« ロシア戦結果 | トップページ | 高校の京都代表は、府立桂! »

関西大学A第6節結果

20131116

土曜日は、東大阪市の近鉄花園ラグビー場だった。12月27日の全国高校大会開会式に向けて、入念に仕上げ段階に入っている芝生は、まぶしいくらい綺麗だった。関西大学Aリーグの2試合をJSPORTSで解説したのだが、大学選手権の出場権がかかるとあって、どのチームも懸命の戦いだった。

第1試合は、大阪体育大学と京都産業大学の対戦。序盤戦は気負いすぎているのか互いにミスが続出。大体大が強力なスクラムで圧力をかけたが、ボールを奪い取るところまではいかなかった。前半なかばからはミスが減り始め、22分、大体大がCTB吉野のトライで先制する。京産大は、25分にFB山下がPGを返し、32分、山下がトライして、10-5と逆転。36分には、NO8李がトライして、17-5と突き放す。このまま前半終了かと思われた41分、大体大はFWの縦突進をくり返してゴールに迫り、HO長崎がトライして、17-10に迫った。

後半は互いにトライできない時間が続いたが、29分、ラインアウトからのモールサイドを大体大LO秋山が抜け出して、17-17と同点。ここからは、両チームの攻めが慎重になってスコアは動かず、引き分けでノーサイドの可能性も出てきたところで、大体大がペナルティを犯す。大体大陣10mライン左隅の難しい位置から、山下が劇的PGを決めての劇的勝利となった。この1勝で、京産大は全国大学選手権出場枠の5位以内を決め、出場権を獲得した。

第2試合は、前節、立命館大に今季初黒星をつけた関西学院大に四連覇の望みが消えた天理大が挑んだ。関西学大やや有利という見方が多かったが、キックオフ直後の、天理大CTB白井が大幅ゲインで相手陣深く入り、直後の天理大ボールスクラムから右オープン展開。SO古川からCTBバイフに、フラットなロングパスが渡り、その右横に角度をつけて、FB東口が走り込み、そのままトライ。天理らしい攻撃での先制点でチームは波に乗った。5分にバイフがPGを加えると、9分、バイフが相手に当たっておいて、ふわりとしたパスを出し、WTB石川がトライをあげ、15-0とリードした。

その後の天理は防戦一方。関西学大がボールを継続して保持して攻め続けたが、ディフェンスラインを崩すことなく粘った。前半は15-3で終了。後半に入っても、関西学大の攻勢が続いたが、リアクションの素早い防御で耐え抜き、60分には、FWの縦突破を続けて防御陣を集め、バイフがインゴール左中間に飛び込んだ。その後も2トライを奪う天理大の快勝。会心のゲームと言っていいだろう。「きょうは、ディフェンスでしょう。よく頑張りました」と小松節夫監督。スクラムも大幅に改善され、ラインアウトも含めてセットプレーは安定。アタックでも、ここにきてようやく天理らしさが見え、小松監督も安堵の表情だった。

その他の会場も含め、関西大学Aリーグの結果は以下の通り。この結果、同志社大と立命館大が5勝1敗、京都産業大が4勝2敗、関西学院大、大阪体育大、天理大が3勝3敗で続く。大学選手権出場枠の5位以内確定は3チームが最終節まで争うことになった。関西学院大は近畿大と、大阪体育大は同志社大と、天理大は立命館大とそれぞれ戦う。

■関西大学Aリーグ第6節結果
京都産業大学○20-17●大阪体育大学(前半17-10)
関西学院大学●6-36○天理大学(前半3-15)
関西大学●14-41○同志社大学(前半7-8)
近畿大学●10-41○立命館大学(前半10-24)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « ロシア戦結果 | トップページ | 高校の京都代表は、府立桂! »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    花園の二試合をテレビ観戦。大体大対京産大は、ミスが多く、スコアほどの締まりはない試合。サヨナラPGで一気に雰囲気は変わったが、それも、途中で、もっと簡単な位置からのPGを決めてればいいだけとも言えるので……
    まだまだ、両チームとも完成には遠い印象。

    関学対天理は、天理のデキが上向いていることを感じさせた。バックス攻撃は関西では速い。やはりFWが軽いのが難点。最終戦が立命なのがどうでるか。

    立命は前節負けたけれど、関西で一位になると、大学選手権で対抗戦の三位、五位と同じ組になるが、関西で二位だと、リーグ戦の一位と対抗戦の4位と同じ組になるので、関西で二位の方が得と考えたのではないかと思ってしまった……

    投稿: テルキー | 2013年11月18日 07:09

    この日は西京極にいました。
    立命、同志社ともに一時リードを許すも、後半に突き放して危なげなく勝利。
    最終節は優勝や選手権出場が懸かる試合ばかりで、目が離せないですね。

    大体大VS京産大は「試合の見どころ」で“伝統の一戦”と紹介された通り、好ゲームだったみたいですね。
    調べてみたら、両校の対戦は40年連続で勝敗も拮抗してします。
    入れ替わりが激しいリーグ戦で、ずっとAリーグを守っている実績に敬意を表します。

    投稿: もりモリ | 2013年11月17日 22:44

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58588204

    この記事へのトラックバック一覧です: 関西大学A第6節結果:

    « ロシア戦結果 | トップページ | 高校の京都代表は、府立桂! »