« 関西大学Aリーグ23日の結果 | トップページ | 関西大学A&大学選手権FS結果 »

日本代表、スペイン戦結果

11月23日(日本時間:深夜)、スペインのマドリードで日本代表対スペイン代表のテストマッチが行われた。日本は紺のセカンドジャージで登場。赤いジャージのスペインと相対した。

前半2分、日本代表はFB五郎丸のPGで先制し、23分までに4本をPG決める。互いに反則が多く試合は途切れがち。日本のディフェンスは安定していたのだが、簡単に止められるからかもしれないが、受けに回るところもあり、32分には、LOトンプソンがプロフェッショナルファウル(反則によって相手の攻撃をスローダウンさせる)で、シンビン(10分間の一時退場)となる。やや厳しい笛ではあった。

強い風、強い日差し,軟らかいグラウンドもあって、日本は思うような攻撃ができない。その間に、スペインのスクラムからのサインプレーでトライを奪われる。スコアは、12-7。優位なはずのスクラムでも反則をとられ、何をやっても流れが悪い日本代表は、廣瀬キャプテンが着実にPGを重ねる選択をし、前半は、15-7。5本のPGでリードする展開になった。

後半も、日本代表は我慢の試合になる。4分、PR平島がラインアウト内の反則でシンビン。しかし、ようやく日本代表の連続攻撃が出始め、HO堀江のトライで、20-7とし、SH日和佐を投入して、さらにテンポを上げる。後半に投入されたLO真壁も激しく前に出る突進を見せ、ゴール前のラインアウトからのサインプレーでFLブロードハーストがトライ。28-7とする。23分には、モールからブロードハースト、28分には、スクラムをプッシュし、後ろをケアしていたWTB廣瀬キャプテンがトライして40-7とリードを広げた。結局、このままスコアは動かず試合終了となった。思うに任せない試合を勝ちきるという意味では、いい経験になっただろう。

スペインの執拗な絡みもあって、テンポのいいボール出しができた時間帯は短かったが、セットプレーの安定が引き寄せた勝利だった。今季、重点的に取り組んできたスクラムで明らかな成果が出ているのはポジティブな評価ができるし、ヨーロッパの環境での試合を経験できたのも貴重だ。しかし、世界トップ10に向けては、まだ足りないことが多いと痛感するヨーロッパ遠征だった気がする。

スコット・ワイズマンテル ヘッドコーチ代行
「先発した選手はハードワークをしてくれた。途中から出場した選手たちもテンポを変えてくれた。(試合結果は)選手全員の努力の賜物だ。テストマッチは最初の10分、20分では勝負がつかない。ペナルティーからタップ&ゴーができなかったから、ショット(ペナルティーゴール)を選択した。得点を積み重ねていくのがテストマッチ。選手たちは遠征第3戦のロシア代表戦からそのことを学んだ。今回のヨーロッパ遠征で、選手たちはどうやってゲームをマネジメントしたらよいのかを学ぶことができたと思う」

廣瀬俊朗キャプテン
「みんながこれまで努力をして、気持ちが入っていたから、前半最初はいいスタートを切ることができた。みんなに感謝している。ただ、まだ100点の出来ではない。チームには伸びしろがある。後半はよく修正し、声をかけあってよくやれた」

マイケル・ブロードハースト
「ヨーロッパ遠征の締めくくりとしては良かった。今日のチームのみんなのプレーに感謝している。前半はもう少し良いプレーをすべきだった。後半良くなったのはボールキープとブレイクダウン。フォワードはスクラムとラインアウトも良くなった。とにかくシンプルにいこうと心がけた 」

山田章仁
「テストマッチなので、一つひとつ(の得点機会に)取っていくことが大事だった。遠征中、ずっと一緒に練習できていたので、みんなと同じことをやるだけだった。個人的には試合に出場して、試合中にでうまくコミュニケーションを取れたことが自信にもなった。まだトライを獲っていないので、今後は試合の中で存在感を出せるようにしていきたい」

■ヨーロッパ遠征第4戦結果
日本代表○40-7●スペイン代表(前半15-7)

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 関西大学Aリーグ23日の結果 | トップページ | 関西大学A&大学選手権FS結果 »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    内容は諸先輩方に譲るとして、試合後の観客がなだれこんできた風景は、一昔前の古き良きアマチュア時代を思い出しました。また、試合中あれだけやり合ってたのに、試合後は何事もなかったように互いに笑顔で握手してる姿を見てやっぱりラグビーっていいなぁって思いました(^^)
    今後はトップリーグで切磋琢磨してもらって、また来春の代表シリーズ楽しみにしてます!その頃はエディさんスタンドにいるといいな~。

    あっ、1つ気になったのは福岡くん&藤田くんの途中帰国は既定路線だったのでしょうか?大学側の気持ちは痛すぎるくらい理解できるのですが、やはり日本代表が全てにおいて最優先される環境であるべきだと思うので少し残念でした。でも藤田くんのおかげで早慶戦盛り上がったのは良かったですね☆

    投稿: 亮 | 2013年11月26日 12:30

    アタック側にノット5メーターなんてあるんですか?

    投稿: ペスカトル | 2013年11月25日 16:55

    広瀬キャプテンのトライは、スクラム終了前にスクラムの最後尾から5メートルの位置より前に出てきているので、オフサイドの反則ではないでしょうか?スクラムハーフの日和佐選手とポシションチェンジしていましたかね?日和佐選手はスクラムの左側にいたような気がしますし、FWに入っていたならスクラム終了前にバインドを外したペナルティでしょうし。スクラムも一気に押し過ぎてナンバーエイトの菊谷選手がボールコントロールパネル出来ずに足下からボールがこぼれており、すっきりしないトライでした。

    投稿: 元プロップ | 2013年11月25日 12:19

    廣瀬のトライは、アタック側のnot5なのではないでしょうか。

    投稿: しまうち | 2013年11月25日 00:22

    うーむ。素直に喜んでいいものなのかどうか。。。
    ロシア・スペインで締めることの意味は・・・?と思ってしまう自分がいます。

    敵地でシン・ビンが多いのも気がかりですね。
    アウェイでは、どこでも、こんなもんなんですかねえ?

    投稿: かもめのJONA | 2013年11月24日 20:56

    試合終了後、観客がなだれ込んできて、選手と写真を撮っていたのは、微笑ましいというか、国際試合らしからぬというか。
    子供たちがPGを楽しそうに蹴っていたのは微笑ましかったが。

    試合は、こんなもんでは。負ける気配は全くなかったし、全ての面で上回っていた。やはり、強くなったんだと思う。

    PGを積み上げるプランはいいと思う。
    強い相手にもこのプランで、ゆっくりとした試合運びで体力切れで負けるのを防いだ方がいい。

    投稿: テルキー | 2013年11月24日 17:54

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58632309

    この記事へのトラックバック一覧です: 日本代表、スペイン戦結果:

    « 関西大学Aリーグ23日の結果 | トップページ | 関西大学A&大学選手権FS結果 »