド・セブンズ2日目結果 | トップページ | 日本代表、NZ戦・欧州遠征メンバー発表 »