« TL第5節土曜の結果 | トップページ | 打倒!オールブラックス »

TL第5節日曜日の結果

日曜日は快晴の近鉄花園ラグビー場で、トップリーグのファーストステージ、プールAのサントリー対豊田自動織機をJSPORTSで解説し、神戸製鋼対トヨタ自動車戦を取材した。

第1試合は、サントリーがWTB長野のトライで先制し、アタッキングラグビーで加点するかと思われたが、豊田自動織機もSOジェラードを軸によく攻め、互角の攻防を繰り広げる。前半を終えて21-7とサントリーリード。豊田自動織機にとっては、前半30分あたりでマーク・ジェラードが負傷退場したのが痛かったが、大西将太郎がその穴を埋め、狙い澄ましたタックルで相手ノックオンを誘うなど活躍。後半もチームを引っ張った。

豊田自動織機の攻めをサントリーがしのぎ、切り返す展開が続いた後半10分、豊田自動織機のWTB赤石がインターセプトから約90mの独走トライ。これで、24-14と10点差。サントリーの運動量が落ち、豊田自動織機のアタックが何度もラインブレイク。だが、サントリーも最後の一線は越えさせずに逃げ切った。豊田自動織機も大西がPGを加え、7点差としてボーナス点を獲得している。

サントリーの大久保直弥監督は「予想通りタフなゲームでした。サントリーに隙があったというより、織機さんの果敢なアタックに翻弄されたということです」とコメント。ただし、後半、FWの運動量が落ちたことについては不満だったようで、「眠っているのか思った。引き続きハードな練習をしていきます」と今後を見据えた。

第2試合は、セカンドステージの上位グループ進出に向けて、どうしても負けられないトヨタ自動車が健闘し、前半を15-10とリードで折り返す。後半も立ち上がりからトヨタ自動車が攻勢に出て、WTB彦坂がこの日2本目のトライをあげる。スコアは、22-10。その後、神戸製鋼が攻め込んだが、トヨタはWTB彦坂が2人、3人とタックルを振り切っての独走で3本目のトライ、24分には、味方のキックを追ってこの日4本目のトライで36-10と突き放す。神戸製鋼は攻めてはハンドリングエラーの繰り返し。ちぐはぐな攻撃が続いた。33分、なんと彦坂が5本目のトライ。終わってみれば、41-10という大差になった。

神戸製鋼の苑田ヘッドコーチは、「トヨタのもう負けられないという、ひたむきなプレーにブレイクダウンでプレッシャーを受けてしまった。ファーストタックルも高く入っていた」と、完敗を認めた。勝ったトヨタの廣瀬監督は、「負けたら自力での4位がなくなるプレッシャーのなか、選手はよくやってくれた。セットプレーとディフェンスにフォーカスして練習した結果、ボール保持時間も増えて、いい試合ができた」と、まずはほっとした表情だった。

5トライの彦坂匡克は当然ながら報道陣に囲まれた。「チームの勝利だけを考えてプレーしていたら、うまくボールが来ました。自分の持ち味は一対一の局面で前に出ること。それだけ考えていました」。ちなみに一試合5トライは大学時代に経験があるという。彦坂はこれで今季6トライとなり、サントリーの成田と並んで最多トライゲッター争いのトップを走ることになった。

盛岡では、ヤマハ発動機が東芝に勝ち、これで全勝チームはなくなり、負けなしのチームもヤマハだけとなった。

■トップリーグ第5節結果(6日)
豊田自動織機●17-24○サントリー(前半7-21)
神戸製鋼●10-43○トヨタ自動車(前半10-15)
キヤノン●24-37○クボタ(前半10-20)
東芝●17-33○ヤマハ発動機(前半10-5)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « TL第5節土曜の結果 | トップページ | 打倒!オールブラックス »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    織機は健闘したんですね。こっちを見れば良かったなあ。

    神戸は、トヨタに負けてあげたんでしょう、としか言いようがない体たらく。一生懸命やってこんなのじゃ、先が思いやられる。

    投稿: テルキー | 2013年10月 7日 22:55

    注目の東芝vsヤマハ、神戸vsトヨタをみました。

    ヤマハはスクラムが強い。っというかFWが強かった。東芝は後半バテバテ。あとベテランが多いので若手の成長が急務でしょう。

    神戸は何やってるの?って感じ。特にディフェンスのもろさがひどい。アタックはチグハグで相変わらずフーリー選手頼み。トヨタは光ちゃんがよかった。彦坂選手は凄いね(^-^)b

    ラグチャンにトップリーグに大学ラグビーっと試合がたくさん嬉しいです(^o^)/

    投稿: nick | 2013年10月 7日 20:36

    シャトルズの果敢な戦いぶりは大いに見応えがありましたが、あと一歩のところで大魚を逃しましたね。勝って欲しかった。今後も注目します。

    近鉄ファンのわが家としては、大西将太郎選手が花園で元気に躍動しておられる姿を生で見られてうれしかったです。

    それに引き換え、神戸製鋼の防御のもろさ、攻撃の詰めの甘さには目を疑いました。

    レギュレーションが変わった効果で早くも後がなくなったトヨタ自動車が昨日は必至のパッチだったことも大きいとは思いますが、神戸製鋼の選手達がそれにひるんだのだとしたら残念。

    王座奪還をめざす神戸製鋼には、昨日のゲームで露呈した問題点をしっかり洗い直し、次節のサントリー戦では力強い試合運びを取り戻してほしいと思います。

    投稿: 奈良の近鉄ファン | 2013年10月 7日 13:25

    東芝対ヤマハ。ヤマハ勝ちましたよ。何か悪い事起きないで欲しいですが。自分の寿命のあるうちに勝ってしまいました。死んであの世逝って、地獄行きにならなければ良いですが。「鬼灯の冷徹」みたいになったら、嫌ですけど。ヤマハを応援して3シーズン位たつのか・・・。白髪が思いっきり増えました。

    投稿: 曽根崎あかね | 2013年10月 7日 10:17

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58332582

    この記事へのトラックバック一覧です: TL第5節日曜日の結果:

    » ブレイクダウン制圧!正攻法でねじ伏せ首位奪取!! 第5節東芝戦 [まる≠楕円・・・? ふたたび]
    若き青波が赤い壁をなぎ倒す!トップリーグ第5節10月 6日(日)14:05K.O [続きを読む]

    受信: 2013年10月 7日 23:22

    « TL第5節土曜の結果 | トップページ | 打倒!オールブラックス »