« 花園・2日目 | トップページ | 花園大会・3回戦&準々決勝組み合わせ »

花園大会・2回戦

12月30日の全国高校大会は、シード13校が登場しての2回戦16試合が行われた。東海大仰星(大阪第一)、桐蔭学園(神奈川)、東福岡(福岡)はじめシード校が順当に勝ち進んだのだが、Aシードの大阪桐蔭(大阪第二)は國學院栃木(栃木)に苦戦し、20-15で辛くも3回戦に進出。Bシードの茗溪学園(茨城)は石見智翠館(島根)に、12-21で敗れた。

僕は、シード校の試合では、大阪朝鮮(大阪第三)対三島(愛媛)、東福岡対尾道(広島)の解説を担当したのだが、大阪朝鮮のタックルシチュエーションでのショートパス、オフロードパスの上手さ、東福岡のランニングスキルの高さには感心させられた。大阪朝鮮の192㎝のFL孫昇志(ソン・スンギ)の器用なプレーにも驚かされた。本来はLOのようだが、将来楽しみな選手だ。東福岡はみんな上手いのだが、FB市橋誠はセンスあるなぁ。

201312301

東京と天理(奈良)の試合も白熱した。前半は東京の激しく前に出るシャローディフェンスが完全にはまって、天理のアタックを封じ込んだが、後半は、天理がハイパントを多用して、シャローディフェンスを機能させなかった。このあたりの駆け引きも面白い試合だった。東京高校の森監督は、「最大限にできる限りのことをしました」と選手を労い、天理の強さを認めた。

1月1日は、ベスト16が激突する。


お知らせ1◎
新年1月3日19時からBSフジ「岡村隆史のスポーツ応援するぞ!」という番組で、ラグビー女子7人制日本代表(サクラセブンズ)の中村知春キャプテン、桑井亜乃、大黒田裕芽の3選手と岡村隆史さんが50分ほどトークするようです。番組は、19時から20時55分で、前半は体操の田中理恵さんと、後半に3選手とラグビー協会の会議室でトークしているようです。

お知らせ2◎<関西ラグビーファン新年会2014のお知らせ>以下、主催者の沼田さんより。
大学選手権、高校大会、TLも終盤に入り、「ウォーっラグビーの話したいぃ」そんな皆さんに朗報です! 1月11日(土)トップリーグ第6節の花園帰りに、鶴橋で「ラグビーファン新年会」を開催します。参加条件は「ラグビーが大好きな人」プレーヤー、関係者はもちろん、どこのチームのファンでも問題なし。W杯日本開催までいよいよあと5年となった新年、ラグビーの話をしながら大いに飲もうというイベントです。お友達同士はもちろん、お一人様も大歓迎!これまで数回行った「ラグビー飲み会」では初対面同士、ラグビーの話でメチャ盛り上がっていただいています。
日時:2014年1月11日(土)17:00スタート
会場:鶴橋周辺(申込者にご連絡します)
会費:4000円(料理+飲み放題つき)
参加ご希望の方はメールの本文に…1:名前 2:参加人数 3:携帯電話番号 をご記入の上、rugbylove15@yahoo.co.jp までメールでお申し込みください。なお定員に達し次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 花園・2日目 | トップページ | 花園大会・3回戦&準々決勝組み合わせ »

    「試合レポート」カテゴリの記事




    コメント

    高校たちのラグビーのチームはそれぞれに自分たちのカラーをもって試合に臨んでいるところが見るものを引き付けていると思う。そこから進学して大学ラグビーに進む選手がなぜか埋もれてしまっているように感じる。そこには、大学の指導者が創造的なラグビーをあまり模索していないように思う。いい選手のポテンシャルだけでは限界がある。その素質をどうつなげ、魅力的なラグビーができるのかを真剣に考えることが日本の道すなわち「JAPAN WAY」につながると思う。

