« 第1回伏見カップ | トップページ | 日本IBMビッグブルー、クラブとして再出発 »

廣瀬俊朗選手に会う&ダンディ総選挙

201312181

18日は京都も東京も寒かった。幸い僕は雪に降られることもなく、傘をさす時間も短く移動できた。早め早めに動いたのだが、新幹線も遅れなかった。午後は、東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗選手を取材した。これは、1月発行の日本協会メンバーズクラブ会報誌に掲載されるインタビュー。廣瀬選手が持っているのは、オールブラックス戦のボールである。

廣瀬選手は、セカンドステージのトヨタ自動車戦で軽い肉離れがあり、いまは戦列を離れているが順調に回復しているようだ。僕はその瞬間を現場で見ていた。相手のキックをフェアキャッチするときに痛めたのだが、ちょっと無理な体勢でキャッチしたので気になっていた。そのときのことを聞くと、「インターナショナルではあれを捕らないと」と思ったという。

「(インターナショナルのレベルで)体が勝手に動くというのはあると思います。トップリーグだけでしかプレーしていなかったら、無理せずバウンドさせていたかもしれません」。怪我は残念だが、常にそういう意識でプレーしているのは頼もしい。日本代表選手の多くがそうだという。オールブラックス、スコットランドといった強豪国と戦ったことは、多くの選手にいい影響を与えているようだ。

きょうは幅広くいろんなことを聞いたのだが、以前は、自転車が趣味だったけど、今はお子さん2人と遊ぶのが趣味になっている。あと、iPhoneにも、はまっているみたい。英語のアプリで遊びながら勉強しているそうだ。なるほど、そういう使い方もあるのね。

お知らせ◎廣瀬選手とは関係ないが、先週末より、JSPORTSのWEBで「ダンディプレーヤー総選挙」という企画が始まっている! トップリーグ各チームから1人ずつ、選りすぐりの「ダンディ」なプレーヤーがノミネートし、ファンの投票にてダンディプレーヤーを選ぶのだとか。ご興味のある方はのぞいてみてください。各チームからのノミネート選手の紹介コメントは微笑ましい。パナソニックはベーリック・バーンズ選手。さて、他のチームは、おお~、写真もダンディーに決めている選手が多いなぁ。
http://www.jsports.co.jp/campaign/dandy/

|

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


  • « 第1回伏見カップ | トップページ | 日本IBMビッグブルー、クラブとして再出発 »

    「日記」カテゴリの記事




    コメント

    神戸のウィング選手!かっけぇ〜(^-^)b

    投稿: nick | 2013年12月19日 14:07

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/86642/58780367

    この記事へのトラックバック一覧です: 廣瀬俊朗選手に会う&ダンディ総選挙:

    « 第1回伏見カップ | トップページ | 日本IBMビッグブルー、クラブとして再出発 »