« 松島幸太朗、サントリー入り | トップページ | 福岡堅樹選手に会う&お知らせ »

京都府立桂高校ラグビー部

月曜日は、京都府立桂高校ラグビー部の取材に行っていた。これは、今月発売のラグビーマガジン2月号に掲載されるものだ。19年ぶりに、伏見工業と京都成章という強豪校の牙城を崩し、全国大会出場を初めて勝ち取った、今注目の高校である。

20131202

写真は午後4時からの練習が始まった直後にFW陣が集まっているところ。部員は選手だけで49名。土のグラウンドはとても広いが、陸上部、野球部、サッカー部らとの共用で、常設のゴールポストもなく、雨の日はグラウンドの使用は禁止されるという、けっして恵まれた環境ではない。杉本監督は数学の教諭で、鳥羽高校、洛北高校、洛水高校と府立高校を転々とし、平成15年に桂高校にやってきた。鳥羽にはラグビー部はないのだが、洛北、洛水で実績を残し、桂高校でも5年連続で全国大会予選のベスト4に導き、今春は伏見工業を破り、全国大会予選決勝では京都成章を破って悲願の優勝を成し遂げた。

インタビューは刺激的だった。京都教育大学の2年生でラグビーに出会うまでの人生だけでも本を一冊書けそうなくらいに面白いのだが、今回は桂高校の取材なので、そこは楽しませてもらって、ラグビーに没頭してからの話を軸に聞いた。杉本先生の根底にあるのは、「スポーツは楽しまなければいけない」ということ。だから、とにかく選手達を楽しませる。どの高校でも部員を50人前後は集める。「だって、ラグビーって15人でやるもんでしょう?各学年に15人を集めないと。それくらい、集められるでしょう?」と笑顔で語る。

部員勧誘は、声掛けと、説明会。普通は優しい言葉で誘っておいて、入ってみるととんでもなく厳しい世界が待っているのだが、杉本監督のチームは本当に楽しそう。この日も、ただ走る練習とか、痛そうな練習は一切なく、片づけも3年生がする。ただし、普段の生活を真面目にしないと試合には出してもらえない、という別の厳しさはあるようだ。

詳細は誌面で書きたいのだが、「公立高校で、お金をかけなくても、芝生のグラウンドがなくても、花園に出られる。日本一を狙える。それを証明したいし、分かってほしい。大阪だって、やれますよ。あきらめている人が多いんじゃないかな。僕だって、ずっとやってきたら出られたじゃないですか」と、全国の指導者にエールを送る。ちなみに、全国大会予選27回目の挑戦だった。洛北高校の監督時代に、大西鐵之祐さんや天理の田中克己さんら、名指導者に出会えたことが今の杉本先生の基礎になっている。先生に今後のことを問うと、「80歳までやろうと思っているんですよ」と、どんな形であれ、コーチをとことんやる覚悟を決めていた。「こんな面白いスポーツ、ないじゃないですか」。

ラグビーもおもろいけど、杉本先生もかなりおもろいなぁ。さあ、原稿書こう。

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 松島幸太朗、サントリー入り | トップページ | 福岡堅樹選手に会う&お知らせ »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    今、J Sportsの花園ナビで桂高校を見ましたが、
    SOが監督の次男くんなのですね。

    「優しく尊敬できる父なので、絶対桂高校へ行って
    ラグビーを教えてもらおうと思ってました」
    とのこと。

    思わず桂高校を応援したくなりました、、、が、
    初戦に勝ったら桐蔭学園戦なんですよね〜。

    投稿: DNL@神奈川 | 2013年12月 8日 16:43

    大学2年でラグビー部。当時の怖い先輩いたそうです。それが我が母校の顧問でした。。

    投稿: 大阪人 | 2013年12月 4日 22:55

    桂高校って聞いたことあるな、と思っていたらブラマヨの小杉さんの母校でしたっけ(よく自虐ネタにしてますね)。
    私は県立高校出身ですが、花園なんて夢のまた夢だと思っていました。常設のゴールポストもない中でこうやって勝ち取るチームもあるんですね(うちの高校にはありました(^-^;)。
    私も「母校が花園に出るんです!」って言ってみたい!
    ラグマガ2月号、楽しみにしています。

    投稿: ねこぷ~ | 2013年12月 3日 08:17

    知り合いの大学チームのコーチも、大学生からラグビーを始めた人ですが、
    分析の確かさ、指導の熱心さ、アイデアの豊富さに感心させられます。
    外からの視線をもっているからよりロジカルに見ておられると思います。
    他のスポーツからラグビーに入ってくる人の視点、気づきなども
    指導に取り入れることは大事ですよね。

    それと文芸春秋の12月号の巻頭コラムに女子バレーの
    中田久美さんが原稿を書いておられましたが、
    これはスポーツ指導者必読の内容でした。
    選手たちとのコミュニケーションの取り方、
    競技への動機づけが素晴らしかった。
    村上さんも機会あれば是非ご一読を。

    投稿: バーコフ | 2013年12月 3日 00:30

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58686958

    この記事へのトラックバック一覧です: 京都府立桂高校ラグビー部:

    « 松島幸太朗、サントリー入り | トップページ | 福岡堅樹選手に会う&お知らせ »