« エディー・ジョーンズHC記者会見 | トップページ | 関西大学Aリーグ最終戦結果 »

ノーサイドプロジェクト2013秋in高田馬場

昨夜(11月29日)は、高田馬場ノーサイドクラブで、ノーサイドプロジェクトイベントだった。ゲストは、ラガールセブンから、増保輝則総監督、藤崎朱里キャプテン、山口真理恵選手に来てもらって、女子ラグビーの現状やそれぞれの活動について伺い、ラグビーファンの皆さんと交流を深めた。

ラガール7は、オリンピック種目になった7人制ラグビーの日本代表を育てようと作られたクラブで、複数の企業が選手を支援している。10月下旬にはオーストラリアのセントラルコーストセブンズに出場し、オーストラリア、ニュージーランド、フィジーなどのクラブチームと対戦。16チーム中7位という戦績だったが、「日本では経験できない当たりの強さなどあり、貴重な経験がつめました」と、藤崎キャプテも、海外に出て試合をすることの重要性を話していた。

山口真理恵選手はそのあと、香港ブルードラゴンズというチームに助っ人として呼ばれ、上海で行われた上海タッチラグビー大会に出場。なんと一日で12試合もしたという。直接的なコンタクトのないタッチラグビーとはいえ、一試合は20分、しかも、男子チームに入ることもあったそういだ。「日本代表の厳しい練習をしていたので大丈夫でした」と逞しい。女子のMVPも獲得した。

2人とも、いまは株式会社購買戦略研究所で働きながらプレーしているが、ラグビーを優先できる職場環境で充実した日々を送る。ただ、日本の女子ラグビーは国内リーグもなく、プレー環境が整っておらず、「環境整備を早急にしていかないと、オリンピックに間に合わない」と増保総監督も危機感を持つ。「オリンピックに出られれば、女子は上位に行ける可能性がある」とも話し、チームとしては積極的に海外遠征などして選手を育てる意向を示していた。

トークに懇親会、日本代表やオールブラックスの選手のサイン入りグッズなどのプレゼントコーナー、そして締めくくりは、渡瀬あつ子さんが、ノーサイドと楕円桜を歌ってくれた。楕円桜はみんなで大合唱。歌詞の意味をかみしめながら、女子選手2人も感銘を受けていたようだった。

写真は、左から、進行役を務めた有働文子さん、山口真理恵選手、藤崎朱里選手。

20131130

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « エディー・ジョーンズHC記者会見 | トップページ | 関西大学Aリーグ最終戦結果 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58669320

    この記事へのトラックバック一覧です: ノーサイドプロジェクト2013秋in高田馬場:

    « エディー・ジョーンズHC記者会見 | トップページ | 関西大学Aリーグ最終戦結果 »