« 女子15人制三地域対抗日程 | トップページ | ノーサイドプロジェクト2013秋in高田馬場 »

エディー・ジョーンズHC記者会見

201311291

11月29日、日本ラグビー協会会議室で、エディー・ジョーンズ日本代表ヘッドコーチの記者会見が行われた。脳梗塞で入院してから初めて公の場に姿を見せるということで、多数の報道陣が集まったのだが、現れたジョーンズHCは、杖もつくことなく、スタスタとマイクの前に座り、依然と変わらぬ早口の英語で、オールブラックス戦と欧州遠征を総括し、今後の課題を語った。まずは、同席した岩渕健輔・日本代表GMが、「来季以降も日本代表はエディー・ジョーンズが指揮を執ります」と宣言。

ジョーンズHCは、「皆さんのサポートに感謝します」と話し始め、「2015年のワールドカップまで(ヘッドコーチ就任から)半分が過ぎました。まだまだやるべきことはあり、それに向かってまい進していきます」と力強く語った。

「世界ランキングの下位のチームには勝っていますが、今後は、フィジー、トンガ、イタリアなどに勝つことが必要です。チームは着実に成長していますが、ポゼッション(ボール保持)を重視するチームでありたい。いま、ジョン・プライヤー(S&Cコーチ)が、オランダに行って、スピードトレーニングのエキスパートとミーティングしています。もっとフィットネスも高め、もっと速くならなくてはいけません。ディフェンス、ハイボールへの対処など着手すべきことはたくさんあります。1分1秒も無駄にできません。経験値を伸ばし、アタック、ディフェンスも伸ばしたいと思っています」

入院中、日本代表戦は病院の中でパソコンで見ていたようだ。身体の調子を気遣う質問もいくつか出た。

どの程度の回復具合ですか?
「足の指先が手で触れるようになりました。入院する以前は、体が硬くて触れなかったのに」
手足にしびれなどは、ないのですか?
「しびれるのは、試合を見ているときだけです」
今後のコーチとしてのアプローチで何か変えることはありますか?
「睡眠をもっととろうと思います。そして、ベストのコンディションでコーチをしたい」

というわけで、拍子抜けするほど元気なエディーさんだった。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 女子15人制三地域対抗日程 | トップページ | ノーサイドプロジェクト2013秋in高田馬場 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    いやあ良かった良かった。ホッとしました。
    やっぱりエディーさんじゃないとチームの進化が止まっちゃいますよ。お体に気を付けて下さいね。
    アラフォーの僕も健康には気を付けます。
    ラグビー日本協会は、サッカー協会と同じ轍を踏まないでよかったです。
    オシムさん、よくナンバーなどで日本代表について鋭く分析してますもんね。
    岩淵GMにあっぱれを送りたいですね。

    投稿: 岡山スポーツファン | 2013年12月 1日 08:30

    エディさん、本当に軽症で良かった。以前のサッカー代表監督みたいなことになったらと心配してましたが、これからも頼みます。

    投稿: Do | 2013年11月29日 21:24

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58664805

    この記事へのトラックバック一覧です: エディー・ジョーンズHC記者会見:

    « 女子15人制三地域対抗日程 | トップページ | ノーサイドプロジェクト2013秋in高田馬場 »