« 京都スポーツの殿堂・表彰式 | トップページ | 花園・2日目 »

花園大会・初日

201312271

12月27日、東大阪市の近鉄花園ラグビー場にて、第93回全国高校ラグビー大会が開幕した。47都道府県から51校が集っての入場行進がいつも通り、カラフルで圧巻だった。今朝は比較的暖かくて、コートを着込んで動いていると汗ばむほどだったのだが、どんどん寒くなって、午後には雷雨で試合が中断する史上初の事態に。とりあえず開会式は降らずに無事進行。バックスタンドでは、「ようこそ!東大阪市へ」「花園から世界へ」と歓迎の人文字があった(※写真は、国歌斉唱時のもの)。

選手宣誓は、倉吉北高校(鳥取県)の田中丈大(じょうだい)キャプテン。「2019年ワールドカップ、2020年東京オリンピックで、花園から世界へ羽ばたいていきます」と力強かった。やはり、この世代は目標が明確なのだと実感する。

開会式の後は、第1グラウンドで、U18花園セブンズが行われ、全国大会は、12:00キックオフの三島(愛媛県)対富山第一(富山県)、名護(沖縄県)対浜松工業(静岡県)から始まった。この2試合は三島、名護が勝ち上がった。三島の野本監督は、「昨年のこの大会で東京高校に負けてから、体づくりをしてきて、それが生きました。逃げることなく真っ向勝負してくれました」と選手の成長を喜んだ。花園で学び、課題を克服しての一勝だったわけだ。次の相手は、Bシードの大阪朝鮮。思いきりのいいチャレンジをしてくれるだろう。

仙台育英(宮城県)と大分舞鶴(大分県)の花園常連校の対戦は、仙台育英が競り勝ち、 接戦となった宮崎県の高鍋と札幌山の手は、15-5で札幌山の手が勝った。この他、名護(沖縄県)、東京(東京都)、尾道(広島県)が地力の違いを見せて勝ち進んだ。

201312272

メインスタンドの通路には、各ラグビーメーカーがショップを出していたり、トップリーグのダンディープレーヤー総選挙のパネルなどが飾られて賑やかだ。メインスタンドの正面入り口に入ったところには、JSPORTSのブースがあり、各会場の試合を放送するほか、写真のような小冊子が無料配布されている。大会のトーナメント表、平尾誠二さんのインタビューなどが掲載されているので、早めにゲットを。

201312274

正面入り口を入って左手にあるセプターのショップでは、「記念ラガーベア」を発見。東海大仰星や秋田工業、同メーカーのユニフォームを着用している学校のジャージを着ている。可愛いかも。これだけではなく、各メーカーがいろんな記念グッズを作っているので、のぞいてみてはどうだろう。

201312273

28日は、1回戦の残り11試合が行われる。初出場の3チーム、桂(京都府)、倉吉北(鳥取県)、坂出第一(香川県)も登場し、注目の浦和(埼玉県)は、第1グラウンドで、午後12時40分より、滋賀県の光泉と対戦する。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 京都スポーツの殿堂・表彰式 | トップページ | 花園・2日目 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    亮さんコメントありがとうございました。

    はい。地元の代表が勝って良かったです。

    次もTVで応援します。


    頑張る高校生に負けじと今日はレフリーしてきました。

    右膝を痛めていて、高校生の速い展開についていけず大変でした(笑)。

    私の右膝よ。早く治れ〜!
    あとまだラグビーマガジンを買えてません。

    早く読みたい花園ガイドと大さんのコラム。

    亮さん。羨ましい〜(^-^)b

    投稿: nick | 2013年12月28日 18:10

    nickさんおめでとうございます!(^^) 残念ながら我が地元校は大敗…毎年いい思いをさせてもらったことがありません(涙)
    今日も100点ゲームがありましたし、各地区の予選を見ると193-0なんていう愕然とするスコアも。厳しい現実と共に色々と考えさせられます…
    さて、今日たまたま観てた試合で、試合後両チームの選手が握手することもなくベンチへ戻っていくシーンを目にしました。トップリーグでも必ず列になって握手しあってるし、ましてや高校生の貴重な青春の場で、スコアがどうあれ、お互いの健闘を讃え合わない姿はすごく残念に写りました。

    本日ラグマガ買いました☆相変わらず大さんのコラム味があります(^^)

    投稿: 亮 | 2013年12月28日 15:45

    桂の一回戦は残念な試合内容になってしまいました。

    岡谷工業のラグビーに合わせてしまったためですが、密集ごとアップすれば、違う作戦を採らざるを得ないわけで、どこかで密集のアップを狙えば良かったのでは。

    ユーズイットから使うまでの時間とかローヘッドとかモールのストップコールが遅いとか相当怪しいプレーに支えられながらボールキープを続ける相手にイライラは募ったでしょうが、何とか少ないチャンスをトライに結びつけられた。

    前向きに捉えれば、ぶつかり稽古になったので、二回戦も最初から当たっていけるかなと。


    投稿: テルキー | 2013年12月28日 14:43

    録画していた花園を観ました。

    地元代表N高校の花園初戦突破おめでと〜(^o^)/

    次も頑張れ〜。私も週末の高校の練習試合のレフリーを頑張る〜(^-^)/

    投稿: nick | 2013年12月28日 00:46

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58831630

    この記事へのトラックバック一覧です: 花園大会・初日:

    « 京都スポーツの殿堂・表彰式 | トップページ | 花園・2日目 »