« 藤島大トークライブ | トップページ | 廣瀬俊朗選手に会う&ダンディ総選挙 »

第1回伏見カップ

12月15日、京都市立伏見工業高校のグラウンドで、NPO伏見クラブ主催の「第1回伏見カップ」が開催された。僕は行くことが出来なかったのだが、内容を送ってもらったので以下にご紹介したい。

≪12月15日、寒風吹きすさむ中となりましたが、小学生・ラグビースクール、24団体60チーム、総勢500名近い小学生が伏見工業高校グラウンドに集結、「第1回伏見カップタグラグビー選手権大会」が開催されました。

201312151

午前中はリーグ戦による予選
伏見カップ予選1・2位は午後から決勝トーナメント
予選3・4位は午後から「赤黒カップ」決勝トーナメント
おいなりさんカップ(経験の浅いチーム)予選1・2位は午後から決勝トーナメント
予選3・4位は午後から「なかよしカップ」決勝トーナメント

このようにいろんなチームが楽しめる大会としました。毎日、日本一を目指して努力を続ける伏見工業高校ラグビー部員もこの日は全部員が各チームに2名~3名配置され、少年少女と高校生の異年齢交流の中、同じ時間を過ごし技術指導やチームワークなどを教え、全チームがボールを追いかけ、トライを目指して頑張りました。

201312152

また、大会に合わせ、日本代表の田中史朗選手(パナソニック)、山口良治総監督、高崎利明ラグビー部監督も応援に駆けつけてくださり、走り回る子どもたちを暖かく見守っていただきました。高校生は「更なる責任感と公立高校の生徒としての自覚」、「教える楽しさ、難しさ」、そして、「来年こそは花園に出て、みんなにカッコいい自分を見せたい」という気持ちが生まれたと思います。

小学生は「みんなでトロフィー獲得を目指し」、「寒い日も外で走り回る楽しさ」を体験してくれた事と思います。また、スクールと小学校が対決する楽しさもあったと思います。高校生と小学生の交流、他チームとの交流、ラグビーを通じて経験する事の意義は大きく、大会の主旨にご賛同くださった教諭・スクール指導者の皆さまには心から感謝申し上げます。今回、快くグランドを提供し、部員の惜しみない協力を約束、実践したラグビー部。山口総監督、高崎監督の願いは「ラグビーで勝つ事」だけではありません。まず、「ラグビーを通じて、立派な大人、心やさしい大人になって欲しい」という思いがあり、その先に日本一という壮大な目標があるのです。

これからも伏見クラブはそんな思いを伝承し、形にして地域に貢献し、笑顔いっぱいの子どもたち、感動の涙をいっぱい流せる環境作りに励んでまいります≫

全文、写真などは以下にあります。
http://ameblo.jp/fushimi-staff/entry-11731558084.html

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 藤島大トークライブ | トップページ | 廣瀬俊朗選手に会う&ダンディ総選挙 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58777643

    この記事へのトラックバック一覧です: 第1回伏見カップ:

    « 藤島大トークライブ | トップページ | 廣瀬俊朗選手に会う&ダンディ総選挙 »