    投稿: tk | 2014年1月 1日 17:47

    熊本県代表九州学院高校、長崎南山高校に敗れちゃいました。

    試合開始から長崎南山高校のウイング今村選手のスピードとステップに唖然。

    長崎南山高校のスピードに対応するのが大変そうでした。

    しかし、意地の2トライ。

    2年生以下のメンバーも多いし、Bシード校との対戦経験を生かして欲しいです。

    ノーサイド後は、思わずウルウルしてしまいました。

    熊本県代表として素晴らしい闘いでした。

    ありがとう九州学院高校ラグビー部。

    投稿: 池田亜樹 | 2014年1月 1日 15:59

     早起きして、名古屋発7:00近鉄特急で出かけました。5試合観戦しました。 
     秋田工に大差をつけられた光泉、試合中に泣けてしまったバックスの選手に仲間が肩をたたいて励ましていました。そうです、まだノーサイドではないぞ、最後まであきらめずにがんばれ! 圧倒した秋田工はさすがの試合運びでした。特に両プロップと№8はすばらしい、とお客さんの評価でした。試合後、引き上げる選手に「いい試合だったね、頑張ったね」と声をかけると「はい、ありがとうございます」とラーマンらしいいい笑顔でした。「瀬下さん知ってる?」の問いには「あ、ちょっとわからないです」との返事。そうですよね、おばさんの話は古すぎますね。北の古豪、がんばれっ。
     それから、レフリーの皆様お疲れ様です。いつもありがとうございます。
     寒い日でしたが、充実の一日でした。ただし、帰りの駅の切符販売機三台のうち一台が稼働していなくて、長蛇の列でした。W杯誘致の署名をしましたが、高校ラグビーでこのありさまではとてもW杯は無理では…。これから何とかなるのでしょうか。ちょっと気になりました。あー、それと、死ぬまでに一度はマレーフィールドに行ってみたいです。

    投稿: 玉井千歳 | 2013年12月31日 12:39

    行ってきました、花園。高校ラグビーでは初。

    大阪桐蔭、石見智翆館の二試合をみた後、少しブラブラした後、桂の試合を観戦。

    結果は残念でしたが、相手が強過ぎましたね。前半の唯一のトライも、桐蔭の控え選手のアップに視界を遮られて見えなかったし、散々な目に遭いました。ま、やむなし。選手との距離が近い第2グラウンドのいいところでもあり、悪いところでもある。
    桐蔭は実にパワフル。どちらかというと、華麗なラグビーをするイメージ(ひと昔前の早稲田のイメージ)だったので、パワフルさに驚きでした。4強は確実かなあ。

    一方、大阪桐蔭は点差こそ接近でしたが、あまり危なげはなかったです。こちらもパワフル。ただ、プレースキッカーが不在の印象で、上に上がると辛いのでは。

    メイケイ、石見は、卒業後に同志社に来てくれる選手が両チームにいるという点でも注目してましたが、近場は石見、ワイドに展開するとメイケイ、というとてもイメージしやすい前半戦の後、後半は石見が展開力も発揮して快勝。応援団も元気でした。

    観客が多く、関西でのラグビー人気の高さを感じるとともに、遠方の高校生がグループで観戦に来てましたね。見た限りでは、青森工、千葉北、東海大翔洋といったところ。

    最後になってしまいましたが、東花園駅から花園ラグビー場に向かう道すがら、村上さんにお会いして、お話できたのはありがたいことでした。解説者としてお話される際に、色々と気を使われていることが良く分かりました。

    投稿: テルキー | 2013年12月31日 10:57

    録画していた花園を観ました。

    地元校2回戦勝利おめでと〜(^-^)b

    FWとBK一体となった攻撃とタックルは良かった。

    次の相手は優勝候補。厳しい試合になると思いますが頑張れ〜N高校(^-^)/


    さて私は昨日レフリー納めでした(笑)。来年もレフリー頑張ります(^-^ゞ

    投稿: nick | 2013年12月30日 23:22

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58848428

    この記事へのトラックバック一覧です: 花園大会・2回戦:

    « 花園・2日目 | トップページ | 花園大会・3回戦&準々決勝組み合わせ »